マウスを無線のに変えました。「今さら?」って話だと思いますが。そもそも、今時の若者はマウスを使わない人が多いんですよね。

でも、私はやっぱりマウスがないとだめですね。

子供はマウスなしでパソコン使っていますね。

そして、このマウス、導入するときにちょっとだけ?なことがありました。通販じゃなくて、実店舗の電気屋さんから買ってきたんですけどね。

そのとき、ちょっと「あれ?」と思ったことがあります。それは、以前、マウスを買いに行ったとき、以前は有線のを買いたくて行ったんです。ところが、その電気店では、有線のマウスがほとんど売られていなかったんです。95%くらいが無線なんです。

そこが、大型電気店。

ところが、先日、無線のマウスを買った電気店は、6割が有線のマウスでした。これ、なんなの?考えられるのは、客層ですね。

以前、無線のマウスばっかりだった、大型家電店は、若者が多く買いに来る。同時に家電お宅みたいな人もたくさん来る。

それに対して、先日買いに行った電気屋さんは、一応誰もが知っている大手なんだけど、大手スーパー内に入っていて、近くには年配の住人も多いのです。今時の人は通販で買ったりしてしまうけれど、年配の人は食品の買い物ついでに実際に見て買うことが多い。損なんで、有線のマウスのニーズが、そのお店では多いのかなあなんて。

てっきり、有線のマウスなんて、通販でないと買いにくいと思っていたので、ちょっと驚きました。

そして、設定とかどうなのかな?と思いましたが、別に何も必要ありませんでした。いつものようにパソコンを起動して、付属にレシーバーユニットという小さいのをUSBポートに差し込むだけです。

マウスの方は、付属の電池を入れて電源をオンにすれば、それでOKでした。

ところが最初、マウスがウンともスンとも言わないので、不良品か、該当しないのかなと思いましたが、電池を家にあった新しい物に入れ替えてみたら、あっさり動きました。

付属の電池がいかれていたみたいですね。

このレシーバーユニットっていう小さいやつ、差しっぱなしで使うのか、設定したら外して良いのか確認してみたら、差した状態でないと動作しないようです。

コードがなくなったので、楽なのですが、USBの所に差した感じがクオリティ低いって感じでいまいち感があります。だから、「これ、すごくいいです!」みたいに人にはあんまりお勧めできないんですね。

時々外して見ないと、外れなくなったりしそうな雰囲気。

アマゾンのレビューみたら、すぐ壊れたとか、USBのところに差した感じが微妙、みたいなレビューが並んでいました。買うときに確認すれば良かったけど、これまで有線のマウスも数百円の安いのを使っていたのであまり気にしていなかったんですよね。

少しずつ無線化していけばいいけど、WiMAXとかも気になる。