つい、引き込まれるように読み進めてしまうブログを見かけることがあります。実際、分かりやすく面白かったり参考になします。

でも、何となく「読みやすさ」がダントツのブログはなぜか胡散臭い印象を持ってしまう私はひねくれ者なのでしょうか。

読みやすさは、作られている、何か別の目的や意図に誘導されかかっている、そんな印象を本能的に感じてしまうのです。

ブログ記事の書き方として、しばしば「読みやすさ」「見やすさ」の方法を見かけます。確かに、そのような記事であるに越したことがありません。

ですが、わざわざ手間をかけて読みやすく見やすくしているというのは(無料なのに)やはり何か別の目的の意図を感じ取ってしまいます。

実際に無料のブログで、内容は有益で濃いのに、読みにくく見にくいブログというものは存在します。人が一人で出来ることに限界があるので、内容を充実させると見た目は後回しになるからです。

もちろん、両方を充実させているケースもあるでしょうし、無料のブログ記事だけを見てその先のアクションを起こす、起こさないは読者の勝手です。なのでそういう「読みやすく、分かりやすいブログ」が実際に良くないわけではありません。

でも、個人的な感覚としてはそう感じてしまうということです。

私が思うくらいですから、他の人も同じ印象を持つ可能性は高いと思います。なので、一般にいわれているように必ずしも、ブログの読みやすさがアクセスアップその他に繋がるとは限らないのではないかな、と思うようになりました。