Windows8.1の場合、パソコンを立ち上げると最初にアプリが並んでいる画面が現れます。これまでは、初めからデスクトップ画面が表示されたのですが、たいていはデスクトップ画面に移動しますよね。だから無駄に1クッション手間が必要になるんです。

ささいな手間といえばそれまでなのですが、ここは設定を変えておくことにしました。

設定方法は簡単です。

  1.  タスクバーの上で右クリックします。

  2. 「プロパティ」をクリックします。

  3. 「ナビゲーション」タブをクリックします。

  4. 「サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップに移動する」にチェックを入れます。

  5. 「OK」ボタンを押します。


これだけです。

これはパソコンに複数のアカウントを設定していれば、アカウントごとに設定が必要です。

ちょっとした手間を省くように設定しておけば、あとはずっと簡単になります。いろいろ工夫しておきたいですね。