「私のブログ記事をマネするのはやめて下さい。」というタイトルと内容のブログを見かけました。私のメインブログでもしばしば、そういうことがあるので「同じ悩みの人がいるんだな」と思い、その記事を読んでみました。

でも、そのブログ8割はある健康状態の備忘録風で、「マネされる様な記事」があったとすれば残り2割の中のようです。さらに、まだ初めて間もないらしく記事数そのものが少ないのです。

なので残り2割の中に「マネされそうな記事」を探してみました。「は?」どれもこれも文章が少なく、しかも「どこかで読んだような話」ばっかり・・なんです。本人は自覚していないのでしょうけれど、これはいたるところに「似たような記事」があるのは当然でしょうに。

でも、普通はそういう記事を書いている人って「私はありきたりの記事をやっと書いている」という自覚はあるものです。ところが「マネされて悔しい」と怒っているということは「自分こそがオリジナル」と思っているんですね。うわあ、こういうこともあるんだと驚きました。

 

でも、「それが私にもあてはまらないとどうして言える?」と思われそうですが。