アフィリエイトの情報商材を販売している人のブログを読んで思ったこと


こんにちは、河村まらんです。さて・・

情報商材を販売している専用のブログを読んでみました。情報商材って言っても価格や中身はピンキリだと思うのですが、その情報商材は低めの価格帯です。

それで読んでみたのですが・・感想・・

私はムリ!

いや、私が情報商材を買うとか販売しようと考えていたわけではないですよ。

アフィ商材の販売っていうのは、まず、それを製作して、販売しているメインの人、つまりは胴元さんがいるんですね。

で、たいていは、それを仲介する形で販売すると、一件当たり報酬がもらえるというシステムみたいです。

で、その報酬の割合だけ見れば結構大きい。

でも、こういうのって結局、儲かるのは胴元っていうのは原則中の原則。

宝クジもパチンコもコンビニチェーンも要は原則は一緒。

ただ、その方(製作しているんじゃなくて仲介する形で販売する人・つまりはこれもアフィリエイトなわけですね)のサポートブログを読むと、だいたい仲介で販売する人は複数いるので、他の仲介販売人と差をつけるために「特典」というのを付けるみたい。

その特典って、あちこち眺めてみると、千差万別みたいです。(見てないから評価はできないけど)で、今回、私が読んでみた方の特典は、かなり念を入れて作った模様。

その他、個別に購入者からの質問にも対応しているみたい。

その報酬が万単位というなら、それもありなんでしょうが、正直「割に合うのかなあ」と思った次第です。

まあ、購入者の質問が、その方からすれば、些細な質問であれば、どうということないのかもしれないけど、「うわっ、たいへんそ!」としか思えませんでした。

情報商材っていうと、詐欺とか、濡れ手に粟のイメージがありますよね。確かにそういうのもあるんだと思う。

けれども、そのブロガーさんのように、「割に合うのかな?」と心配になるほど、手間をかけて販売して、そもそもの販売価格がそんなに大きくないものを扱っている人もいるんだなと。

その方に限ってみれば、割に合わない作業をたくさんやっているので、濡れ手に粟ってことは全然ないことがわかります。

もっとも、数をこなせれば、割に合う仕事になるんでしょうけどね。

逆に言えば、その方はそれだけ時間とエネルギーを割けるなら、その商材を販売するんじゃなくて、別のところにエネルギーを使う方がもっと稼げるんじゃないかなとかなんとか思ったのです。

burogumura

参考になるブログがたくさん読めます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ