予想外にブログの収益化が短期間で実現したらどうします?更新頻度を開けます?そのまま同じペースで続けます?

当然、答えは「同じペースで続ける」が正解です。そもそもブログは生ものなんです。更新をストップしても少しの間なら影響はないにしても。やっぱり読者はブロガーのエネルギー、関心が薄れたブログに魅力を感じないんです。

まあ、人の勝手なんですけどね。

ブログの収益化って、言ってみればどこか慈愛の精神(なんて書くと怪しげだけど)みたいなものが根底にあることが大事だと思うのよね。

もちろん、ブログをタダで読める事を提供していることと、広告をクリックしてもらえるかもしれない可能性でお互いの利害関係が一致している状態ではある。

でも、「広告クリックして~」という気持ちばかりが強すぎると、その対等な立場が崩れてしまうのよね。

または、記事の更新が滞りがちだったのに、何かアピールしたいことが起きた時だけ更新する・・みたいな状況も「自分さえ良ければいい。」という感じがするから感じよくはない。まあこれも「人の勝手」なんですけど。

気に入らなきゃそのブログに訪問しなければいいだけなので、そういう面では読者はいつでもブロガーと対等に立つことはできます。

ただ、「ブロガーにとって都合のよい時だけ更新するブログ」というのは、初めから読者とブロガーの対等な関係が傾いていることなんです。つまりブロガーには「愛」がないと見えるわけ。

結局人は「愛」を感じるところに集まってくる。ブロガーの利だけに比重があるブログには魅力がない。更新が滞ったブログの収益化が落ちてくるのはそういうことなんだろうな。

一方で、しようと思えば実行できる頭脳はあるはずなのに、あえてブログを一切収益化していない日記ブログとかあるよね。定期的に感心しながら訪問している主婦ブログがあるんだけど、その人はずっと淡々と日記ブログを更新しているわけ。おそらく読者への「愛」というのとは違うと思うけど、少なくとも「自分さえ儲かればいい」というにおいは一切感じないのよね。

いや、お金を欲しいと思う事が悪いわけじゃないんです。お金は堂々と稼いだらいい。ただ、ちょっと自分のブログを収益化できたからと言って「すごい」と勘違いしたり(自虐感よりはましだけど)油断してすぐ更新頻度を低くするのはもったいないと思うってことです。