他の方のブログの話です。コメント欄を公開している方の場合です。コメント欄をたまに読んでみると興味深いことがわかります。

それは「似た者同士が集まる」ってこと。ときどき長文コメントを書かれている方を見かけます。普通の感覚なら見ず知らずの他人のブログに長文コメントを書くなんてことはしません。たとえ内容に問題がなくても、長文であることに執拗さのような妙な嫌な空気を感じますよね。だから長文コメントを普通、ブロガーは警戒するんです。

たいていはコメントは承認制ですよね。だからそのコメントを公開するかはブロガーの自由なんです。ところがその長文コメントを公開したとします。そうすると、どういう事が起きるか。それを読んだ他の読者が「このブログは長文コメントを受け入れてくれる」と判断するんです。

そのブログが好きだから訪問するんじゃなくて、単に自分の鬱憤を聞いてくれる場所、反応してくれる場所、ご丁寧に全世界に自分の代わりに発信してくれる場所になっちゃいます。そういうコメントを承認しているブログを見かけると「あらら~相手しちゃうんだ~」と、他人事ながらちょっと心配になっちゃいます。

すると似たような人がどんどんコメントを書くようになります。それを嬉しいと思うなら全然かまわないんですけどね。だいたい、初対面のブロガーにいきなり長文コメントを書くという時点で普通じゃありません。だから、そういうコメントを公開するってことには注意しなくちゃいけないんです。

一度、そういう雰囲気が出来てしまうと、似たような読者さんがどんどん集まってきます。だいたい長文コメントをわざわざ人のブログに書く位なら、自分でブログを発信すればいいんですよね。ところがそれじゃ、反応を得られません。でもコメントなら返事がもれなくもらえるのが普通です。つまりは「かまってちゃん」というんですか。今風に言えば。そういう人の居場所を作ってしまうということです。

そして、そういうコメントを書く人って、意外と他では常識的だったりします。つまりは自分の鬱憤をバカ真面目に聞いてくれる相手、はけ口を求めているだけのこと、そういう場所に自分のブログを使われてもいいなら良し。そう思わないなら、あっさりスルーする勇気が必要ですよ~。