主婦アフィリエイターが通る「130万の壁」の道


こんにちは、河村まらんです。さて・・

主婦アフィリエイターの運営が育ってくると、誰もが思い悩むのが「130万の壁」です。「いや、その前に103万の壁もあるだろ!」と思うかもしれないですね。

ちなみになぜ、103万の壁ではなく130万の壁が重要なのかについて。一応簡単に説明しときますね。

あくまで旦那さんがサラリーマンで、主婦がその扶養家族に入っているという前提です。

ちなみに、この103万と130万の金額は額面で判断します。つまりは総収入です。基礎控除や経費とかその他控除を引く前の金額です。

↓何か勘違いしているかもしれないので、必ず自分で確認してね・・

103万の壁を超えるとこうなる

  • 夫の年末調整時に配偶者控除が使えない(ただし収入に応じて配偶者特別控除は使える)
  • 所得税が発生する。(ただし、103万未満とすれば税率は10%)
  • 住民税が発生する(詳細の壁の金額は自治体で異なる)

103万の壁はそんなに大きい壁ではありません。ただし、予め心づもりをしていないと年度末に税額を見て驚くかも。初めから「収入の何割かは税金で持って行かれる」つもりで、選り分けて置けばいいだけです。

意外と住民税は見落とされるし、ネット上も書いてない事が多いです。納付書が送られてきてうひゃ~とならないようにしましょう。まだ未確認ですが100万円のところと103万円のところがあるようです。

「100万超えたら住民税が10%引かれる」と考えておけばいいんでしょうね。

ちなみに前年の課税所得金額の10%+均等割額です。

でも課税されるのは課税所得に対してなので、この段階の税額は意外とたいしたことがない場合も。まだ夫の社会保険の扶養には入っていられるのでまだ余裕?

超えそうだと思ったら広告を外すとかすればセーブできますね。ただし記事中の細々したリンクを全て解除するのは大変ですよ。

130万の壁を超えるとこうなる

これは高い壁です。

  • 所得税が発生する。
  • 住民税が発生する。
  • 社会保険を自分で支払う
  • 夫の会社の規程次第だが、扶養を抜けた主婦分の家族手当がカットされるかも

最後に書き足した家族手当ですが、これは、そもそも支給されている場合です。会社によってはそもそも家族手当がないところもありますから。もし、これまでもらっていたとすれば、会社の規定によっては抜けなくてはいけなくなります。つまり、実質この分も負担が増えるってこと。

この中で一番のポイントは社会保険料が自腹になるってことです。もともと独身で自分で払っていた人は、負担は増えないのですが、夫の扶養になっていて第3号被保険者になっていた場合はそれを抜けて自腹で払う必要が出るってことです。

この負担が結構大きいですよ。これが勤め人の場合は厚生年金と健康保険組合に加入して給与天引きですが、アフィリエイターはいわば自営業です。なので国民年金と国民健康保険に入ることになります。

国民年金・・月額16,000円くらい

国民健康保険・・「所得」の1割強くらい?(年額)

まあ、いろいろ多いですよね。これまで夫の扶養のときはいらなかった社会保険料が自腹になります。

  • 所得税
  • 住民税
  • 国民年金
  • 国民健康保険

つまり、アフィリエイト収入が入っても決して全部が懐に入ると思わない事が鉄則です!しかも税金は所得が増えるほど累進課税で税率がアップしますよ~

国民年金はよくわからんけど、国民健康保険も所得が増えると保険料がアップしますよ~

なので、収入が入ったら、入った時点での年額を見込んで収入の何割かは税金と保険料分として使わずにキープしておきましょうね。

もっとも中には初めから税金を差し引いて振り込む業者もあるでしょう。その場合は確定申告で「既に支払った税金」として差し引いておくのを忘れないようにしましょうね。

グーグルアドセンスは所得税を引かずにそのまんま振り込まれるので、例えば月に10万円の入金があっても、そのうちに何割かは税金と社会保険に消えると考えて手を付けないようにしておきましょー。

んで、103万円を超えそうな時と130万を超えそうな時に主婦アフィリエイターはかなり悩みに悩むと思うんです。

何といっても、会社勤めするわけじゃないので、一時的に収入があっても、その後も安定した収入があるとは限らないので。

この辺の話題は次回に続きます。

burogumura

参考になるブログがたくさん読めます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ