主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

このブログはご覧のとおり、ライブドアブログに移してみた。
いや~やっぱりらくですね。
またワードプレスに戻すかもしれないけど、考えがあってとりあえずこっちに移してみたのよね。

で、ワードプレスは使わなくなったのを放置してはいけないらしい。使わないワードプレスはメンテがストップするからだろうね。で、削除するのが最善らしいのでやってみたのよね。

でも、ワードプレスの削除って、例えば無料ブログの「削除」みたいなわけにはいかないのね。初めて知ったよ。

しばらくは見て見ぬふり。でも重い腰を上げてみた。幸いにロリポップの説明がすんごくわかりやすかった。下手にネットに書かれている情報見るよりロリポップの説明見るのがいいよ。

恐る恐るやってみたわけだけど。

データベースを開いた。

ヒェ~
なにこれ~

いろんな文字がずらずらと。
だ・・大丈夫か?ほんとに・・。

かなりビビりましたよ。

でも、呼吸を落ち着けてよーく見たら、それなりに何となく意味が見えてきたじゃないですか。

そんで当たり前なんですがプラグインも載っているのね。
今までいかに訳が分かっていなかったかと思い知ったけど。

で、書いてある通りにやってロリポップのワードプレスのデータベースを遂に削除したよ。

ワードプレス、やめるときはちょっとだけ、面倒ですがでも何とかなりました。ロリポップは本当に親切なサイトだと思います。(サイドバーに広告貼ってみたんですが、だから、じゃないですよ。本当にそう思うから書いてるだけですよ。)

使った事ないけどサーバーはエックスサーバーも評判いいですね。これ、以前はロリポップに電話サポートがなかったんですよ。今はスタンダードプランあたりからあるのよね。私も一度電話で聞いて助かったし。昔、まだ電話サポートが上位プランでしかなかった時代はチャットで質問したなあ。そのときもお世話になったよ。

こうやって覚えていくんだろうね。

今は夫の扶養を外れている。
でも何年も扶養されていた私だけど、ブログで収入を得るようになった。
そうしたら収入を得たら得たで悩んだ。

扶養を外れるか。
それとも。
グーグルアドセンスの広告を外しさえすれば、このまま現状維持は可能だ。

結局、広告を外さなかった。
つまり扶養を外れることを選んだ。

夫の会社の場合は、一度扶養を外れても条件が合えば再び扶養に戻れるらしい。
けれど、青色申告、つまり事業届を出したら?
廃業届さえ出せばいいの?
そこまでは聞かなかった。

こういう細かいことは健康保険組合のホームページにも載ってないしね。

考え次第なんだよね。
とりあえずあんまり考えても始まらないなと。
結局扶養は外れたんだけど、今後の保障なんてどこにもない。

こうやってみると、会社勤めの給料ってある意味すごい。労働者は多かれ少なかれ搾取されて入るけれど、毎月ほぼまちがいなくお金を受け取れるっていうのはすごい。

厳密に言えば会社だって保障なんてないわけだけど、それでもたくさんの人がそうやって暮らしているんだよね。

これまで当たり前と思っていたことが実は「すごい」と気付いた。ブログを書かなかったら気付かなかったかもしれない。



これまで遠回りしてしまったかもしれない。「ネットで稼ぐ」ブログまで書きながら惰性で運営したことに今さら気づいた。

はじめに、しっかり計略を練ってそれに沿ったサイト作りが大事。それは当たり前。でも私はこれまで「稼ぐ」ことに無頓着なふりをしてきた。今になってこの大事な事実に気付いちゃった。おそいよ。

それが何でかといえば、好きなように書いて、それでそこそこ収益を上げられてしまったことが第一。だから舞い上がっていたんだろうね。それにプライドも。

「何か間違っていたんじゃないか。」

そう気づいて、たまたま本屋さんに行ったら、ある本が目についたのね。それはどっちも私と同じ主婦が書いたアフィリエイトで稼ぐ本だったわけ。

一冊目はパラパラ見たら、ざっくりは知っていることばかりだった。いわば稼ぐうえでの基本よね。ネットで稼ぐ型よね。つまりは。

型って大事よね。でもここに書いてある事、「だいたい知ってる」とか言いながらほとんど実践してないじゃん、と気付いた。

で、慌ててもう一冊。

こっちの本はトレンドアフィに関する本だった。「今さら?」と思ったけどトレンドアフィって結局、皆が求めていること。一度でも試したこともなかった。

だからアフィの基本に返ってやり直してみようと思う。


ひと昔前、ノマドと言えばトレンドの代表みたいな空気があった。スタバでマックが嫌みだと意味不明のことを言う時代もあった。(今もそんなこと言う人いるかも)

けれども、いざ国がテレワークという働き方を持ち出したとき、ノマドの本当の微妙さが見え隠れしたな、と思ったわけ。

ノマドが場所や時間にとらわれない、自由な雰囲気があるのに対し、テレワークは「まだまだ引退されては困るんです。家でだったら仕事できるでしょ?」という意味があるわけ。

「引退されて困る」とは、「あなたがいないと困る」という意味では断じてないわけ。国が年金や医療費を負担できる余力が怪しいから、せめてもっと稼いでもらわないと困ります、ってこと。

「確かに年取れば電車通勤は過酷だろうし、でもパソコンある現代なら、自宅でできる仕事があるでしょ。だから、もっと働いて税金も納めてね。」

ってこと・・だろうな。

 

 

当たり前だけど、主婦がアフィリエイトで稼いだら税金を払わなくちゃいけない。そこで主婦がジレンマに陥る瞬間がある。それは「扶養を外れるか外れないか」ってこと。

結論を言えば、外れるべきだと思う。扶養から外れそう、とびくびくして稼いでも自分のためにならないから。

という私も扶養を外れそうかどうか、って頃にはかなり悩んだけどね。結局、外れる道を選びました。ハッキリ言って、それが得か損かなんて誰にもわからない。

でも、扶養を外れたらす~っきりしたよ。あとはもう、何も考えずに稼ぐしか道はないから。もし、無理ならまた戻る道もあるし。(だんなの勤務先の社会保険の規定によるけど)

案の定、わたしの稼ぎはたかが知れているので、扶養を外れたことがお金として得とは言いきれないと思うよ。でもこの道を選んで後悔はしていない。

でも、税金、社会保険がすべて自腹になるということは、「こんなに払っている」という自覚が出るね。冷静に考えれば、それは扶養に入らず稼いでいる人全てが平等。

そして、稼いだらはいったお金が全て自分の物と思ってはいけない。何割かは税金と社会保険で持って行かれるわけだから、必ずとりわけておくこと。そうすればいざ、払う段階になって慌てずに済む。

全くの趣味ブログ、検索順位が上がってきた。ただしあるキーワードで検索した場合だけど。少し前には、そのブログに初めてある問い合わせが入った。進歩だ。どうと言うことない問い合わせだけど。一応貼っているアフィ広告も発生だけでちょこっと収益の兆しが見えた。記事もたまってきたし、将来のサブブログになるといいな。こんな風に時間が必要なブログってあるからね。こつこつ地道な作業が必要。

ブログを「稼ぐ」に特化した場合、結局は続けられるかどうか、それにつきるよね。盛り上がっているときには更新したりオフ会したりと盛り上がる。でも、ある時期が過ぎると「あれは何だったの?」というように遠い過去になる。

飽きっぽいことは悪いことではないけどね。普通の人は飽きてやめていくから。そこが分岐点何だと思う。

人は3日後に受け取る1万円と1年後に受け取る3万円では前者を選ぶ傾向にあるって言われている。

盛り上がっているときには3日後に受け取る1万円のために必死。でも1年後に受け取る3万円の事は考えない。そこが違いだろうな。

↑このページのトップヘ