初期の頃の記事を読んでみた。ああ、こんな時代もあったなと懐かしい。何にも知らなかったんだね。けれども面倒くさいな。という気持ちを吹っ切って調べて1つ1つ形にしていった。で、それなりの形になった。と言っても今はちょっとダウンしているから新たな方向性を模索中だが。ユニクロの社長の本に「成功は一日で捨て去れ」という本がある。私は成功というたいそうな成功をしてはいないが、ブログ運営自体は開始当初は考えられなかった夢だったことも実現した。ただし、こう言ってはなんだが、実はその大いなるタイミングを全て受け入れたわけではない。せっかくの様々なチャンスに恵まれながら私は前に出ることを恐れ過ぎた。今にしてみればなぜ、私はあんなに臆病だったのだろうと思う。同時にそのチャンス自体を手放しで喜んだわけではない。というのも、そのチャンスは自分の中では想定内だったからだ。喜びはしたがどこか冷めた目で自分の様子を見ていた。全てが想定内であり降ってわいた幸運だとは思わなかった。一方で現在はまたペースダウンもしている。そういう波があるのも想定内だ。メインブログをどこまで育てるのか。放置するのか、方向転換するのか。よくわからないが、何か思いついたらまずはやってみようと思う。