主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

2015年05月

準備中のブログに記事を書いてみました。

以前、類似のブログを無料ブログで作っては削除した内容のものです。でも、当時のようにエネルギーが続きません。

今も好きな分野ではあるけれど情熱の度合いが低下しているせいです。しかも、類似のサイトやブログで、もっと緻密で詳細なものがたくさんあります。なので、今更私がそのブログを書く意味があるのかわからなくなってきました。

これから、今の時点でゼロからスタートすれば3年くらい経てば記事も増えて、そこそこ見られるサイトに成長するかもしれません。その内容を正確に詳細に作れば将来は有意義なサイトとしての存在意義があるかもしれません。でも、その作業は本当に大変です。

大変と言っても、もともと好きな分野なので本来は楽しいはずです。それなのに大変だ、疲れたと思ってしまう私。形式も、これで良いのか、漠然とこれまでと同じようにではなく、工夫のしがいがあるのではないかなど、考えることは山ほどあります。

 

まったく気合いを入れていない若干、放置気味のブログがあります。そのブログは、私がメインで書く文章とは正反対です。実験的、練習台の要素もあります。更新は不定期ですが、メインブログのネタが思いつかない時の気分転換やウォーミングアップにちょうど良いようです。

可能な限り労力は排除していて文章のみに徹しています。(このブログも文章だけですが)ところが、このブログ気がつけば結構な数の記事がたまってきました。長く放置している間も、どなたかがブログ村のバナーを押してくれている気配があります。勝手な解釈ですが「やめないで続けてくださいね。」の様にも思えて、無言のコミュニケーションですが、ブログって面白いとつくづく思います。

そのブログは気合いを入れていないと言う割にブログ村に登録しています。カテゴリはマイナーなところにひっそりと置いていました。他の方も同じように気合いがそんなに入っていなくて、のんびりマイペースな雰囲気が気に入っていました。

ところが、最近、ある他のカテゴリからの流入が目立ってきました。なぜ急にそのカテゴリからの流入が増えたのかわかりませんが、それから何となく雰囲気が変わった様に思えます。雰囲気と言うのも変で内容が即していれば誰がどのカテゴリに参加しようと各自の自由なのですが、やっぱり以前と雰囲気が変わってしまったことは残念な気がしています。

そこで、少し方針を変えることにしました。やや放置気味に書いていたその練習台のようなブログのアクセスに少し気合いを入れることにしたのです。

と言っても、単にカテゴリの割り振り率を変えただけです。そのマイナーでお気に入りだったのんびりムードのカテゴリは割り振りを少しだけにして、最近、伸びる傾向のあるカテゴリの割り振り率を多くしました。

案の定、結果はすぐに現われました。マイナーなカテゴリだけだったときにはどんなにアクセスが多い日でもINポイントがこのくらいまで、という限界のようなものがあったのですが、いきなり変更したその日からその倍くらいのINポイントが入りました。

経験から言うとブログ村のカテゴリでもINポイントが入りやすいところと、そうでないところがあります。それはそのカテゴリの参加者=読者なので、やはり各カテゴリの参加者の性格のようなものが反映されている面もあると思います。

それから当然ですが、自分の書いた記事がどのカテゴリの参加者&読者に受け入れられやすいかってこともありますね。

目安としては、INポイントかOUTポイントの上位20位くらいまでをざっと眺めてみて、その数があまりに少ないところに参加しても簡単に上位にはなれてもアクセスは伸びませんしINポイントも伸びません。

かと言って、ポイント数が多い所に参加しても今度は新参のブログは大御所ブログに埋もれてしまいなかなか目にとまりません。なので、その間くらいの相性の良いところを探すのが重要です。

INポイントなどが順位に的確に反映されるまでには1週間かかります。なので、あと数日の間に増やした割り振り率のカテゴリでINポイントを稼ぎ、ある程度アクセスが安定してINポイントも増えた頃を見計らってもとのカテゴリの割り振り率を増やし、流入してきたブログより上位に行く作戦です。って、ここで言っちゃって良いのかなと思いましたが、多分、書いても言っている意味がよく分からないですよね。

どのみち、ここで書いたところで読んでいる人なんて少ないのですからまあいいでしょう。こういう作戦で効果が出ると言い切れるのも、自分がブログを長く書いてきてブログ村も長く利用しているからこそです。

 

 

ブログタイトルを少し変えました。

 

ついでに似顔絵も変えたいのですが、いろいろ思考中です。今、使っている似顔絵は、有名な無料で作れるサイトを利用しているので、似たようなものがたくさんあります。なので、そのうち作り直す予定です。

 

それで自動で似顔絵を作る事ができるサイトを調べていたのですが、ちょっとわからなかったのは「商用サイト」の定義です。

良さそうなものがあったのですが(でも割と良く見かけるので)個人サイトはOK,商用サイトはNGと書いてありました。

企業など明らかに商売のサイトは誰が見ても商用サイト、それはわかります。でもこのブログのように、ほとんど収益のない楽天アフィリエイトのリンクを何となくお試し感覚で貼っている様なブログは商用サイトになってしまうのか?どうか?

また、メインブログのように、個人ブログではあるけれど、グーグルアドセンスの広告を貼っていくらかの収入があるものは、やはり「商用サイト」に該当してしまうのか?そのあたりの説明がないのでよくわかりませんでした。

でもこの種の疑問は割といろいろありますね。迷ったり後から問題にならないように、無料のを使う場合は初めから「商用利用OK」のものを利用するのが無難で間違いないですね。ただより高い物はない事態にならないようにしたいところです。

いろいろ見かけたところでは、グーグルアドセンスの広告を貼っている個人ブログの方で、その似顔絵を貼っているのを割とよく見ます。でも「他の人が貼っているから大丈夫でしょ。」と、安易に踏み切るのは危険というものですよね。

「不明な場合は問い合わせ」れば良いみたいですが、問い合わせてまで作りたいかというと、試しに作ってみましたが、何をどう組み合わせても、「どこかで見たような」似たような似顔絵が出来てしまうので使わない方が無難と判断しました。

そのうち、ゆっくり検討したいと思います。

 

現在のこのブログのハンドルネームは「河村」という名字付きです。名前だけにしたかったのですが、他の人とかぶりにくくする目的で名字をくっつけたんです。

「まらん」という下の名前を決めた段階で、検索しましたが、ヒットしないのを確認して決定しました。でも、ネットを扱う人はたくさんいるので、ちょっとの差で同じ名前がでてくる可能性は捨て切れません。

実際、他のブログのハンドルネームを決めたときも(それは下の名前だけ)念のために検索して同じ名前がないことを確認して発信したんです。

ところがそれから少しして何となく検索をかけてみると・・まったく同じ名前のハンドルネームが見つかりました。それはおそらくマネをしたというんではなくて、おそらく偶然だと思います。多分。

ひらかな、かたかな、漢字、アルファベット、数字などを複数組み合わせた名前であれば「偶然」は普通に考えてありえず意図的にマネをしたってことになるんでしょうが、そのブログのハンドルネームは偶然・・はあってもおかしくないだろうな、と思える名前っぽいのでまあ仕方ないですね。

というわけで、このブログの名前は漢字の名字を使ったハンドルネームにしました。でも、これって後で知ったのですが、今時は古くさいらしいですね。

ある程度の年齢以上の人でないと、ハンドルネームを名字付きにはしないらしいです。でもまあ、「ある程度の年齢以上」なんでいいです。

ちなみに、名字の由来ですが、別に河村隆一氏のファンというわけではありません。(キライではないけど)

最近、少しずつ気がつき始めたのですが、同じ人が、2つくらいのカテゴリ内で、気づいただけで7~8個のブログを同時に運営しているという事実に気がついて驚いています。

 

運営するだけなら誰でもできますが、そのいずれも結構なアクセスを稼いでいるようです。どうしてわかるかというとブログランキングサイトのランキングが目安になっています。

 

ほとんどがかなり上位です。

偶然「あれ?なんか雰囲気が似ている」と感じて「あ、やっぱり同じ人が書いている、間違いない。」と感じるのにそう時間はかかりませんでした。そのうちいくつかは自分が書いている他のブログとしてリンクを貼っていますが、それ以外は別人という形式で書いているみたいです。

 

ご本人も、おそらく本気で別人を装って運営する気がないのだと思いますが、それにしても別人ということにして同じカテゴリ内容のブログを運営するってかなり大変ですよね。

 

一日どのくらい記事を書いているんだろう、頭が混乱しないのかなとかいろいろ聞いてみたいものです。

 

そして、その方のブログはそういえば数年前は私も利用していた無料ブログにも書いていた人で、よく読んでいた風呂がーさんだということも思い出しました。得意とすることとか、ちょっとしたエピソードとか言葉の使い方にはどうしても癖が出るので、軽く読んでいてもやっぱりわかってしまいますね。

 

広告収入だけではなくて、そのうちの一部には情報商材のリンクが貼ってあるので、かなりの収益を得ているんでしょうね。私には手が届かない未知の世界ですが同じ主婦でも私よりずっと若いのにすごい人もいるものだと痛感したのでした。

 

 

時々読んでいるあるブログは、おそらくそこそこのアクセス数があると思われます。ブログを読む限り多分、本当にかなり質素でつつましい暮らしをしているようです。それ自体、各自の価値観や生き方がありますから構わないのですが実際に生活のための収入面で厳しいというのが事実だと思うのです。

ブログを読んだ限りでは「たとえ収入がアップしてもこの暮らしぶりは変わりません。身の丈に合った暮らしに満足しているので。にこっ。」という雰囲気を感じます。

 

でも、どうなんだろうなあ。本当のところは、あと数万円、ちょっと収入が増えるだけでも大分違うのではないかなあと思うのです。

そのためには、その人が毎日のように更新しているそのブログ、それこそが収入源になるはずなのに大手の無料ブログで運営しているものだから一円もその方には入ってこないわけです。

 

もちろん、ブログの運営に必ずしも収益を絡ませる必要はありません。各自の勝手です。でも、その人のブログを読んでいると何かこう歯がゆい感じがしてならないんですね。

 

おそらく、周囲の知人からも、過去に用件は違いますが、その人の言動の歯がゆい点を「こうしたらいいですよ。」とアドバイスをした人が何人もいたと思うのです。

 

でも、その人は一見、ブログの文章を何となく読む以上はピュアで優しくふんわりとした人柄に見えます。(見てないけど。)でも、おそらくご本人も気づいていないけれど他人だからわかるのかもしれませんが、ものすごく頑固な面があるんですね。

 

そして自分の現状に対して周囲の人は良かれと思って改善点としてのアドバイスをしていたと思われます。けれども、その人は「非難された。」「否定された。」と受け止めてしまったのではないかと思われます。

 

やはり、周囲の人がどんなにアドバイスをしても心が頑なになっていると肯定されていないという点で反感を抱いてしまうんですね。

 

その人が抱く「厳しい」と感じる点のひとつに、なんだかんだいって言いたくないけれどやっぱり生活費が厳しいという現実がのしかかっているのではないかと思えてなりません。だらしないお金の使い方をして苦しくなったわけではなく、つつましく暮らしてもなお、厳しいのですから、そういう人こそブログで収入を得ることを選んでも何ら悪いことではないと思うんですね。

 

でももし私がリアルな知人か友人だったとして、そういう風に提案したら「お金のために書いているのではないので。」と否定された挙句嫌われそうだな、、なんだかなあと思ったのでした。

↑このページのトップヘ