主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

2016年08月

simplicityのテンプレートを有りがたく使わせていただいています。このテンプレート、無料なのにホント、素晴らしいです。以前はスティンガーが圧倒的に多かったですが、最近はsimplicityの方が多い様な?

先日、よくわからないけれどスマホ表示を見たら、アドセンスの表示が変なことになっていました。最近、新しいプラグインを入れたりしたので、そのせいかな?何か動かしてしまったな?と、とりあえず、そのプラグインを外してみました。

そして、いろいろ調べていたら、全然気が付いていなかったのですが、なんとsimplicityのアドセンス用広告ウィジェットって、新しい物がいつの間にかできていたようです。

これまでは

広告338×280

広告300×250

の2種類あって、そこにテキスト設定で貼り付ける・・ってものでした。これでアドセンスに違反しない形で自動で表示されていたわけです。

ところが!

なぜかわかりませんが、パソコンは問題ないんだけど、スマホの表示がおかしいんです。記事中のアドセンスは問題ないのですが、記事下の広告が2個縦に並んで表示されてしまっていました。

おかしいおかしいと、何度も貼り直してみても戻らない。他の設定も確認したけど、問題なし。

とりあえず、300×250の広告だけ外しておきつつ、調べてみました。

その最中に、いつの間にかsimplicityにパソコンとスマホ(モバイル)それぞれにだけ表示されるという専用のウィジェットが作られていたことに気付きました。

じゃあ、それに入れれば問題が解決するのか・と思いきや・・

設定ボタンがくるくる回って完了しません。調べてみたら同様の事で困って解決した方のサイトを発見しました。そこに貼ってあったリンクがこちら(simplicityのサイトです)

これによると、私の場合はロリポップのWAF設定が関連していたらしいという事が判明。その他にもキャッシュの削除とかの事例もあったので、先にそれを実行・・変わりなし。ってことで、やっぱりロリポップのWAFか!と。だいぶ前は、このWAF設定のせいで手こずった経験があったのですが、最近はほとんどなく、すっかり忘れていました。

ロリポップにログインしてWAF設定の該当のURL表示をして右隣の「解除」ボタンを押します。解除されるまで5~10分と書いてありました。以前は20分くらいかかったはずなので、改善されているんですね。

10分待って(タイマーかけました)再びアドセンスの設定ボタンを押すと・・無事完了設定できました!

そのあと広告の表示を確認して、きちんと反映されたのを確認してからロリポップのWAF設定の「解除」を「設定」に戻しておきます。これ忘れちゃだめですよ。他のこの種の設定の話を見ると「解除したらできました!」で話が終わっている事が多いので。設定完了したらWAFの設定を再びセキュリティが効いている状態に戻します。

これは本来、セキュリティの設定なのですが、ときにこのような悪さをしてしまうようです。他のレンタルサーバーではあまり聞きませんよね。

ロリポップ、初心者でも、まだアクセスがそれほどないうちには低価格のプランから始められるので、良いのですが、やっぱり最初からエックスサーバーあたりでやってればよかったと時々思います。

 

 

少し前の事ですがテラパッドという無料のテキストエディタをパソコンに入れました。このエディタの存在を知ったのは「わかったブログ」のかん吉さんのブログ記事がきっかけです。

電子書籍を自作する事に興味があったので、該当記事を読んでいたら「まずはテキストエディタを用意してください。」の、くだりで、前にチェックしたときは「テキストエディタ?Wordあればいいよね?」みたいに勘違いしていたのです。

が、再び読み返して「ところでテキストエディタとは何ぞや?」という基本がわかっていないことに気付いたのです。ああ、無知って恐ろしいですね。Wordをテキストエディタと思っていて書いてあるのにスルーしていたんですから。

改めてググってみると、どなたかのサイトにこんな表現がありました。

  • テラパッド・・書きやすいボールペン

  • Word・・いろんな装備と飾りが付いた高価な万年筆


普通の人は、基本のボールペンを使うことなくいきなり装飾だらけの万年筆のようなWordを使ってしまっているそうです。

テキストエディタといえばメモ帳もそうなんですが、一時的な利用には差し支えないけれど、いろいろ使うなら、やっぱりテラパッドがいいらしいです。

もちろん有料で販売されているものもありますが、テラパッドを入れてみました。

感想

何これ!

チョー使いやすいんですけど!

と、年甲斐もなく、こんな言い方をしたくなるほどシンプルで潔くてわかりやすいです!

「Word要らないんじゃ?」

心底、そう思いました。

もっとも、オフィスはエクセルとWordがセットで販売されている物が割安なので、普通はそれを買っちゃうんですよね。

もっと早くテキストエディタという概念に気付きたかった!

 

同じような記事を書いても、はてなブログはアクセスを稼ぎやすいようです。メインブログなんかは、はてなにしなかったことを若干、後悔しています。

このまえ、試しに休眠ブログをはてなに引っ越してみました。そのブログは独自ドメイン、ワードプレス、テキストメインのブログです。まだ記事数も少なかったので簡単に引っ越しできました。

ところが、はてなブログって、テキストは引っ越しできますが、なぜか画像をインポートする機能がないようです。実は引っ越したかったブログは画像が多いもの。手動の引っ越しも考えましたが、現実的ではないと判断して諦めました。

メインブログも検討しましたが、これも画像がそれなりにあり、すでに記事数も多いので無理。同様の人は元のブログを置いたまま、新たにスタートしているようです。まあそういう手もあるけれど、あんまりすっきりしませんよね。

元のブログが独自ドメインでなければ、そういう事も可能ですが、すでに独自ドメインで運営していると、移動後のブログは、この場合、別のドメインを取得するか、はてなのドメインを使うかどちらなになります。

まあ、しいていえば、はてなも一企業である以上は、絶対不変ではないということ。ただ、あの「ちきりん」さんが今だに「はてなブログ」ではなくて「はてなダイアリー」の方で、独自ではないドメインで運営しているから、「まあ、大丈夫だろう」と思う方も多数いるのではないでしょうか。

それにしても、たまに「ブログをはてなに引っ越しました」といってはてなで始めたと思ったら、はてなのドメインでしかも「はてなブログ」じゃなくて「はてなダイアリー」の方だったりする方がいます。意味がないとは言わないけど、そういう様子を見ると「この方は、あんまりその手の事を何も知らない人なんだな」ということが垣間見えたりします。

はてなダイアリーで新規開始することに異論はないのですが、普通に考えたら通常ははてなブログの方だよね?と思うのですが、逆にそれは私が無知なだけなのでしょうか?

そもそも、はてなダイアリーとはてなブログの二種類あるのが紛らわしいんですよね。

アマゾンでKindle Unlimitedが開始しましたね。なんと月額980円で電子書籍が読み放題のサービスです。これって、買う方はいいけれど、業界の人には打撃でしょーね。雑誌はあちこちで類似のサービスがスタートしてたようですが、kindleがこんなに早くスタートするとは思わなかったのでびっくり。でもさすがにやることが早いです。ビジネスの鉄則ですよね。


「わかったブログ」のかん吉氏のブログによると、印税は普通に入るらしいのですが、その代わり完読されないと全額が入らないそうです。だから「全部きちんと読んでもらえる構成にしないと」というようなことをかいておられました。


何でも、このKindle Unlimitedの印税は読まれたページ数に対して支払われるとか。そういえば紙の本のベストセラーとかって、買った人のかなりの人が完読していないんじゃないか?と思う事もありますよね。紙の本は売れさえすればいいわけで、それで「何万部売れた!」と話題になるわけですが、このシステムは、そういう点で、「買ってきちんと読んでもらえた本」という本質があぶりだされそうですね。


一応今のところは出たばかりの本は原則含まれていないようですが、でも見ていると結構、出版されたばかりの売れている本も見かけましたよ。さっそく、これは迷わず登録してみました。30日間はお試し期間で無料です。登録はクレジットカードが必要です。


実際に使ってみた感想ですが、本の検索がしにくいですね。その辺はそのうち改善されることを期待します。買いたい本があればとりあえず検索して、対象書籍なのかわかるので、それで確認もできますけどね。


初日の今日の時点で登録してから4冊くらい買って読みました。そのうち2冊は短い電子書籍です。


そして、その一冊が、これを利用してイケダハヤト氏の電子書籍「ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。 (イケハヤ書房)」です。元の価格はなんと1200円くらいです。元々noteで売っていたようですが、アクセスと収入の推移を公開したものです。こういうものは、ブログ運営と無関係の人はあまり面白くないんだろうけど、付け加えてあるコメントの文章がどうのこうのという以前に、参考になりました。


だってほら、こんなに具体的に公開されているブロガーの収益ってなかなか見られないですよね。あちこちで「○万円稼げる!」とか見かけるけど、根拠のデータが不鮮明ですから。元の価格は高いといえば高いのですが、希少性は大きいので、アフィリエイターにとっては妥当な金額と思えます。それが今回はKindle Unlimitedの対象書籍になっていたので、1200円は躊躇しますが、実質0円みたいなものなので、迷わず読んでみました。ブログ運営をしていない人にすれば単に「高い」と思うのは仕方なく、読む人を選ぶ本だと思います。


これを読んでみて驚いたのは、イケダ氏が高地にくる以前は、意外とそんなに驚くようなPVではなかったということです。知名度はブロガーとして一級だったろうし、本も何冊か出していましたが、思ったよりPVも収入も少なかったことに驚きました。


そして急に伸びたのは高知に移住してブログタイトルを変えたからのようですね。たぶん、そのあたりからブログの口調も煽りのにおいがより強くなり、個性が爆発したようです。


やっぱり世の中のみんなは、イケダ氏をなんやかんやいいつつ、東京を離れサラリーマンをやめた生き方が気になって仕方ないんでしょうね。やっぱり、都心のサラリーマン生活は満員電車にはじまりキツイ点がたくさんありますから。


↑このページのトップヘ