主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

2017年01月

ブログを収益化。たくさんの人が目指す。

でも、収益化を目的にして構わないけど、誰にも経験があるはず。収益化を目指してるのがアリアリなブログって面白いとか、また読みたいって思うかな。

その記事が満足出来るボリュームや内容(ためになる、面白い、なんでもいいけど、心が何らかの形で動くこと)でなければ、ブログで金儲けしたいって一方的な気持ちじゃ読者は離れていっちゃう。

ブログの運営者の金儲けの気持ちばかりが全面に来ると対等じゃなくなっちゃうよね。

同時にそういうところにブロガーの人柄が自然、出てくる。そして独自の個性が出来ていくんだろうね。やっぱり人は人に吸い寄せられる。

始めることでブログの雰囲気が出来ていく。戦略的に個性を作りあげる人もいるんだろうけど、やっぱり自然がいいな。

肩書きは人が決めるんじゃない。「自称」○○でいいんじゃない?もちろん、持ってもいない資格や経歴を語ったらダメよ。

自分が表現してるのは「こういうこと」と言った「表現の自由」の範囲なら自由に表現していいんじゃないかな。

ところが、しばしば陥りがちなのは自由で自分を縛ってしまうこと。自由とか言うと 海外バックパッカーになることだけが自由じゃないのよね。いえ、バックパッカーが意味ないと言いたいいんじゃないのよ。

「じゃあ、お前はどうなんだ」と聞かれるよね。

私と言えば平凡も平凡。表面はどこにでもいる静かな主婦。でも、その決まり切ったような小さな狭間にも、自由はいくらでも生み出せるのよね。

自由と言うと何かめだった事をしなくちゃいけないなんて事は全くないの。そんで、小さくなってないといけないという事もない。

例えば、ブログを書くことも普段の自分の場所以外のところよね。こんな小さな事でも、ひとつ自由な場所をもてるわけ。あとはそれをどうしていくのかは、やりながら考えていけばいいと思うんだ。

ブログが続かない。そう悩んでたりしません?そもそも、続く、続かないの二極化にするから面白くなくなっちゃうんです。自分が面白がってこそ。続く、続かないじゃなくて、書くか書かないか、この二つね。枠の選択を自分で狭くする必要はないということよね。

↑このページのトップヘ