主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

2015年05月

乏しい知識でワードプレスを運営していますが、セキュリティと利便性の裏表の部分には、ときどきヒヤリとさせられます。今回は、うっかりこのブログのログイン画面すら表示できなくなるというアクシデントにひやりとしました。が、何とか解決。

 

ただし、もしかすると思い違いがあるかもしれませんので、参考にはしないで下さい。じゃあ、何で書くの?と言うと、自分の備忘録のためです。

 

ワードプレスで運営しているブログには、全てSite Guard WP Pluginを入れてあります。そんで、ひらかなの二段階認証と、ログインURLを変更してあります。

けれども、この変更したログインURLは、パソコンにブックマークしてあります。いつもはそこからログインします。でも、ブックマークしていなくても、ログインできるものかどうかと試したくなりました。

ログアウトの状態で、同じパソコンで、ログインURLを打ってみました。すると、このブログが表示されますが、記事の欄に「404NOT FOUND」が現われてログインURLは出ません。ちなみにサーバーはロリポップです。

そうこうしていて、あちこち変更したりしていて、うっかりログインURLのブックマークを削除してしまいました。

それで、ロリポップの管理画面から何とかならないかと試した(ログインURLはメモしてあるから知っています。&変更したメールも残っていたので、そちらでも確認できました。)のですが、ログインURLを入れてもログイン画面が出てこないんですよ。

それで「もしかしてWAFの設定を一時解除してからなら、どうかな~」と思いつきました。ロリポップにログインして、このブログのWAFを解除しました。そして10分ほど待って・・(食事をしました)再び、ログインURLを打ってみました。

出た~

現われましたよ。懐かしいログイン画面が。

 

ログインできるのを確認して・・ブックマーク!

 

コレが肝心ですが、ロリポップのWAF設定の解除したのを戻しておきます。

 

WAFの設定がログインしていないとはじく機能があるらしいので、それが関係したのかな?と思っていますが、ブックマークからのログインができるのはどうして?ブックマークしている段階ではログインしているときに設定したものだから?・・・う~ん・・謎です。

 

で、コレはまだ、試していないのですが、iphoneでログインしてみようとしたけれど、やはりログイン画面が現われなかったので、ずっと疑問に思っていました。iphoneからログインするにも、WAFの設定が関連しているからできなかったのかなあ?

そのうち、試してみようと思います。そろそろパソコンの寿命が来ているような気がするので、ログインできなくなったら困りますからね。

他にも疑問点がいろいろあるのですが、とりあえず、今回はこんな感じでした。

 

 

ブログのアクセスがある程度伸びてくると、ちらほらと業者さんから連絡が来ることがあります。たいていは、広告関連ですね。

 

私はその業界に詳しくないので企業名を見てもピンと来ません。もちろん、会社の概要などであろうURLが貼ってあります。でも、当然、そのURLをクリックする勇気はありません。

 

念のためググって調べると、一応それなりの企業だということはわかります。でも、そのメールが本当にその企業から来ているかについては、慎重になる必要がありますよね。

 

それが本物だとしても、たいていはいろんなサイト運営者にコピペで送信しているのであろうという内容です。今のところ心ひかれる要素がないので無視しています。

 

それはそうとして、あることに気付きました。偶然なのか、必然なのか。よくわかりませんが、広告関連の業者さんから連絡が入る少し前に、同じブログに読者さんから問い合わせがあるのです。初めは、単純に読者さんからの問い合わせだと思っていました。

 

けれども、そのタイミングがどうもおかしい。読者さんとしての問い合わせの内容自体は、一応普通なのです。けれども、一つの可能性として、業者が、メールを送る前に、読者を装った問い合わせをして、その返答の様子などを見ているのではないか?その反応を見て業者としてのメールを送っている可能性・・です。

 

まあ、「だから何?」ってことなんですけどね。

 

 

 

 

ブログのコメント欄を公開していますか、それとも非公開にしていますか。アクセスアップを狙うなら、公開していた方が良いのはわかります。

けれども、公開にしていると、当然、ネガティヴコメント、いたずらが入るリスクがあります。それを恐れては何もできないのですけどね。

ネガティヴコメントとハッキリ分かるコメントはある意味、楽勝です。堂々と削除すれば良いだけなので。

困るのは、普段は普通にコメントをくれる人が微妙な内容のコメントを書いてきた時です。過去のことですが、コレが一番困りました。

コメントは、解釈によってはジョークといえばジョーク、それをさらりと受け止めて会話で交わせないのはもしかして「私の度量が低い」と思われそうで、最初はムムム・・と思いながらも普通にジョークとして受け止めて返答をしていました。

そういうことが数回ランダムにあり、あるとき、またしてもムムム・・なコメントが来ました。私に対して言っているわけでもなく、ブログを批判しているでもない、微妙なコメントでした。

ものすご~く迷いました。

で、思ったのは、「もしかして、この人は、あえて微妙などちらとも解釈できるコメントを書くことが目的だったのではないか。」ということです。そうかもしれないし、思い過ごしかもしれない。

しばらく様子を見ていましたが、コメントの内容は自分のブログの印象にも影響が出ると考えました。1,2度のコメントならば「たまたま」かもしれませんが、ランダムでも何度かそういう微妙なコメントを書くというのは「いざというときの逃げ道」、つまりあからさまに誰が見てもネガティヴなコメントではなく、解釈でどちらともとれる内容を複数書いてくるのは、やっぱり何かしらの意図があるのではないかと。

そして、そのコメントを読んだ時に何も思わない人もいるかも知れないけれど、不快に思う人もいるかもしれない。後者の場合はそれを書いているのは私ではないけれど、私のブログのコメントなので、公開しているということは私が同じ価値観だと認めていることになると。

それでやっと決心がついてそのコメントを非公開にしました。

それから、その方からしばらくコメントが入らなくなりました。けれども、しばらくして何かの節目にやたら真面目な文章であいさつの様なコメントが入りました。

一度のコメントが非公開になっただけでは、たまたま何かの手違いでそうなっただけと思うのが普通です。けれども、それからしばらくピタリとコメントが来なくなったのは、やはり意図して微妙なコメントを書いていたのかもしれないと推測ですが、そう思いました。

おそらく、その人は私のブログを好きで読んでくれている反面、何か嫉妬のような、ツッコミを入れたいような思いが半々だったのかもしれません。人の感情なんて裏表ありますからね。

他の方のブログのコメントをたまに読んで思うのは、もしかするとネガティヴコメントの主は、普段は好意的なコメントを書いてくれる人と同一人物の可能性もあるってことです。

実際、ネガティブというほどではないのですが、そういう経験をしたことがあります。どうしてわかったか・・は伏せておきます。

 

 

時々、本の感想を記したブログ記事を見かけます。自分が読んだことある本の場合、他の人はどういう印象を持ったのか興味があるのでブログ記事を読んでみます。

すると、時折「えっ?そういう風に解釈しちゃうの?」と、ビックリする事があります。つくづく、人は書いてあるとおりに文章を解釈しないものなんだなあ・・と痛感しました。

本のビックリ解釈にありがちなのは、自分の価値観に強引に合致する点を見いだしてしまう読み方です。その本に何が書いてあるかはあまり関係ありません。ただただ、自分の価値観が正しいことを立証して裏付けるための文章を自分なりの解釈で誤読する方法です。

出版されている本でさえそうなのです。ブログなどはもっと、そういう傾向があるのだろうなと思いました。

人は、自分の世界の中で文章を読んでいるんだなと。

 

つい、引き込まれるように読み進めてしまうブログを見かけることがあります。実際、分かりやすく面白かったり参考になします。

でも、何となく「読みやすさ」がダントツのブログはなぜか胡散臭い印象を持ってしまう私はひねくれ者なのでしょうか。

読みやすさは、作られている、何か別の目的や意図に誘導されかかっている、そんな印象を本能的に感じてしまうのです。

ブログ記事の書き方として、しばしば「読みやすさ」「見やすさ」の方法を見かけます。確かに、そのような記事であるに越したことがありません。

ですが、わざわざ手間をかけて読みやすく見やすくしているというのは(無料なのに)やはり何か別の目的の意図を感じ取ってしまいます。

実際に無料のブログで、内容は有益で濃いのに、読みにくく見にくいブログというものは存在します。人が一人で出来ることに限界があるので、内容を充実させると見た目は後回しになるからです。

もちろん、両方を充実させているケースもあるでしょうし、無料のブログ記事だけを見てその先のアクションを起こす、起こさないは読者の勝手です。なのでそういう「読みやすく、分かりやすいブログ」が実際に良くないわけではありません。

でも、個人的な感覚としてはそう感じてしまうということです。

私が思うくらいですから、他の人も同じ印象を持つ可能性は高いと思います。なので、一般にいわれているように必ずしも、ブログの読みやすさがアクセスアップその他に繋がるとは限らないのではないかな、と思うようになりました。

 

「ああ、この人はちょっとブログのネタ切れ気味なんだなあ。」と思うことがあります。それは自分のブログ内での「人気記事まとめ」のたぐいとか、「質問の答え」などをメイン記事として挙げていたりすると、そう感じます。

おそらく、「人気記事まとめ」は、それなりにアクセスが伸びるのだと思います。でも、私は意地でもそのたぐいの記事は書きません。「質問の答え」を一つの記事として書くことも書きません。なんというかそういう記事を書くと、ネタ切れで書くことがなくて、「こういう記事でも1つ記事ができてしまいますよ~」なノリに乗ってしまった感じがするからです。

訳が分からないと思うでしょうが、そういう記事をアップするくらいならいっそ休んだ方が良いと思っています。(あくまで自分の場合です。)

現在、無料ブログでアフィリエイト可の数少ない無料ブログサイトのひとつにseesaaブログがあります。

このブログは、無料ワクでもアフィリエイトが許可されています。同時に1つのアカウントで5つまでブログを作る事ができます。至れり尽くせりに思えるのですが、2つ、残念なことがあります。

ひとつは、記事を書いて更新ボタンを押した後の反映が気分屋さんだってことです。

具体的には、記事を書いて更新ボタンを押します。表示を確認すると、即、反映されている場合もありますが、高い確率で、すぐには反映されません。表示の確認はプレビューで行えますが、これが使いにくいなと思う点です。

記事の更新ボタンだけではなく、別の箇所の更新ボタンを押してみましたが、これも反映されたりされなかったり。

もうひとつは、テンプレートがこじんまりしているものばっかりで、見栄えがいまひとつなことです。

その点、はてなブログはバ~ンと、広く、大きく、見やすいですね。seesaaブログのテンプレートは、幅も狭く、チマチマしていて目立たないなあというのが不満です。

自力で変更出来る人でも、崩れたりという事態もありますので、使い勝手がいまひとつ。でも、Fc2ブログが、最近微妙な雰囲気なので、無料でスタートできるアフィリエイト可能なブログサイトとしては数少ないサイトになってしまいました。

 

 

↑このページのトップヘ