ワードプレスの更新をしたら、ログイン画面が「ユーザー名またはメールアドレス」に変わった。これって・・


こんにちは、河村まらんです。さて・・

ワードプレスの更新をしたら、ログイン画面がこれまでは「ユーザー名」だったのが「ユーザー名またはメールアドレス」に変わりました。

これ、まずいんじゃないの?って思うのです。

というのは、ユーザー名は極秘にすることで、不穏な事を企む輩から、ユーザー名とパスワードという2本立てのガードがあるために、不正ログインができにくいからです。

もっとも、私はその他に、認証文字を入れる3本立てにしてあるので3つのガードがある状態でした。

けれども、登録メールアドレスは、他にも使用しているので、どこからか、何らかのタイミングで、つながりを知られた場合、3本のガードは2本に、2本のガードは1本になってしまいます。

しいていえば、メリットがあるとすれば、何らかの事情でユーザー名がわからなくなったとき、メールアドレスでログインできるという保険代わりになるかなという気はします。

ただ、最近、世の中にはマネーフォワードのように、銀行などのログインパスワードでさえ自ら提供する場面は多くなっています。

ただ、ワードプレスがなぜ、こういう変更にしたのかよくわからないところ。

これ、はてなブログなんかは、IDが公開されているんですよね。部分的に消す方法はあるけれど、利用している人たちは積極的にIDを公開しあっている感じです。

これは成りすましを防ぐことで、匿名ではあるけれど、ある程度の信ぴょう性を出す効果がある・・みたいなことを意図しているんでしょうかね。

はてなブログはIDを公開して利用するのが基本なので、ログインまでのハードルはパスワードだけなんですよね。これって、今のところ、問題ないからそうしているんだろうし、ワードプレスは世界中の人が使っているのでハッカーも世界中に居て狙っているけれど、はてなの場合は、基本、日本の中で日本語を使う人だけに限定されているから、大丈夫・・みたいな感じなのかな?

burogumura

参考になるブログがたくさん読めます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ