主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

カテゴリ: ブログ村

ブログ村のスマホ表示化がだいぶ進んでいるようです。と言っても全部のページが一律設定完了したわけじゃないみたいですね。カテゴリによっては、まだPC表示になる事も(気のせい?)

けれども、あんまりいい表示ではないという印象。ブログ村は読者として利用している面もあるわけですが、第一、画面を開くと最初に開いた画面の上半分がド~ンと広告です。これが非常に鬱陶しい。

そのせいで各カテゴリあたりで表示されるのは上位の3サイトのみ。しかも、こちらは日々の新しい記事を知りたくて訪問しているわけですが(rss登録するほどじゃないやつを見に行く)表示されるのはブログのアイコン、ブログタイトル、ハンドルネーム、キャッチフレーズだけなんです。

つまり、せっかく新しい記事を読みたくて訪問しているのに、目に入るのは毎度同じ情報ってことです。

これが非常に面白くない。(不満という意味じゃなくて)

ブログ村を訪問するのは、新しい記事を読みたいからなんです。ブログのアイコンや記事タイトルやキャッチコピーじゃない。

結局手動でPC表示にしていますけどね。

何というかこのスマホ表示の改善って、読者に寄り添っていないですね。広告収入が欲しいのはわかりますが、ちょっとやりすぎな気がするのは私だけなんでしょうか。

多分、昨日の午後以降でしょうか。ブログ村のスマホ表示が本格開始していますね。

正直、この表示は見ずらいなあと思っています。

その理由。

ブログ村が人気ブログランキングより、使いやすかった(見やすかった)利点がスマホ表示化で、なくなってしまいました。

それは各ブログの新着記事タイトル一覧を、眺めやすかったことです。人気ブログランキングも、パソコン表示である程度記事タイトルが表示されますが、ブログ単位だし、短いんですよね。だから上位のブログは、ますます上位で居続けますが、下位のブログで記事単位の良い記事を見つけにくいのです。

ブログ村もスマホ表示で、その傾向が大きくなったなと。ブログ村のスマホ表示では記事タイトル、ハンドルネーム、アイコン、ブログ概要しか表示されません。

なので、良い記事を発掘しにくくなっています。同時に下位のブログがますます見ずらくなっていますね。

一応、タブで新着記事を見られますが、それはカテゴリ別ではないので、自分が読みたい記事を探しにくい。

これによって、上位のブログはまずます上位に居続け、下位のブログがのし上がるチャンスが減りそうです。

以前、ブログ村はパソコンと同じ表示だったのですが(なぜか一部スマホ表示されるカテゴリはあった)文字は小さくても、判読は出来ていたので、特に不便を感じていなかったのになあ。

とにかく使いにくいです。

これによって、運営中のブログ村参加のブログのINポイントやアクセスに影響があるのかどうか、上位のブログにメリットは大きいですが、下位のブログにとっては改悪という印象を受けました。

 

 

一時、ブログ村でトラコミュのバナーを貼ることが流行し始めました。これまで、カテゴリなどの通常バナーだけではなく、トラコミュバナーでもインポイントが入る事は、あまり知られていなかったからです。

ところが、ひとたび知れ渡ると少しずつみんなが気付き始めました。するとほとんどのブログ村の参加者が、トラコミュのバナーを貼り始めました。

貼る数に制限がないので、10個以上貼っている人は珍しくありません。一見、ブログ管理人お気に入りのリンク集かに見えて実はランキングのインポイントが加算されるためのバナーなのです。

ただし、読者はブログ村に参加している人ばかりではありません。ブログ村のシステムを知らない新規読者には、まだ有効な可能性は残っています。

けれども、自分が一読者として他人のブログを見た時、そこにべたべたとブログ以外のリンクが貼ってあると鬱陶しいと感じます。同時にそのブログへの信頼が薄れます。必要以上にブログ管理人オリジナルではないものが貼ってあるのは、読者にとってはあまり好ましくないと感じます。

いずれにしても、初めにトラコミュのシステムに気づいた人は、早めに成果を出したことでしょう。それをきっかけに無名ブログを押し上げたかもしれません。

けれどもそれは先行者優位の原則が働きます。誰も気付いていないときに、一番に行うから効果があるんです。「2番じゃダメなんですか?」「ダメなんです。」これはブログに限らず全てにおける原則ですよね。

やり方を指南する情報が出回った頃は、もう遅い。全く効果がないとは言えるかわかりませんが、一番に気付いて実践した人にはかなわないでしょうね。

ブログ村のトラコミュは、バナーを貼ることでINポイントが入る隠れた(最近は誰でも知っている)機能です。

さらに、自分のブログの露出を増やすためには、参加カテゴリの新着記事一覧が基本であるのですが、トラコミュならば登録したカテゴリに関係なく、自由に記事単位でトラックバックできます。つまり、参加カテゴリの枠を超えて、集客を図ることが出来る機能なのです。

ただし、一日にトラックバックできる記事数は、かつては長らく10記事が上限でした。しかし、数か月前には13記事になり3記事アップ。「近いうちに15記事になる可能性あり」と記載があったわけですが、今日、確認したところ、15記事にアップされていました。

これをうまくいかせたらいいですね。

ただし、トラコミュの機能はバナーを貼ることの集客と、うまくいけばINポイントが稼げること、トラックバックをすることで露出を高めること、などが期待できるのですが、実際に期待通りに行くとは限りません。

それから、時にトラコミュのリンクだらけのブログを見かけます。記事が薄くてブログ村のリンクが半々の様なものも時にあります。こういうブログは、内容がそこそこ良くても印象は良くありませんね。それを書いているブロガーさんの人間性を疑ってしまいます。

確かに、トラコミュのバナーをたくさんあるほどにクリックしてもらいINポイントが入りやすくなりますが、反面、わかっている人は絶対に踏まないと思います。実際、私はそうです。

反対に、「このブログは、まだ目立たないけれどいい味あるな。」と思ったらブログ村のバナーを探してクリックして応援しています。

INポイントを投票的な応援的なリンクとみなすのか、コミュニティへの入り口とみなすのかはそれぞれですが、最終的にはブロガー、読者、運営サイト(ブログ村運営会社、ムラウチドットコムさんですね)のそれぞれにメリットがあることが理想です。

これはブログに限ったことじゃなくて、商売の基本ですね。ブログを商売というと身もふたもないと感じる人もいるでしょうが、つまりはそういう事です。規模や形態が違っていても商売の普遍の原則は全員に利があることだと思うのです。

だから、誰かが損をしたり誰かだけが得をするようなやり方は長続きしません。

今回の件も、トラコミュの上限が増えることで、ブロガーが喜び、読者はより多く多様な情報を目にする利があり、ブログ村運営サイトに多数の集客があるという事で全員にメリットがあるというわけですね。

ブログ村のカテゴリ決めは結構大事です。選ぶカテゴリが、そのブログの方針と目的を表しているともいえます。

そしてカテゴリには名称以外に、すでに参加しているブログの「空気」が存在しています。

ありがちなのは「空気」に合わせて参加するかどうかを決めるということ。

でも、それでいいの?

もちろん、例えば読書のカテゴリに参加しているのに、読書の話が一つも出てこないのは論外。

今、ブログ村のカテゴリは、「最終的にはブログ村運営側が決める」という建前に代わっています。以前は、例えば明らかにカテゴリ違いの場合、おそらくはライバルブロガーが通報するんですよね。そしてブログ村運営側が「確かにカテゴリ違い」と判断すると、管理人にメールが行くようでした。

「恐れ入りますがカテゴリを○○から○○に変更をお願いします。」もしくは、「割り振り率を○○のカテゴリは○%以下くらいにしてください。」とかもあったみたいです。

ところが、現在は、ブログ村運営側が「カテゴリを変更させていただきました。」などの事後報告になっているようです。

とはいえ、これは通報があったか、運営側が目を付けた場合に限られると思うので、滅多にあるものではないと思います。また、通報する人というのはランキング上位にいられることが嫌だから通報すると思うので、カテ違いでも下位の場合は放置される傾向にあると推測します。

こういう運営側の方針の微細な変化も、こまめに規約やヘルプに目を通すことで見えてくるんですよね。ブログ村の攻略とか、ランキングアップのワザなどにお金を出して買うよりも、こういう一次情報を熟読するのが基本なんですよ。

攻略法とかワザなどの情報商材が販売されているとしたら、それらは二次以下の情報ですからね。何かを知りたいと思ったときの原則は誰かが言ったことじゃなくて、一次情報の原文をよく読む事なのですよね。

話がそれました。

カテゴリの話でした。そしてカテゴリの空気で参加の有無を決める必要はないんじゃないの?と私は思うのです。あくまでブログがカテゴリに合致しているならば、堂々と参加すればよいと思います。

だいたい、そういう空気を察して参加するかどうかしり込みするようでは、いずれにしてもブログに限らず上位には食い込めないのは鉄則なんです。

 

自分はブログの書き手ですが、同時に面白いブログはないかと探している読者でもあります。その時、私が利用するのはブログ村の新着記事一覧です。この一覧はすごく注視しています。

通常のランキングや注目記事は、いったん固定された上位ブログは滅多なことでは大きな変化がありません。

ここから読む記事を見ることは、「誰が発信しているか」に注目することになります。となるとランキング下位だけど質の良い記事を見つけられなくなります。

といっても、星の数ほどあるブログ。そこから良い記事を発掘するのは至難の業です。そこでピンと来るのはブログ村の新着記事なのです。ここにはブログの人気度に関係なく時間系列でタイトルが流れます。

そこからピンとくる記事を読むことは「誰が書いたか」ではなく「何を書いているか」に注目することです。だいたいタイトルでピンとくる記事は、高い確率で面白い記事であることが多いのです。

タイトルがパッとしない記事は中身もそれなりです。まれに、あえて注目されないようにわざとパッとしないタイトルを付けることもあるでしょうが、そういうブログは多くありません。

例えばこの記事のタイトルは、何ともさえないタイトルです。こういうタイトルの場合は、多くの人がスルーします。半分、備忘録目的のブログの記事タイトルは、このくらいに気の抜けたタイトルくらいがちょうどよいのです。

「これは」と思ったブログは、とりあえずブックマークします。少し記事を読んでみて、良さそうならRSS登録もしておきます。

それでここ最近、様子を見ていて感じるのは多くの人のブログが続かないことです。いっとき頻繁に更新していても、50%くらいの確率で半年くらいでやめてしまうようです。

途中で休止したくなっても、完全に削除をしないで、しばらくしたら、また気が向いたら書くという事を繰り返せば3年くらいの間にはそれなりの記事が蓄積されます。

やはり、ブログを訪問した時、途中で休止している時期があっても長く運営しているブログの方の印象は良いですね。

やめたくなったら、とりあえず放置して気が向いたら再開するでも良いと思いますよ。

 

ブログのランキングサイトで有名なのはブログ村と人気ブログランキングの2つです。結局、どっちがいいの?」という疑問がある方も多いでしょうが長年、ブログを書いてきて経験したことや率直な感想などを上げてみます。

ちなみに今日現在、サイトを確認したところ、それぞれの参加人数は下記のとおりです。

ブログ村 898,760人

人気ブログランキング 1,199,972人

です。

この数字を見て、どう考えますか?

「やっぱり人気ブログランキングの方が集客効果がある」と思いますか?

 

私の考えはNOです、結論を言うと、私の場合はやっぱりブログ村の方が断然良いです。そして、ブログ村というところは基本的にブロガー同士が読者でもあるということです。

だから初心者のブロガー以外は、ブログ村のポイントのシステムをある程度理解しています。だから、小手先のテクはあんまり通じません。

やはり、共感される記事はバナーをクリックしてもらえるし、そうでない記事はスルーされます。もちろん、自分では「これは反応良いのでは?」と思った記事が撃沈して、何となく書いた記事の評判が良い事もありますが。いずれにしても、読者さんたちは、正直でシビアです。

ブログ村の場合は、人気度に関係なく、ランキング意外に新着記事が時系列に表示されます。これが最大のメリットです。

それに対して、人気ブログランキングは、ランキングの表示しかされません。だからランキングが上位にならない限り、気付いてももらえないという状況になります。だから、人気のブログは延々と鎮座し続けますが、ブログ村の場合は運が良ければ、記事タイトルで興味を引いてもらえれば、アクセスが伸びる可能性は常にあります。

そして、ブログ村と人気ブログ村の両方のバナーを貼っていると、普通の人はわざわざ2つクリックしてくれるほどお人よしじゃありませんから、どちらか一方しかクリックしてくれません。となると、その分、ランキングも分散してしまうんですね。

2,3年前だったか「何かのキーを押しながら2つのバナーをクリックすると、一度の手間でできます」みたいな表記を見かけたのですが、「そこまで要求するか?」と、嫌な気持ちになり印象良くないからやめたほうがいいです。(最近は見かけません)

そしてブログ村の参加でアクセスは増えることを実感しているけれど、人気ブログランキングでは私の場合、あんまり変わりないですね。

ただ、ブログ村ではランキングはいまいちで人気ブログランキングでは上位ってこともあるので、それらを承知の上で参加するならそれもよしというところでしょうか。

 

もっとも、何を目的にランキングサイトを利用するのかにもよりますけどね。また、相性もあることでしょう。

そこをはっきりしないといけないのです。集客目的の人が多いとはいえ、本来、ブログというのは、そればっかりを目的にしている人ばっかりじゃじゃありませんからね~。

 

  1. 単に同じ趣味や悩みを持った人同士で集まりたいのか。

  2. 自分が良い情報を発見するためなのか。

  3. 集客をして収益化につなげたいのか。


1、2の目的だったら、人気ブログランキング、ブログ村、両方に登録と参加をして、できるだけ露出を多くすれば良いですよね。

そして、ワザとかテクを考える前に大事なのはサイトの規約やヘルプや新着情報によく目を通す癖をつけることです。

たとえば、トラコミュバナーでもポイントが入るってことを数年前は知っている人が少なかったようです。ところが誰かがトラコミュのバナーを貼ったうえで良心的に「このバナーを押すと当ブログにINポイントが入ります。避けたい場合はご注意ください。」と書いてくれているブロガーさんがいたんですね。私が知る限りでは、そのあたりからトラコミュのバナーを貼る人が少しずつ増えてきたように記憶しています。

ときどき、ブログ村の攻略方法を書いている他のブログを見かけるのですが、それを読むと「この人はヘルプや規約をきちんと確認しないで書いているな」というのがわかるんですね。攻略法を書くのならば、そういうところくらいは確認しないといけないですね。

誰かが規約やヘルプを熟読して気づいて実践していることを、さらりとマネするのは勝手ですが、マネの仕方を見ると「やっぱり規約やヘルプを読んでいないな」ということがわかるんですね。

ワザとかテクをフェアに行うとして、重要なのは人のブログのマネよりも、本家本元のサイト(ブログ村の規約やヘルプページ)を熟読することが基本中の基本なんですよ。すべてのヒントはそこに書いてあるんです。

 

 

↑このページのトップヘ