主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

2016年05月

自分が楽しむために面白いブログを発見すると嬉しいですよね。最近、少しばかり面白いブログにはある法則があるのを発見しました。

まず、ワードプレス、独自ドメイン等で有料で運営されている物よりも無料ブログで独自ではないドメインで運営されている物が狙いめです。

有料で運営しているブログは少なからず収益化をもくろんでいるわけです。だからグーグルに怒られそうな記事を避けたりしてしまう傾向があるからでしょう。その点、無料ブログで欠いている人は、その辺、ある意味自由なんですよね。自由度が高いから面白い記事をかけるんです。

無料ブログは多数ありますが、時代によって小さい流行がありますね。その中でも確率的に面白いブログが見つかりやすいのは、FC2ブログ、seesaaブログあたりで書かれているものなんです。

無料でもアメブロは芸能人とか、若いお姉さんがキャッキャ言いながら書いている雰囲気があって、なんだかなあな印象。インテリア、ファッションなどのトレンド物には強いんでしょうけどね。

男性参加も多いはてなブログは、中には面白い物もあるけれど、ブクマというコミュニティサービスがあるので、良くも悪くもそれ狙いのような印象が否めない。内輪で盛り上がっている感じがどうも。

そして今だにFC2で運営し続けている人って、揺るがない人だなあとも思うのです。運営代表がいろいろありましたよね。その時に他のブログに移動した人はかなりいるはず。私もそう。

ところが今だ、そこで変わらず書き続けている人って結構いるのよね。seesaaブログは、はてなブログあたりが、強固なコミュニティのシステムで盛り上がりを見せていても、いまだにどこか地味な雰囲気です。そして相変わらず、そこで書き続けている人も変わらない。

だからこそ数年前からFC2,seesaaブログあたりで淡々と記事を更新し続けている人のブログは面白いものが多いのかなと。

 

 

 

ブロガーさんが書く書評を読んで本を買う事は時々あります。でも、書評に引用されている本文の引用文って、読みます?

私、読まないんですよね。

特に引用文が1~3行ならまだしも、10行くらいの長い長い引用文。これは絶対に読みません。面倒くさいから。自分でさえそうなんだから、他の人も似たようなものでしょう。

もし、10行を引用するなら、3行×3か所くらいに途中で短く区切った方がいいんじゃないでしょうかね。

本を読む習慣のある私でさえそうなのですから、そうじゃない人はなおさら読みたくなくなっちゃうんじゃないでしょうかね。

それでも書評のタイトルをクリックするのは、「それを書いているブロガーの主観を知りたいから」なんです。

もちろん、感激した本文を引用して「読者に共有してもらいたい。」その熱意だけは伝わるかな。でも、熱意だけ大きくてもせっかく書いた文章が読まれなきゃしょうがないんですよね。読まれない文章は存在しないも同じなんです。

自分が思う以上に、人は面倒くさがり屋です。ましてや、無名のブロガーの記事ならなおさら。

 

一時、ブログ村でトラコミュのバナーを貼ることが流行し始めました。これまで、カテゴリなどの通常バナーだけではなく、トラコミュバナーでもインポイントが入る事は、あまり知られていなかったからです。

ところが、ひとたび知れ渡ると少しずつみんなが気付き始めました。するとほとんどのブログ村の参加者が、トラコミュのバナーを貼り始めました。

貼る数に制限がないので、10個以上貼っている人は珍しくありません。一見、ブログ管理人お気に入りのリンク集かに見えて実はランキングのインポイントが加算されるためのバナーなのです。

ただし、読者はブログ村に参加している人ばかりではありません。ブログ村のシステムを知らない新規読者には、まだ有効な可能性は残っています。

けれども、自分が一読者として他人のブログを見た時、そこにべたべたとブログ以外のリンクが貼ってあると鬱陶しいと感じます。同時にそのブログへの信頼が薄れます。必要以上にブログ管理人オリジナルではないものが貼ってあるのは、読者にとってはあまり好ましくないと感じます。

いずれにしても、初めにトラコミュのシステムに気づいた人は、早めに成果を出したことでしょう。それをきっかけに無名ブログを押し上げたかもしれません。

けれどもそれは先行者優位の原則が働きます。誰も気付いていないときに、一番に行うから効果があるんです。「2番じゃダメなんですか?」「ダメなんです。」これはブログに限らず全てにおける原則ですよね。

やり方を指南する情報が出回った頃は、もう遅い。全く効果がないとは言えるかわかりませんが、一番に気付いて実践した人にはかなわないでしょうね。

↑このページのトップヘ