「困った他ブログ」の話よりも、「素晴らしいブログ」の素晴らしい記事を心に刻み付けた方がずっといい。例えば、この記事はすごい。有名なブロガーちきりんさんの記事です。
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20160110

この方のブログは、一切アクセスアップのワザとかテクとかやっている気配がありません。それでもたくさんの人に読まれているのは、ひとえに「記事の質の高さ」シンプルにそれだけなのです。

この方のブログを読むと、「結局、アクセスアップのワザなんてものは、あるようでない」と気が付きます。

自分本位の、小手先のワザなんてものは、短期間では何らかの効果があるかもしれないけど、長い時間のうちに、いつかは淘汰されていくでしょう。

案外、世の中の人々は賢いのです。その辺、惑わされません。良いものは良いと見抜く力はあります。

けれども自分が利益を得たいばかりに、小手先のワザで利益を上げようという、自分本位のワザは、見抜く人は見抜きます。いわゆる「情弱」と呼ばれる人を食い物にするかのようなワザは長続きがしないことでしょう。

そしてグーグルでさえ、そうした「小手先のワザ」で検索上位になるようなサイトをなくすために日々、翻弄中だと聞きます。

結局は、純粋な質の高さでしか勝負できないという事。そういうブログが残るということでしょう。