タイトル通りですが、ブログ村というサイトがあります。このサイトに登録することで、アクセスが増えるか変わらないかという巷の疑問に私なりの答えを出してみます。

始めに、結論を言うとブログ村はアクセスアップに効果があります。

ちなみに、私のブログ歴は8年くらいです。ほぼ、初期のころからブログ村を使用してきました。ブログ運営をしたもので登録しなかったブログは2割ほどです。(ちなみに「効果がある」根拠となる運営ブログはこのブログのことではありません。)

つまり、稼働中のブログは、ほとんど登録してきました。

過去に利用したブログサイトは以下の通りです。

goo

アメーバ

ウェブリ

FC2

はてな

ライブドア

ワードプレス

ワードプレスを除いては、それぞれのサイトだけでも独自のランキングや新着情報に表示されるなどの表示のチャンスがあります。

けれども、ブログ村に登録以前と以後とでは、明らかにアクセスが変わります。

ブログを拡散させる方法にはランキングサイトではなく、SNSで拡散させることが基本と言われています。けれども、そもそもフォロワーの数が少ないと、即効性はありません。

運よく、影響力の高い人が、発見して拡散するなどがたまにあるかもしれませんが、確率は低いでしょう。

つまり、ごくごく普通の人が、特に取り立ててどうってことのないブログでも、ある程度アクセスに即効性があるのは、やはりブログ村です。

実際に、私も経験していますし、このブログでも軽く実験してみたことがあります。当初、ブログ村に登録していたのですが、一度退会したことがあります。(退会しなくても、ランキングに不参加する方法もあります。)

すると、もともとパッとしないアクセスが、いきなり落ちました。まれに検索で訪問する人もいますが、そこまでこのブログは育っていませんので、それはまれです。

備忘録目的ですから、アクセスは期待していないつもりでした。けれども「誰も読んでいない」と思うと、書く気が失せるものですね。

 

そこでもう一度、ブログ村に再登録することにしました。すると直後からいきなり増えました。もちろん、そのあとは更新のタイミングや、記事の内容でアクセスは前後します。けれどもブログ村の参加でアクセスが伸びることを改めて確信しました。

特にこのブログのように、ワードプレスの運営では、誰も知らない道端に広告なしで無名の店を出店するような状態です。

それでは訪問がないのは当然なのです。ある程度のアクセスのあるメインブログなどに、このブログのリンクを貼れば、簡単にアクセスを伸ばせるかもしれません。けれども、今のところ、それは行っていません。

というわけで、ブログ村に登録することで、ある程度、その分野に興味のある人が集まっているところに参加することになりますから、目に留まりやすくなるというわけです。

ちなみに、ブログ村にはINポイント、OUTポイント、PVポイントの3種類があります。実際のところ、このうちアクセスに効果があるのはINポイントだけです。PVポイントは、おそらくわざわざ見る人はあまりいないと推測しています。

PVポイントとはこのブログに「新着記事」を兼ねたブログ村のブログパーツを貼っています。それを貼ることで参加できます。普通の感覚ではPVポイント イコール アクセス数みたいに思うかもしれません。一般的にはそのブログの人気度を測るのはPV数です。だから例えば「PVランキングがカテゴリ1位です。」と書いてあると、すごいと思われそうですが、実はそれだけでは(PVランキングがカテゴリ1位というだけでは)何がどうすごいのか全く判断不可能なのです。

というのは、まずそのランキングが、総合ランキングなのか、カテゴリランキングなのか、仮にカテゴリランキングだとしても人気の激戦カテゴリと、不人気閑散カテゴリとでは「PVランキングカテゴリ1位」と言われても、どのくらいの人気度なのかがわからないのです。

こういうことは実際にブログ村を使ったことがある人でないとぴんと来ないかもしれません。

例えば人気の激戦区カテゴリでPVランキング1位であるというならば、それなりにそのブログの人気度(アクセス)があると推定できます。けれども不人気閑散カテゴリ(例えば、ここの「ノマドワーカー」とか)の1位とではその重みが天と地ほどに違ってくるのです。

もちろん、実際はかなりのアクセスがあるにもかかわらず、ブログ村での人気ランキングは下位のブログは存在します。それは、アクセスする人が多数いても、ブログ村のリンクをクリックしなければランキングがアップしないからです。

ブログ村のリンクをクリックするのは、ブログ村のシステムをある程度理解しており、そのブログのランキングアップに協力する目的でクリックしてくれる人と、単にそのリンクを見てみたいからクリックする人の2パターンあります。

どちらの目的でもクリックさえされればランキングに反映されます。そのため、多少は実際のアクセスとブログの人気度とにずれがあるケースもあります。

といっても、やはりブログ村での激戦カテゴリ上位のブログは、実際にアクセスそのものもある程度以上あります。そのブログによって、カテゴリ参加が1~3つまでありますので、分散させている場合は本当の人気度がわかりません。その際は総合ランキングを見ると、本当の人気度がわかります。

同時に、ランキング順位ではなく、INポイント、OUTポイントの数字(分散させたものではなく、トータルの)を見ても判断できます。

そして、INポイントが本来のランキングなのですが、中には不正をしていたり、ブログ村のリンクがされやすいような条件が重なっていてたまたま上位になっているブログもあります。PVランキングは、そもそもブログパーツを貼らないとランキングに参加できません。というわけで、実際のブログ村でのランキングというか人気度は、OUTポイントで見るのが正解なのです。

INポイントはまれに不正で得ているっぽいブログが存在しますが、OUTポイントはおそらくそういう事は無理なのではないかと思われます。

そして、何より重要なのは、ブログ村が効果があるかどうかと人の意見を読んで終わりにするだけではなく、実際に自分で使ってみることです。さらにただ使うだけではなく、時々自分で攻略(もちろん、正当な規約内で)を考えていろいろ試してみることです。

そうするうちに、相性の良いカテゴリとか、クリックしてくれる人が多いカテゴリとか、巷のネット情報では得られない実感がわかってきます。

ブログ村は月に3回まで登録内容を変更できます。ですから軌道に乗るまではその3回を利用して試行錯誤してみることです。

結論をもう一度言います。初心者で、まだブログに慣れていな方、そしてSNSのフォロワーなどもあまり持っていない方が手っ取り早く、安全にそこそこアクセスを伸ばすにはブログ村の効果はあります。

ある程度ブログのアクセスが伸びてくると、今度はブログ村のリンクを貼ることでブログに出口を作ってしまう事の葛藤に駆られるようになってきます。けれども、そこまで行く前に、まずはブログ村で集客を図り自分のブログのリピーターを獲得していくことが先決です。

そしてブログ村の人気カテゴリで上位になるほどに、よりアクセスが伸びやすくなります。行列のできるところにはさらに行列ができるのと同じ原理です。

また、直接のアクセスに関係なくても、様々な業界の人が、ブログ村をチェックしていることは間違いありません。何といってもカテゴリ別になっていますので、目的に合うブログを探しやすいのだと推測します。そして時にブログを通じて連絡が来ることもあります。もちろん、なかには自分にメリットがない内容や一方的な内容もあります。その辺は注意してスルーするなり連絡するなり確認を取るなりすればよい事です。

時にはそのような効果もありますので、直接のアクセス以外にもメリットはあると言えます。無名のブロガーほど、ブログ村に登録する意味があります。