主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

2016年03月

最近、思うんですよ。

本当に独自ドメインで運営するのがベストなのだろうかと。

というのは、無料ブログならば、そのサイトが存続していてさえいれば放置していても作成したブログは延々と存続しいつづけるわけです。

ところが独自ドメイン、またはレンタルサーバーで運営しているブログは、自分がその更新の管理を怠ったらそこでパーになってしまいます。

万が一、自分に何らかの突発的な事情が起きて、更新がと絶えたとします。そしたらその時点でパーになってしまうわけ。

有名ブロガーのちきりんさんは、はてなのなかでも、さらに古いタイプの、はてなダイアリーで運営しているんですよね、確か。

しかも独自ドメインではない。

ちきりんさんは記事は全部ワードで書いて保存もしてあると、どこかで読んだと思うのですが、無料ブログで運営してても、そういう風にさえしてあれば、そのほうがいいんだろうかと思ったり。

サーバーやワードプレスのメンテも要らないしね。

独自ドメインを持っていれば、ブログサイト利用の場合、そのままグーグルの評価を引き継げるということなのよね。

 

ブログ運営の目的はいろいろだけど、アクセス数と収入は一般には比例する傾向にあるのは原則です。そしてブログランキングサイトのランキングもそれは同じ。

でも、最近、ちょっと変わった現象が起きています。それはアクセスとランキングが下降気味なのに収益が上昇気味であること。

巷では、クリック率が高いアドセンスの配置とかネット上に出ているけれど、「あんまりあてにならないものだなあ。」と思う今日この頃。

結局、「こうすると効率がいいよ。」という情報はすでに過去の物なんですよね。そしてそれを書いた人には該当するけれど自分に当てはまるとは限らないということなのです。

グーグルは、日々、改善を試みているであろう企業です。だから、普通の人が攻略できるようなものではないし、攻略されない工夫をしているのだから、それは当たり前のことなのですよね。

そういえばユニクロ社長の出版本に「栄光は一日で捨て去れ」というタイトルの本があったけど、それはブログも同じかもね。

アクセスがいくらあった。

収入がいくらあった。

ランキングが何位だった。

そんなことは全て過去の事。

今ではないのです。

 

 

 

ブログ村のカテゴリ決めは結構大事です。選ぶカテゴリが、そのブログの方針と目的を表しているともいえます。

そしてカテゴリには名称以外に、すでに参加しているブログの「空気」が存在しています。

ありがちなのは「空気」に合わせて参加するかどうかを決めるということ。

でも、それでいいの?

もちろん、例えば読書のカテゴリに参加しているのに、読書の話が一つも出てこないのは論外。

今、ブログ村のカテゴリは、「最終的にはブログ村運営側が決める」という建前に代わっています。以前は、例えば明らかにカテゴリ違いの場合、おそらくはライバルブロガーが通報するんですよね。そしてブログ村運営側が「確かにカテゴリ違い」と判断すると、管理人にメールが行くようでした。

「恐れ入りますがカテゴリを○○から○○に変更をお願いします。」もしくは、「割り振り率を○○のカテゴリは○%以下くらいにしてください。」とかもあったみたいです。

ところが、現在は、ブログ村運営側が「カテゴリを変更させていただきました。」などの事後報告になっているようです。

とはいえ、これは通報があったか、運営側が目を付けた場合に限られると思うので、滅多にあるものではないと思います。また、通報する人というのはランキング上位にいられることが嫌だから通報すると思うので、カテ違いでも下位の場合は放置される傾向にあると推測します。

こういう運営側の方針の微細な変化も、こまめに規約やヘルプに目を通すことで見えてくるんですよね。ブログ村の攻略とか、ランキングアップのワザなどにお金を出して買うよりも、こういう一次情報を熟読するのが基本なんですよ。

攻略法とかワザなどの情報商材が販売されているとしたら、それらは二次以下の情報ですからね。何かを知りたいと思ったときの原則は誰かが言ったことじゃなくて、一次情報の原文をよく読む事なのですよね。

話がそれました。

カテゴリの話でした。そしてカテゴリの空気で参加の有無を決める必要はないんじゃないの?と私は思うのです。あくまでブログがカテゴリに合致しているならば、堂々と参加すればよいと思います。

だいたい、そういう空気を察して参加するかどうかしり込みするようでは、いずれにしてもブログに限らず上位には食い込めないのは鉄則なんです。

 

自分はブログの書き手ですが、同時に面白いブログはないかと探している読者でもあります。その時、私が利用するのはブログ村の新着記事一覧です。この一覧はすごく注視しています。

通常のランキングや注目記事は、いったん固定された上位ブログは滅多なことでは大きな変化がありません。

ここから読む記事を見ることは、「誰が発信しているか」に注目することになります。となるとランキング下位だけど質の良い記事を見つけられなくなります。

といっても、星の数ほどあるブログ。そこから良い記事を発掘するのは至難の業です。そこでピンと来るのはブログ村の新着記事なのです。ここにはブログの人気度に関係なく時間系列でタイトルが流れます。

そこからピンとくる記事を読むことは「誰が書いたか」ではなく「何を書いているか」に注目することです。だいたいタイトルでピンとくる記事は、高い確率で面白い記事であることが多いのです。

タイトルがパッとしない記事は中身もそれなりです。まれに、あえて注目されないようにわざとパッとしないタイトルを付けることもあるでしょうが、そういうブログは多くありません。

例えばこの記事のタイトルは、何ともさえないタイトルです。こういうタイトルの場合は、多くの人がスルーします。半分、備忘録目的のブログの記事タイトルは、このくらいに気の抜けたタイトルくらいがちょうどよいのです。

「これは」と思ったブログは、とりあえずブックマークします。少し記事を読んでみて、良さそうならRSS登録もしておきます。

それでここ最近、様子を見ていて感じるのは多くの人のブログが続かないことです。いっとき頻繁に更新していても、50%くらいの確率で半年くらいでやめてしまうようです。

途中で休止したくなっても、完全に削除をしないで、しばらくしたら、また気が向いたら書くという事を繰り返せば3年くらいの間にはそれなりの記事が蓄積されます。

やはり、ブログを訪問した時、途中で休止している時期があっても長く運営しているブログの方の印象は良いですね。

やめたくなったら、とりあえず放置して気が向いたら再開するでも良いと思いますよ。

 

確定申告をするうえで、簿記その他の知識がないってとき、税理士さんは思い浮かぶ人が多いのですが、青色申告会ってところがあることを知らない人は多いのではないでしょうか。

税理士さんのところは会計事務所と呼んでいたりしますが、青色申告会は小規模の事業者さんを対象とした青色申告やそれ以外のアドバイスをしてくれるところです。

青色申告会の最大のメリットは料金が安いこと。

あまり複雑な事情がないけれど、自分一人で記帳する自信がないという方にちょうど良いと思います。でも、安いだけで選ぶことは避けた方がいいと思いますよ。推測ですが、あくまで記帳指導を受ける・・位のノリがいいのではないかと。

税理士さんがいる会計事務所は税理士、もしくは公認会計士の方が経営している場合があります。規模も様々です。小さいところは税理士さん一人と奥さんだけ、とか、手伝いの事務員さんが2,3人とか。大きいところは有資格者や予備軍の人が多数いたり。

そして、税理士さんと言っても、実は大きく2種類のルートで税理士になっている方がいるんですね。

1つは、普通に一般の税理士の資格試験を受けて合格して税理士の資格を取った方です。もう一つがあまり知られていないかもしれませんが、いわゆる「税務署上がりの税理士さん」です。

どういうことかというと、さらに2種類あるのですが、23年間、税務署に勤務すると受験科目がいくつか免除されて税理士になれる制度があります。このルートで税理士になった方です。

もうひとつは、上記のケースより少しマシですが税務署に10~15年勤務して、一部の受験科目が免除されるケースです。この場合は税務署に勤務しながら資格試験の勉強をしつつ合格するというケースです。

いずれの場合もメリット、デメリット、相性があるわけですが、税理士と言っても資格取得の経緯からいろいろあるんですよね。

そしてさらに、晴れて税理士に依頼したとしても、その処理を税理士が直接見るわけではなくて、実際に通常、対応するのは会計事務所に勤務する無資格の担当者であったりします。

そしてその担当者もピンキリですよ・・。依頼するときには、その辺もよく確認したほうがいいですよ。

 

ときどき、問い合わせフォーム経由で業者さんから連絡が入ります。いろいろあるのですが、中には「?」と思うケースが割と多いのです。

というのは、メールアドレスがフリーメールであり、理由によってはGmailはまだいいんです。でも、いったい、何をどう考えれば、わざわざそのメールアドレスを使って連絡を取ろうとするのか?と思うのはyahooメールで連絡してくるケース。

もちろん、読者さんとか、個人のケースはいいんです。(といってもyahooメールはいろいろ問題あるからなるべく使わないに越したことないけど)業者さんが、yahooメールで連絡を取ろうとする意味が理解できません。

見ず知らずの人からのメールで、唯一、相手の信ぴょう性をはかる手がかりはメールアドレスだけです。通常は、その企業の人であれば@の後ろが所属企業のアカウントです。ところがそれがフリーメールで、しかもyahooだったりすると、ますます訳がわかりません。

ところがネット上で調べてみると、こういうケースは割と多いらしいんですね。そして、当事者はあんまり問題視していないようです。

例えば、飲食店がテレビの取材に入りたいという依頼のメールがフリーメールという事は珍しくないらしい。これって、取材当日、初対面の取材班を名乗る下請けの制作会社の人が飲み食いして撮影して放送されるかわからないということらしいですね。

それを不審に思わない人もいれば、断るケースいろいろだそうですが、案外、そんな感じで世の中が回っているんですね。

テレビで人気芸人が「取材拒否人気店にアポなし取材依頼」に行くと割とあっさりOKしてくれるのは、人気芸人が来た時点でウソではないと確信できるからなんだと思うんです。要は、相手の誠意と信ぴょう性を示すことができているかどうか、なんですよね。

実際、yahooメールで連絡を取ろうとされると(個人は別ですよ)「見くびられているな。」と思うし、テキトー度がわかります。連絡内容はしっかりしている場合もありますが、?な場合もあります。

ブログのランキングサイトで有名なのはブログ村と人気ブログランキングの2つです。結局、どっちがいいの?」という疑問がある方も多いでしょうが長年、ブログを書いてきて経験したことや率直な感想などを上げてみます。

ちなみに今日現在、サイトを確認したところ、それぞれの参加人数は下記のとおりです。

ブログ村 898,760人

人気ブログランキング 1,199,972人

です。

この数字を見て、どう考えますか?

「やっぱり人気ブログランキングの方が集客効果がある」と思いますか?

 

私の考えはNOです、結論を言うと、私の場合はやっぱりブログ村の方が断然良いです。そして、ブログ村というところは基本的にブロガー同士が読者でもあるということです。

だから初心者のブロガー以外は、ブログ村のポイントのシステムをある程度理解しています。だから、小手先のテクはあんまり通じません。

やはり、共感される記事はバナーをクリックしてもらえるし、そうでない記事はスルーされます。もちろん、自分では「これは反応良いのでは?」と思った記事が撃沈して、何となく書いた記事の評判が良い事もありますが。いずれにしても、読者さんたちは、正直でシビアです。

ブログ村の場合は、人気度に関係なく、ランキング意外に新着記事が時系列に表示されます。これが最大のメリットです。

それに対して、人気ブログランキングは、ランキングの表示しかされません。だからランキングが上位にならない限り、気付いてももらえないという状況になります。だから、人気のブログは延々と鎮座し続けますが、ブログ村の場合は運が良ければ、記事タイトルで興味を引いてもらえれば、アクセスが伸びる可能性は常にあります。

そして、ブログ村と人気ブログ村の両方のバナーを貼っていると、普通の人はわざわざ2つクリックしてくれるほどお人よしじゃありませんから、どちらか一方しかクリックしてくれません。となると、その分、ランキングも分散してしまうんですね。

2,3年前だったか「何かのキーを押しながら2つのバナーをクリックすると、一度の手間でできます」みたいな表記を見かけたのですが、「そこまで要求するか?」と、嫌な気持ちになり印象良くないからやめたほうがいいです。(最近は見かけません)

そしてブログ村の参加でアクセスは増えることを実感しているけれど、人気ブログランキングでは私の場合、あんまり変わりないですね。

ただ、ブログ村ではランキングはいまいちで人気ブログランキングでは上位ってこともあるので、それらを承知の上で参加するならそれもよしというところでしょうか。

 

もっとも、何を目的にランキングサイトを利用するのかにもよりますけどね。また、相性もあることでしょう。

そこをはっきりしないといけないのです。集客目的の人が多いとはいえ、本来、ブログというのは、そればっかりを目的にしている人ばっかりじゃじゃありませんからね~。

 

  1. 単に同じ趣味や悩みを持った人同士で集まりたいのか。

  2. 自分が良い情報を発見するためなのか。

  3. 集客をして収益化につなげたいのか。


1、2の目的だったら、人気ブログランキング、ブログ村、両方に登録と参加をして、できるだけ露出を多くすれば良いですよね。

そして、ワザとかテクを考える前に大事なのはサイトの規約やヘルプや新着情報によく目を通す癖をつけることです。

たとえば、トラコミュバナーでもポイントが入るってことを数年前は知っている人が少なかったようです。ところが誰かがトラコミュのバナーを貼ったうえで良心的に「このバナーを押すと当ブログにINポイントが入ります。避けたい場合はご注意ください。」と書いてくれているブロガーさんがいたんですね。私が知る限りでは、そのあたりからトラコミュのバナーを貼る人が少しずつ増えてきたように記憶しています。

ときどき、ブログ村の攻略方法を書いている他のブログを見かけるのですが、それを読むと「この人はヘルプや規約をきちんと確認しないで書いているな」というのがわかるんですね。攻略法を書くのならば、そういうところくらいは確認しないといけないですね。

誰かが規約やヘルプを熟読して気づいて実践していることを、さらりとマネするのは勝手ですが、マネの仕方を見ると「やっぱり規約やヘルプを読んでいないな」ということがわかるんですね。

ワザとかテクをフェアに行うとして、重要なのは人のブログのマネよりも、本家本元のサイト(ブログ村の規約やヘルプページ)を熟読することが基本中の基本なんですよ。すべてのヒントはそこに書いてあるんです。

 

 

↑このページのトップヘ