いや、すごいなと思います。一人でそれぞれ別人という設定で複数ブログを運営している人です。それって、違法じゃないけど、ある意味「ウソ」を書いているわけですよね。ウソって、長期間にわたってつくのはとっても高度な技術がいると思うわけです。だからすごいなと。

一人の人が複数運営しているブログて、偶然発見することがたまにあります。どこかに書いてあるわけではないのですが、「間違いない」と確信できます。

そして驚いたのは例えばあるブロガーさんが運営しているブログのうちA,B,Cのブログがあるとします。他にも見つけた範囲で2つあるようですが、少なくともABCの3つは、それぞれ別人として運営されています。

でも、ずっとAが真実で、BCはウソブログだと思っていたのです。ところがある時、実はBが真実でAがウソブログだと気づきました。気づいた理由は伏せますが、とにかくそうだったんです。

そこで感じたのは「人は簡単に騙される」ってことと、「簡単にウソをつく人がいる」っていう人間不信のような微妙な感覚です。

まあ、ウソっていうよりフィクションと思えばいいのでしょうけど。小説を読むようにですね。

ただ、「ああ、こうやって人は騙さるんだ」とテレビで年配の方が振り込め詐欺とかに遭う話を観ては内心「騙されやすい人だから騙される」と思っていました。

でも、そうではないんですね。騙されないのはたまたま、加害者に会っていないだけ、それだけなんです。

そのウソで書いているブログは、人に不利益をもたらすものではありません。その情報が正しいか正しくないかはさておき、一応そういうスタイルです。そのブログにはアドセンスのバナーは一応貼られていますが、そんなに力が入っている風ではありません。

ただ、それぞれを別人として書く手腕には驚きです。そしてそれらを運営するには相当な作業時間をかけていると思います。要は一生懸命働いているんですよね。

有名ブロガーが一日数本、記事をアップしていて「ボクくらい記事を量産している人はいない」と書いておられました。

それは目立たないだけです。実際は、今回のように複数ブログを別人として同時に運営していつ人って結構います。

私はウソが付けないので、ブログに一切ウソは書かないのですが、それなりに記事は書いています。その有名ブロガーさんが一日このくらいの字数を書いているというのを読んでも全く驚きませんでした。

ある小説家は一気に書き上げるそうですが、その数倍上を行っています。作家、ブロガー、ライターでなくても、世の中のサラリーマン、自営業、公務員、職人、その他多数の人は短期間に膨大な作業をこなしている人はたくさんいます。

自分の事をスゴイと思ってしまうと、そこで頭打ちになってしまうから気を付けないといけませんね。そういう意味で反面教師になります。