「ブログはオワコン」と言われて久しいけど、オワコンではない。この場合のオワコンとは収益化できるかどうかって視点のことね。

私は全然稼いでいないけど、なんだかんだでブログ経由の収益がずっと続いているよ。もちろん、波はある。けれどもブログ記事は、書いたら終わりじゃない。書いたら後は記事が働いて収益を生み出してくれる。

反面、パートに出るにしてもアルバイトにしても、正社員でも、自分の働きが自分がいなくても収益を生むことはないよね。あくまで自分という体が働いてその時間を過ごしていないとお金はもらえない。

でもブログなどの収益は、自分がいなくても自分の分身みたいなものが収益を生み出す。この金額は大小ではなくて、少なくても一度自分が生み出した収益の元が以後は勝手に働いてくれるという事実に気づくか気づかないかでお金や稼ぎ方の概念は変わるのよね。これが大きい。

いくらユーチューバーが注目されていても、文字を読む文化は消えない。だから全盛期のようなわけにはいかないとしても、ブログの収益化はゼロにはならないから、何らかの形で続けておいたほうがいいよね。