星の数ほどブログが存在します。よく、「ブログにはネガティヴなことを書かないようにしましょう。」と言われることもあります。それはどうなんだろう。

時にそういうブログを読みたい気分のときもありますね。逆にポジティヴ過ぎるブログは度が過ぎると何だか妙なシューキョーの勧誘の人みたいでかえって胡散臭い気がするときもあります。私の性格が良くないのだろうけれど、キレイごとな言葉ばかりが並んでいると「実はこの人って、本当はものすごくはらわたが煮えくりかえっているんじゃあないだろうか。」なんて思ったりしてしまいます。

ネガティブなブログが苦手なら読まなければ良いだけ。ポジティヴなブログもそう。リアルな人間関係との最大の違いは、イヤならブログを閉じれば良いってことです。

ポジティヴ過ぎるブログも、それはそれで興味深くてつい、読んじゃいます。「本当にそう思ってる?」なんて意地悪く思いながら。