前回の記事で「なぜ、(他ブロガーさんが)資格やスキルをブログに生かさないのか」という話を書いたんだけどね。生かさないというか、隠してるわけではないけど、その道に詳しいことをあまりブログで公言していないブログがあって「不思議だなあ」と思っていたのよね。

この前、ふとその理由がわかった気がした。普通、資格やスキルは公言した方が有利なんじゃないか、って思うよね。私もそう思っていた。

でもそうではない場合があると気がついたわけ。それは、視覚やスキルがあれば「それは、そのくらいできて当然でしょ。」と思われてしまうこと。ところが同じことをやっても、全くの素人なら「すごい」って事になり、注目を浴びられるけど、そもそもその道の専門家だったら「まあ、そのくらい普通でしょ」って事になる逆転現象もあるってことね。

例えば大工さんがDIYしたら上手なのは当たり前。けれども全くの素人でしかも女性だったら「すごい」となるのは当然。そういうことね。ドクターが健康に詳しいのは当たり前だし、弁護士が法律に詳しいのも当たり前。けれども普通の人が独学で習得したスキルなら「すごい」(珍しい)ということになる。(もちろん有資格者はすごいです)

あえて資格やスキルを前面に出さないことで「すごい」と思ってもらう。こういうやり方もありなんだろうね。やっとわかった。