あからさまなネガティヴコメントではない、微妙なコメントが来たらどう対処するか。


こんにちは、河村まらんです。さて・・

ブログのコメント欄を公開していますか、それとも非公開にしていますか。アクセスアップを狙うなら、公開していた方が良いのはわかります。

けれども、公開にしていると、当然、ネガティヴコメント、いたずらが入るリスクがあります。それを恐れては何もできないのですけどね。

ネガティヴコメントとハッキリ分かるコメントはある意味、楽勝です。堂々と削除すれば良いだけなので。

困るのは、普段は普通にコメントをくれる人が微妙な内容のコメントを書いてきた時です。過去のことですが、コレが一番困りました。

コメントは、解釈によってはジョークといえばジョーク、それをさらりと受け止めて会話で交わせないのはもしかして「私の度量が低い」と思われそうで、最初はムムム・・と思いながらも普通にジョークとして受け止めて返答をしていました。

そういうことが数回ランダムにあり、あるとき、またしてもムムム・・なコメントが来ました。私に対して言っているわけでもなく、ブログを批判しているでもない、微妙なコメントでした。

ものすご~く迷いました。

で、思ったのは、「もしかして、この人は、あえて微妙などちらとも解釈できるコメントを書くことが目的だったのではないか。」ということです。そうかもしれないし、思い過ごしかもしれない。

しばらく様子を見ていましたが、コメントの内容は自分のブログの印象にも影響が出ると考えました。1,2度のコメントならば「たまたま」かもしれませんが、ランダムでも何度かそういう微妙なコメントを書くというのは「いざというときの逃げ道」、つまりあからさまに誰が見てもネガティヴなコメントではなく、解釈でどちらともとれる内容を複数書いてくるのは、やっぱり何かしらの意図があるのではないかと。

そして、そのコメントを読んだ時に何も思わない人もいるかも知れないけれど、不快に思う人もいるかもしれない。後者の場合はそれを書いているのは私ではないけれど、私のブログのコメントなので、公開しているということは私が同じ価値観だと認めていることになると。

それでやっと決心がついてそのコメントを非公開にしました。

それから、その方からしばらくコメントが入らなくなりました。けれども、しばらくして何かの節目にやたら真面目な文章であいさつの様なコメントが入りました。

一度のコメントが非公開になっただけでは、たまたま何かの手違いでそうなっただけと思うのが普通です。けれども、それからしばらくピタリとコメントが来なくなったのは、やはり意図して微妙なコメントを書いていたのかもしれないと推測ですが、そう思いました。

おそらく、その人は私のブログを好きで読んでくれている反面、何か嫉妬のような、ツッコミを入れたいような思いが半々だったのかもしれません。人の感情なんて裏表ありますからね。

他の方のブログのコメントをたまに読んで思うのは、もしかするとネガティヴコメントの主は、普段は好意的なコメントを書いてくれる人と同一人物の可能性もあるってことです。

実際、ネガティブというほどではないのですが、そういう経験をしたことがあります。どうしてわかったか・・は伏せておきます。

burogumura

参考になるブログがたくさん読めます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ