2016年の10月から130万の壁が崩れる人が出てきます。それはあくまでサラリーウーマンの場合(パート、アルバイトを含む)です。自営業扱いの人はこれは無関係です。130万の壁は社会保険料の壁なんですが、一定の条件付きですが、106万の壁になってしまうんです。つまり103万の壁にとどまっている分には、新たな変化はありません。

でも、103万の壁は超えたけれど130万の壁を超えなければいいという働き方をしてきた人は要注意。

106万を超えると自分で社会保険に入らなくてはいけなくなります。でもこれは全員じゃなくて、あくまでサラリーウーマンで、なおかつ、勤務先の形態による条件があります。被保険者数の人数が501人以上の企業に勤めている場合です。

だから、個人の小さいところは、130万の壁はこれまで通りってことですね。全国展開規模の大手スーパーのレジのパートなどをしている場合は要注意ってことです。

さらに、少しパートで仕事をしている主婦が、隙間時間にブログを書いて小遣い稼ぎをしてみようかなと思ったとします。

でも、夫の扶養に入っている事が前提の場合、それすら難しくなるんですよね。ギリギリ103万の壁以下でパートで働いていたとしましょう。

ブログを運営してようやく月に3万ほど収入を得たとします。ところが注意しないと夫の扶養の最後の壁である130万の壁を超えてしまいます。

例 パート収入 103万

アフィ収入  30万

合計収入   133万・・130万を超えちゃう!

ちなみに、アフィ収入には振り込まれる金額のほか、アマゾンアソシエイトのギフト券、楽天のアマゾンギフト券の金券もいれなくちゃいけません。

だから「稼げた!ばんざ~い」と喜んでばかりもいられないのです。

そして、パートとかで稼いでいなくて、アフィリエイトだけの場合も、ポイントは同じです。

いっそ、130万の壁を超える覚悟で腹をくくるという手もあるよね。この場合、夫の扶養を抜けるタイミングや条件は、夫の勤務先の健康保険組合の判断次第なんです。

ダメと言われたらダメ、いいですよ、と言われたらOK。

肝心なのは、「扶養を抜けそうかも」という兆しが見えたら、早めに夫の勤務先の健康保険組合に相談という形で話を通しておくことです。

会社によっては、条件が厳しいところもあるみたい。

本当は抜けないといけなかったのに、ズルズル伸ばしていると「黙っていた」と誤解されかねません。

「今、こういう状態なんですが、妻の扶養を抜ける必要がありますか?そのタイミングは?」のように、健康保険組合に夫から問い合わせをしてもらえばいいんです。

一番まずいのは、まだいいかな?と事後報告になることでしょうね。早め早めに話を通しておくのが間違いないと思います。

この手の話は健康保険組合の判断でしかないので、ネット上でいくら探して「こうでした」という話を読んでも参考にはできないのです。

さらに、主婦アフィリエイターが一番不安なのは「今年は収入が130万超えたから、扶養を抜けるのは仕方ない。でも、今後も稼げる保証はない」ってことですよね~

この辺も、健康保険組合の規定次第みたいです。前年度の収入が扶養になる条件を満たしさえすれば、いつでも扶養に戻れるところもあれば、一度扶養を外れると規定の年数の間は戻れないなど。前者は緩いですが、後者は厳しいですよね。

この辺も、質問しておくとよいですね。

それからアフィリエイターは自営業みたいな扱いになりますが、青色申告をするために事業届を出したとします。これをしてしまうと、扶養になれないという健康保険組合と、事業届を出していても収入が扶養ないであれば大丈夫というところと、いろいろなようですね。

ホント、個別に聞くしかないから、アフィリエイターはいろいろ悩むし迷います。

近い将来、再び夫の扶養に戻れるようにするなら、念のため白色で申告して事業届は出さない方が安全でしょうね。

いろいろ考えることが多くなってきますよ。

それともいっそ、「よし、稼いでやる」と決心して、扶養を外れ、事業届を出し、青色申告で申告してしまえば、ひたすら数字を伸ばすことを考えれば良くなります。本当はむしろ、こっちの方がいいのではないでしょうか、ね?わからないけど。

今の時代、リスク分散という意味でも、夫の給与収入だけをあてにせず、自力で得られる収入を確保しておくことは、何より、長い目で見て決して損ではないんじゃないかと。