ブログ運営に微妙なコメントとかメールする人って、実は好意的なコメントを残したことのある人なんだよね。

本人は文体を変えてばれていないつもりだろうけれど、それでもわかっちゃうんだな。何だろう。文章の臭いとでも言うんだろうか。読んだ瞬間、「あ、これはあの人だな。」とわかってしまう。

ちなみにこのブログじゃないよ。私は一切コメントとかメールとか、どこにも書かない。何か感じてもふ~んとスルーする。たまに「そうそう。」とか「こうだと思うよ。」と伝えたい衝動に駆られることはあるけどね。そういう人の割合が多いんだよね。

だからわざわざアクション起こす人って、良くも悪くも意識が悪い意味で高いことがあるってことだろうね。そんでわざわざ伝えずにいられない、良い事ならいいけどわざわざ伝えるというのは、「私が絶対正しいはず」という思い込みが強い。だからこういう人は実際の生活でも人づきあいの仕方が微妙な経験が多いはずだ。

こういうコメントで得ることはある。それは文章って怖いなということがわかることだ。本人はわからないつもりでも、客観的にはバレバレになるのが文章。う~ん、奥が深い。