アマゾンでKindle Unlimitedが開始しましたね。なんと月額980円で電子書籍が読み放題のサービスです。これって、買う方はいいけれど、業界の人には打撃でしょーね。雑誌はあちこちで類似のサービスがスタートしてたようですが、kindleがこんなに早くスタートするとは思わなかったのでびっくり。でもさすがにやることが早いです。ビジネスの鉄則ですよね。


「わかったブログ」のかん吉氏のブログによると、印税は普通に入るらしいのですが、その代わり完読されないと全額が入らないそうです。だから「全部きちんと読んでもらえる構成にしないと」というようなことをかいておられました。


何でも、このKindle Unlimitedの印税は読まれたページ数に対して支払われるとか。そういえば紙の本のベストセラーとかって、買った人のかなりの人が完読していないんじゃないか?と思う事もありますよね。紙の本は売れさえすればいいわけで、それで「何万部売れた!」と話題になるわけですが、このシステムは、そういう点で、「買ってきちんと読んでもらえた本」という本質があぶりだされそうですね。


一応今のところは出たばかりの本は原則含まれていないようですが、でも見ていると結構、出版されたばかりの売れている本も見かけましたよ。さっそく、これは迷わず登録してみました。30日間はお試し期間で無料です。登録はクレジットカードが必要です。


実際に使ってみた感想ですが、本の検索がしにくいですね。その辺はそのうち改善されることを期待します。買いたい本があればとりあえず検索して、対象書籍なのかわかるので、それで確認もできますけどね。


初日の今日の時点で登録してから4冊くらい買って読みました。そのうち2冊は短い電子書籍です。


そして、その一冊が、これを利用してイケダハヤト氏の電子書籍「ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。 (イケハヤ書房)」です。元の価格はなんと1200円くらいです。元々noteで売っていたようですが、アクセスと収入の推移を公開したものです。こういうものは、ブログ運営と無関係の人はあまり面白くないんだろうけど、付け加えてあるコメントの文章がどうのこうのという以前に、参考になりました。


だってほら、こんなに具体的に公開されているブロガーの収益ってなかなか見られないですよね。あちこちで「○万円稼げる!」とか見かけるけど、根拠のデータが不鮮明ですから。元の価格は高いといえば高いのですが、希少性は大きいので、アフィリエイターにとっては妥当な金額と思えます。それが今回はKindle Unlimitedの対象書籍になっていたので、1200円は躊躇しますが、実質0円みたいなものなので、迷わず読んでみました。ブログ運営をしていない人にすれば単に「高い」と思うのは仕方なく、読む人を選ぶ本だと思います。


これを読んでみて驚いたのは、イケダ氏が高地にくる以前は、意外とそんなに驚くようなPVではなかったということです。知名度はブロガーとして一級だったろうし、本も何冊か出していましたが、思ったよりPVも収入も少なかったことに驚きました。


そして急に伸びたのは高知に移住してブログタイトルを変えたからのようですね。たぶん、そのあたりからブログの口調も煽りのにおいがより強くなり、個性が爆発したようです。


やっぱり世の中のみんなは、イケダ氏をなんやかんやいいつつ、東京を離れサラリーマンをやめた生き方が気になって仕方ないんでしょうね。やっぱり、都心のサラリーマン生活は満員電車にはじまりキツイ点がたくさんありますから。