主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

カテゴリ: アクセスアップ対策

ブログ運営の目的はいろいろだけど、アクセス数と収入は一般には比例する傾向にあるのは原則です。そしてブログランキングサイトのランキングもそれは同じ。

でも、最近、ちょっと変わった現象が起きています。それはアクセスとランキングが下降気味なのに収益が上昇気味であること。

巷では、クリック率が高いアドセンスの配置とかネット上に出ているけれど、「あんまりあてにならないものだなあ。」と思う今日この頃。

結局、「こうすると効率がいいよ。」という情報はすでに過去の物なんですよね。そしてそれを書いた人には該当するけれど自分に当てはまるとは限らないということなのです。

グーグルは、日々、改善を試みているであろう企業です。だから、普通の人が攻略できるようなものではないし、攻略されない工夫をしているのだから、それは当たり前のことなのですよね。

そういえばユニクロ社長の出版本に「栄光は一日で捨て去れ」というタイトルの本があったけど、それはブログも同じかもね。

アクセスがいくらあった。

収入がいくらあった。

ランキングが何位だった。

そんなことは全て過去の事。

今ではないのです。

 

 

 

ブログ村のカテゴリ決めは結構大事です。選ぶカテゴリが、そのブログの方針と目的を表しているともいえます。

そしてカテゴリには名称以外に、すでに参加しているブログの「空気」が存在しています。

ありがちなのは「空気」に合わせて参加するかどうかを決めるということ。

でも、それでいいの?

もちろん、例えば読書のカテゴリに参加しているのに、読書の話が一つも出てこないのは論外。

今、ブログ村のカテゴリは、「最終的にはブログ村運営側が決める」という建前に代わっています。以前は、例えば明らかにカテゴリ違いの場合、おそらくはライバルブロガーが通報するんですよね。そしてブログ村運営側が「確かにカテゴリ違い」と判断すると、管理人にメールが行くようでした。

「恐れ入りますがカテゴリを○○から○○に変更をお願いします。」もしくは、「割り振り率を○○のカテゴリは○%以下くらいにしてください。」とかもあったみたいです。

ところが、現在は、ブログ村運営側が「カテゴリを変更させていただきました。」などの事後報告になっているようです。

とはいえ、これは通報があったか、運営側が目を付けた場合に限られると思うので、滅多にあるものではないと思います。また、通報する人というのはランキング上位にいられることが嫌だから通報すると思うので、カテ違いでも下位の場合は放置される傾向にあると推測します。

こういう運営側の方針の微細な変化も、こまめに規約やヘルプに目を通すことで見えてくるんですよね。ブログ村の攻略とか、ランキングアップのワザなどにお金を出して買うよりも、こういう一次情報を熟読するのが基本なんですよ。

攻略法とかワザなどの情報商材が販売されているとしたら、それらは二次以下の情報ですからね。何かを知りたいと思ったときの原則は誰かが言ったことじゃなくて、一次情報の原文をよく読む事なのですよね。

話がそれました。

カテゴリの話でした。そしてカテゴリの空気で参加の有無を決める必要はないんじゃないの?と私は思うのです。あくまでブログがカテゴリに合致しているならば、堂々と参加すればよいと思います。

だいたい、そういう空気を察して参加するかどうかしり込みするようでは、いずれにしてもブログに限らず上位には食い込めないのは鉄則なんです。

 

自分はブログの書き手ですが、同時に面白いブログはないかと探している読者でもあります。その時、私が利用するのはブログ村の新着記事一覧です。この一覧はすごく注視しています。

通常のランキングや注目記事は、いったん固定された上位ブログは滅多なことでは大きな変化がありません。

ここから読む記事を見ることは、「誰が発信しているか」に注目することになります。となるとランキング下位だけど質の良い記事を見つけられなくなります。

といっても、星の数ほどあるブログ。そこから良い記事を発掘するのは至難の業です。そこでピンと来るのはブログ村の新着記事なのです。ここにはブログの人気度に関係なく時間系列でタイトルが流れます。

そこからピンとくる記事を読むことは「誰が書いたか」ではなく「何を書いているか」に注目することです。だいたいタイトルでピンとくる記事は、高い確率で面白い記事であることが多いのです。

タイトルがパッとしない記事は中身もそれなりです。まれに、あえて注目されないようにわざとパッとしないタイトルを付けることもあるでしょうが、そういうブログは多くありません。

例えばこの記事のタイトルは、何ともさえないタイトルです。こういうタイトルの場合は、多くの人がスルーします。半分、備忘録目的のブログの記事タイトルは、このくらいに気の抜けたタイトルくらいがちょうどよいのです。

「これは」と思ったブログは、とりあえずブックマークします。少し記事を読んでみて、良さそうならRSS登録もしておきます。

それでここ最近、様子を見ていて感じるのは多くの人のブログが続かないことです。いっとき頻繁に更新していても、50%くらいの確率で半年くらいでやめてしまうようです。

途中で休止したくなっても、完全に削除をしないで、しばらくしたら、また気が向いたら書くという事を繰り返せば3年くらいの間にはそれなりの記事が蓄積されます。

やはり、ブログを訪問した時、途中で休止している時期があっても長く運営しているブログの方の印象は良いですね。

やめたくなったら、とりあえず放置して気が向いたら再開するでも良いと思いますよ。

 

ブログのランキングサイトで有名なのはブログ村と人気ブログランキングの2つです。結局、どっちがいいの?」という疑問がある方も多いでしょうが長年、ブログを書いてきて経験したことや率直な感想などを上げてみます。

ちなみに今日現在、サイトを確認したところ、それぞれの参加人数は下記のとおりです。

ブログ村 898,760人

人気ブログランキング 1,199,972人

です。

この数字を見て、どう考えますか?

「やっぱり人気ブログランキングの方が集客効果がある」と思いますか?

 

私の考えはNOです、結論を言うと、私の場合はやっぱりブログ村の方が断然良いです。そして、ブログ村というところは基本的にブロガー同士が読者でもあるということです。

だから初心者のブロガー以外は、ブログ村のポイントのシステムをある程度理解しています。だから、小手先のテクはあんまり通じません。

やはり、共感される記事はバナーをクリックしてもらえるし、そうでない記事はスルーされます。もちろん、自分では「これは反応良いのでは?」と思った記事が撃沈して、何となく書いた記事の評判が良い事もありますが。いずれにしても、読者さんたちは、正直でシビアです。

ブログ村の場合は、人気度に関係なく、ランキング意外に新着記事が時系列に表示されます。これが最大のメリットです。

それに対して、人気ブログランキングは、ランキングの表示しかされません。だからランキングが上位にならない限り、気付いてももらえないという状況になります。だから、人気のブログは延々と鎮座し続けますが、ブログ村の場合は運が良ければ、記事タイトルで興味を引いてもらえれば、アクセスが伸びる可能性は常にあります。

そして、ブログ村と人気ブログ村の両方のバナーを貼っていると、普通の人はわざわざ2つクリックしてくれるほどお人よしじゃありませんから、どちらか一方しかクリックしてくれません。となると、その分、ランキングも分散してしまうんですね。

2,3年前だったか「何かのキーを押しながら2つのバナーをクリックすると、一度の手間でできます」みたいな表記を見かけたのですが、「そこまで要求するか?」と、嫌な気持ちになり印象良くないからやめたほうがいいです。(最近は見かけません)

そしてブログ村の参加でアクセスは増えることを実感しているけれど、人気ブログランキングでは私の場合、あんまり変わりないですね。

ただ、ブログ村ではランキングはいまいちで人気ブログランキングでは上位ってこともあるので、それらを承知の上で参加するならそれもよしというところでしょうか。

 

もっとも、何を目的にランキングサイトを利用するのかにもよりますけどね。また、相性もあることでしょう。

そこをはっきりしないといけないのです。集客目的の人が多いとはいえ、本来、ブログというのは、そればっかりを目的にしている人ばっかりじゃじゃありませんからね~。

 

  1. 単に同じ趣味や悩みを持った人同士で集まりたいのか。

  2. 自分が良い情報を発見するためなのか。

  3. 集客をして収益化につなげたいのか。


1、2の目的だったら、人気ブログランキング、ブログ村、両方に登録と参加をして、できるだけ露出を多くすれば良いですよね。

そして、ワザとかテクを考える前に大事なのはサイトの規約やヘルプや新着情報によく目を通す癖をつけることです。

たとえば、トラコミュバナーでもポイントが入るってことを数年前は知っている人が少なかったようです。ところが誰かがトラコミュのバナーを貼ったうえで良心的に「このバナーを押すと当ブログにINポイントが入ります。避けたい場合はご注意ください。」と書いてくれているブロガーさんがいたんですね。私が知る限りでは、そのあたりからトラコミュのバナーを貼る人が少しずつ増えてきたように記憶しています。

ときどき、ブログ村の攻略方法を書いている他のブログを見かけるのですが、それを読むと「この人はヘルプや規約をきちんと確認しないで書いているな」というのがわかるんですね。攻略法を書くのならば、そういうところくらいは確認しないといけないですね。

誰かが規約やヘルプを熟読して気づいて実践していることを、さらりとマネするのは勝手ですが、マネの仕方を見ると「やっぱり規約やヘルプを読んでいないな」ということがわかるんですね。

ワザとかテクをフェアに行うとして、重要なのは人のブログのマネよりも、本家本元のサイト(ブログ村の規約やヘルプページ)を熟読することが基本中の基本なんですよ。すべてのヒントはそこに書いてあるんです。

 

 

タイトル通りですが、ブログ村というサイトがあります。このサイトに登録することで、アクセスが増えるか変わらないかという巷の疑問に私なりの答えを出してみます。

始めに、結論を言うとブログ村はアクセスアップに効果があります。

ちなみに、私のブログ歴は8年くらいです。ほぼ、初期のころからブログ村を使用してきました。ブログ運営をしたもので登録しなかったブログは2割ほどです。(ちなみに「効果がある」根拠となる運営ブログはこのブログのことではありません。)

つまり、稼働中のブログは、ほとんど登録してきました。

過去に利用したブログサイトは以下の通りです。

goo

アメーバ

ウェブリ

FC2

はてな

ライブドア

ワードプレス

ワードプレスを除いては、それぞれのサイトだけでも独自のランキングや新着情報に表示されるなどの表示のチャンスがあります。

けれども、ブログ村に登録以前と以後とでは、明らかにアクセスが変わります。

ブログを拡散させる方法にはランキングサイトではなく、SNSで拡散させることが基本と言われています。けれども、そもそもフォロワーの数が少ないと、即効性はありません。

運よく、影響力の高い人が、発見して拡散するなどがたまにあるかもしれませんが、確率は低いでしょう。

つまり、ごくごく普通の人が、特に取り立ててどうってことのないブログでも、ある程度アクセスに即効性があるのは、やはりブログ村です。

実際に、私も経験していますし、このブログでも軽く実験してみたことがあります。当初、ブログ村に登録していたのですが、一度退会したことがあります。(退会しなくても、ランキングに不参加する方法もあります。)

すると、もともとパッとしないアクセスが、いきなり落ちました。まれに検索で訪問する人もいますが、そこまでこのブログは育っていませんので、それはまれです。

備忘録目的ですから、アクセスは期待していないつもりでした。けれども「誰も読んでいない」と思うと、書く気が失せるものですね。

 

そこでもう一度、ブログ村に再登録することにしました。すると直後からいきなり増えました。もちろん、そのあとは更新のタイミングや、記事の内容でアクセスは前後します。けれどもブログ村の参加でアクセスが伸びることを改めて確信しました。

特にこのブログのように、ワードプレスの運営では、誰も知らない道端に広告なしで無名の店を出店するような状態です。

それでは訪問がないのは当然なのです。ある程度のアクセスのあるメインブログなどに、このブログのリンクを貼れば、簡単にアクセスを伸ばせるかもしれません。けれども、今のところ、それは行っていません。

というわけで、ブログ村に登録することで、ある程度、その分野に興味のある人が集まっているところに参加することになりますから、目に留まりやすくなるというわけです。

ちなみに、ブログ村にはINポイント、OUTポイント、PVポイントの3種類があります。実際のところ、このうちアクセスに効果があるのはINポイントだけです。PVポイントは、おそらくわざわざ見る人はあまりいないと推測しています。

PVポイントとはこのブログに「新着記事」を兼ねたブログ村のブログパーツを貼っています。それを貼ることで参加できます。普通の感覚ではPVポイント イコール アクセス数みたいに思うかもしれません。一般的にはそのブログの人気度を測るのはPV数です。だから例えば「PVランキングがカテゴリ1位です。」と書いてあると、すごいと思われそうですが、実はそれだけでは(PVランキングがカテゴリ1位というだけでは)何がどうすごいのか全く判断不可能なのです。

というのは、まずそのランキングが、総合ランキングなのか、カテゴリランキングなのか、仮にカテゴリランキングだとしても人気の激戦カテゴリと、不人気閑散カテゴリとでは「PVランキングカテゴリ1位」と言われても、どのくらいの人気度なのかがわからないのです。

こういうことは実際にブログ村を使ったことがある人でないとぴんと来ないかもしれません。

例えば人気の激戦区カテゴリでPVランキング1位であるというならば、それなりにそのブログの人気度(アクセス)があると推定できます。けれども不人気閑散カテゴリ(例えば、ここの「ノマドワーカー」とか)の1位とではその重みが天と地ほどに違ってくるのです。

もちろん、実際はかなりのアクセスがあるにもかかわらず、ブログ村での人気ランキングは下位のブログは存在します。それは、アクセスする人が多数いても、ブログ村のリンクをクリックしなければランキングがアップしないからです。

ブログ村のリンクをクリックするのは、ブログ村のシステムをある程度理解しており、そのブログのランキングアップに協力する目的でクリックしてくれる人と、単にそのリンクを見てみたいからクリックする人の2パターンあります。

どちらの目的でもクリックさえされればランキングに反映されます。そのため、多少は実際のアクセスとブログの人気度とにずれがあるケースもあります。

といっても、やはりブログ村での激戦カテゴリ上位のブログは、実際にアクセスそのものもある程度以上あります。そのブログによって、カテゴリ参加が1~3つまでありますので、分散させている場合は本当の人気度がわかりません。その際は総合ランキングを見ると、本当の人気度がわかります。

同時に、ランキング順位ではなく、INポイント、OUTポイントの数字(分散させたものではなく、トータルの)を見ても判断できます。

そして、INポイントが本来のランキングなのですが、中には不正をしていたり、ブログ村のリンクがされやすいような条件が重なっていてたまたま上位になっているブログもあります。PVランキングは、そもそもブログパーツを貼らないとランキングに参加できません。というわけで、実際のブログ村でのランキングというか人気度は、OUTポイントで見るのが正解なのです。

INポイントはまれに不正で得ているっぽいブログが存在しますが、OUTポイントはおそらくそういう事は無理なのではないかと思われます。

そして、何より重要なのは、ブログ村が効果があるかどうかと人の意見を読んで終わりにするだけではなく、実際に自分で使ってみることです。さらにただ使うだけではなく、時々自分で攻略(もちろん、正当な規約内で)を考えていろいろ試してみることです。

そうするうちに、相性の良いカテゴリとか、クリックしてくれる人が多いカテゴリとか、巷のネット情報では得られない実感がわかってきます。

ブログ村は月に3回まで登録内容を変更できます。ですから軌道に乗るまではその3回を利用して試行錯誤してみることです。

結論をもう一度言います。初心者で、まだブログに慣れていな方、そしてSNSのフォロワーなどもあまり持っていない方が手っ取り早く、安全にそこそこアクセスを伸ばすにはブログ村の効果はあります。

ある程度ブログのアクセスが伸びてくると、今度はブログ村のリンクを貼ることでブログに出口を作ってしまう事の葛藤に駆られるようになってきます。けれども、そこまで行く前に、まずはブログ村で集客を図り自分のブログのリピーターを獲得していくことが先決です。

そしてブログ村の人気カテゴリで上位になるほどに、よりアクセスが伸びやすくなります。行列のできるところにはさらに行列ができるのと同じ原理です。

また、直接のアクセスに関係なくても、様々な業界の人が、ブログ村をチェックしていることは間違いありません。何といってもカテゴリ別になっていますので、目的に合うブログを探しやすいのだと推測します。そして時にブログを通じて連絡が来ることもあります。もちろん、なかには自分にメリットがない内容や一方的な内容もあります。その辺は注意してスルーするなり連絡するなり確認を取るなりすればよい事です。

時にはそのような効果もありますので、直接のアクセス以外にもメリットはあると言えます。無名のブロガーほど、ブログ村に登録する意味があります。

 

 

 

ブログ村に参加している方は、INポイントをたくさん入れて欲しいって思っていますよね。それで通常のバナーを貼っていると思います。

でも、「なかなかINポイントが入らない」って残念に思っていませんか?

実はブログ村のランキングでINポイントが入るのはランキング用バナーだけではないのです。

「トラコミュ」・・最近は「テーマ」という名称に変わったようですが、このバナーを押してもらってもINポイントが入ります。

まだ知らない人がいたら、ぜひ試してみてくださいね。

そして、トラコミュ&テーマは、バナーをブログに貼らなくても記事単位で参加できます。それが最近、一日13記事まで可能になりました。

トラコミュに一日13記事自分の記事を貼れば、露出も増えて目に留まりやすくなります。ただ、実感ですが、あまり効果はないと感じています。

バナーの方はクリックする人が増えやすくなりますが、トラコミュの記事からこのブログに訪問する人は少ないです。これは私の場合はそうですが、みんなが同じとは限りませんので、まずは試してみてくださいね。

そして、アクセスを増やすには、できるだけ露出を増やすことです。そのうちブログ村の利用方法として効果的なのは

参加カテゴリの数が多いほど良いのです。理由は「新着記事」に自分のブログが表示されるからです。仮に参加カテゴリが1つの場合は記事を更新しても新着記事は1か所にしか表示されません。

けれども2か所であれば2か所に、3か所であれば3か所に表示されます。

そして、その場合、できるだけ多くの人の目に触れるために、参加者数が多いカテゴリに参加すると良いですね。

ただし、これにはデメリットもあります。それは、参加カテゴリが1つより3つになるとポイントも分散することです。その分、カテゴリのランキングは下になる可能性が高くなります。

そして、参加者数の多いカテゴリの登録は新着記事も多数なので、他のブログに埋もれやすいってこと。

その辺を天秤にかけて、

  • ランキング上位を目指すならば、参加者数が少ないカテゴリ&参加カテゴリを少なく、

  • アクセスそのものを増やす目的ならば、参加者数が多いカテゴリ&参加カテゴリを多くが基本です。


ただ、細かい方法は自分で工夫して考えて試してみて試行錯誤すると良いです。これはあくまで基本ですから、何が受けるかわかりません。

 

 

ブログに漫画の画像を入れているのって、普通に割と見かけますよね。それから、映画やドラマの紹介とか感想とかあらすじのブログに、その映像のスクリーンショットが入っているとか。読み物の本の見開きページの画像が入っていることがあります。その挿絵がブログのアイキャッチ代わりっぽくなっていることも。

こういうのって、いいの?といつも思うんですが、結論から言うとNGなんですよね。ただ、そんなにアクセスが少ないブログとか、そこそこアクセスがあるのかもしれないけれど、知名度が低い物は暗黙の了解みたいに、そもそも影響力が少ないから、個人の趣味の範囲という事にして見逃してあげているという事なんだと思います。

そして、一般のブロガーが「こういうのって、いいの?」と疑問に思ったとき、初心者ブロガーが参考にするのは有名ブロガーのブログなんです。

ところが、ある有名ブロガーさんは、しばしば本の見開きの画像をブログに載せているのを見かけるんですね。私は初め、それは著者から許可をもらっているか、もしくは著者か出版会社から献本があってのことなので、つまりは「許可を得ているから画像を載せている」と判断していました。

だから、有名ブロガーがブログに著作物の画像を載せているからと言って、私が自分のブログに同じようにできるということではないってことです。そう思っていました。

でも、有名ブロガーさんって初心者ブロガーは何かと参考にしますから、そうは思わずに知らず著作権侵害をしちゃってるって事もあるでしょうね。

当の有名ブロガーさんにすれば「そんなの知ったこっちゃない」って事になるんでしょうけどね。

でも、こういう事もあるので、わからない事は別途、調べて自分で確認する事は必要です。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない。」

を地でいくかどうかは自分の信念にかかってるって事です。

そして最近、もしかして、そのある有名ブロガーさんが、そもそも著者や出版会社などの許可を得ないで掲載していた可能性があるのかも・・・という気もしてきたんですね。(推測です。)そうじゃなかったらスミマセンてところですが、そんな風に思うようになったのは、その方に対する信用に揺らぎが出てきたからなんです。

一度そういう面が見えると全部疑ってしまう。



それは、本のキャプチャ以外の部分で、いろんな形でのウソや「知らなかった」風を装って事実とずいぶん違う事があると気づいたから。そして、そもそも、そういう規定などを「知らなかった」で済ませようとしているのか、ズボラなのか、とにかく「確認をする誠意がないのでは?」と思うような誠意の手抜きがあるということが、いろいろ見えてきたからなんです。

こうしてみると、ブログも普通の企業と同じく信用が大事だということですよね。一度失った信用は取り戻せません。

アクセスを稼ぐためには、少々強引な方法で行くというのは、ブラック企業と同じです。そういうブログを読みたいと思うかな。

 

↑このページのトップヘ