主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

カテゴリ: アクセスアップについて

ブログ村開設後1年目くらいから利用しています。その中で実感したINポイントの獲得方法を紹介します。

え?教えて大丈夫なの?ってですか?

大丈夫です。

では。

ブログ村のINポイントが入るバナーをブログに貼る


当然ですが、これがなくては始まりません。また、まれにシステム変更その他でバナーをクリックしてもらってもポイントに反映しないため、更新されていることもあります。なので時々リンクを貼り直すなど、「おかしいな」と感じたら調整してみた方がいいです。

初めは中堅カテゴリに参加する


ブログ村のカテゴリでは、上位を独占しているベテラン人気ブロガーが集まっているようなカテゴリがあります。そういうところは人が集まりますが、上位のブロガーが目立ちすぎるので新参のブロガーは気づいてもらえません。

だから初めのうちはそういう激戦カテゴリを避けて中堅カテゴリに参加します。

INポイントとOUTポイントのバランスが不自然なブログが多いカテゴリは避ける


まれに「なぜ、このブログがこんなにINポイントが入っているんだろう?」というブログがあります。さらに、そういうブロガーが多いカテゴリもあります。

さきほど「中堅カテゴリ」と言いましたが、INポイントとOUTポイントのバランスを見ておかしいブログが多いカテゴリは避けましょう。

理由は、そのカテゴリの人気度はまやかしだからです。本当はそのブログやカテゴリが人気があるわけでもないのに、目先の人気度(らしさ)にまどわされて同じカテゴリに居ても集客は見込めません。

記事の更新頻度を上げる


当然ですが記事を更新しなくてはINポイントが入りようもありません。もちろん、更新しなくても過去記事に入れてもらえる場合もありますが、多くはありません。

ブログ管理人本人の気合が感じられると、読者も寄ってきます。管理人が放置するブログには読者も寄ってきません。

更新頻度は多いほど良いです。

はじめのうちはキーワードとか、記事の質とかあまり考えすぎずにとにかく「書く」事が大事です。

記事を更新すればブログ村の「新着記事」にも表示されるので露出が増えます。新着記事欄は人気ブロガーも駆け出しのブロガーも時系列に並びます。なので記事の更新頻度が駆け出しのブロガーにとって重要なことなんです。

満足してもらえるボリュームの記事を書く


グーグルの評価的には文章のボリュームがないと評価されません。でもはじめのうちは、その辺をあまり深く考える必要はありません。というのも、初めのうちはいずれにしろ、グーグルの評価が低いからです。

文章をたくさん書くのが得意なら良いですが苦手なら画像でもイラストでもグラフでも表でもいいので、自分が表現しやすい物で勝負します。

ただし、「え?これで終わり?」

と思われるような素っ気ない量ではなく、満足してもらえる内容を書くように心がけます。

はじめのうちは3つのカテゴリに参加する


ブログ村は3つのカテゴリまで参加できます。ただし、ランキングは分けるほどに分散します。なのでランキング上位を狙うなら、一つにまとめた方が良いかと迷う事でしょう。

様々な考えがあると思いますが、いずれにせよ、初めのうちはランキングが低いのです。であれば、「露出の機会を増やすこと」が重要です。

つまり3つのカテゴリに参加したほうが得です。その際、カテゴリには大きいカテゴリと小さいカテゴリがあります。

できれば大きいカテゴリが分散するようにした方が、より露出が高くなり目に留めてもらう機会が増えます。

ある程度INポイントが入るようになったら、2つか1つに絞るのも良いでしょう。

 

新しいトラコミュ(テーマ)を作り管理人になる


でも当たり前の事でしかINポイントが入りようないので仕方ありません。個人的にトラコミュ(ブログ村テーマ)にトラックバックしてもあまり効果はないみたいだと感じています。

ただしリンクを貼る分にはいいかもしれません。記事の内容に沿ったテーマのリンク(バナー)をその都度替えて貼るのが一番ですが、面倒くさいですよね。

もうひとつは、テーマを自分で新しく作り、管理人になる事も検討しましょう。ただし、古くからの人気テーマが目立つので新たに作っても見つけてもらえるかわからないし、トラックバックしてもらえるまでは時間がかかります。

検索されそうなキーワードで、まだ作られていないテーマが合ったら、作ってみてはどうでしょう。

管理人はリンクを貼られますので、うまくいけば、そこからも集客できます。

さいごに


 

長年ブログ村に参加した実感ですが、読者さんは正直です。「いい記事だな」と思えばINポイントを入れてくれるし「いまひとつ」と思えばスルーします。

まれにリンクに興味があってランキング応援という意味ではなくクリックする人もいるでしょうが、あまり多くはないようです。

結局は地道にコツコツ良い記事を書き続ける・・という事が一番の方法です。

 

ブログ運営の目的はいろいろだけど、アクセス数と収入は一般には比例する傾向にあるのは原則です。そしてブログランキングサイトのランキングもそれは同じ。

でも、最近、ちょっと変わった現象が起きています。それはアクセスとランキングが下降気味なのに収益が上昇気味であること。

巷では、クリック率が高いアドセンスの配置とかネット上に出ているけれど、「あんまりあてにならないものだなあ。」と思う今日この頃。

結局、「こうすると効率がいいよ。」という情報はすでに過去の物なんですよね。そしてそれを書いた人には該当するけれど自分に当てはまるとは限らないということなのです。

グーグルは、日々、改善を試みているであろう企業です。だから、普通の人が攻略できるようなものではないし、攻略されない工夫をしているのだから、それは当たり前のことなのですよね。

そういえばユニクロ社長の出版本に「栄光は一日で捨て去れ」というタイトルの本があったけど、それはブログも同じかもね。

アクセスがいくらあった。

収入がいくらあった。

ランキングが何位だった。

そんなことは全て過去の事。

今ではないのです。

 

 

 

タイトル通りですが、ブログ村というサイトがあります。このサイトに登録することで、アクセスが増えるか変わらないかという巷の疑問に私なりの答えを出してみます。

始めに、結論を言うとブログ村はアクセスアップに効果があります。

ちなみに、私のブログ歴は8年くらいです。ほぼ、初期のころからブログ村を使用してきました。ブログ運営をしたもので登録しなかったブログは2割ほどです。(ちなみに「効果がある」根拠となる運営ブログはこのブログのことではありません。)

つまり、稼働中のブログは、ほとんど登録してきました。

過去に利用したブログサイトは以下の通りです。

goo

アメーバ

ウェブリ

FC2

はてな

ライブドア

ワードプレス

ワードプレスを除いては、それぞれのサイトだけでも独自のランキングや新着情報に表示されるなどの表示のチャンスがあります。

けれども、ブログ村に登録以前と以後とでは、明らかにアクセスが変わります。

ブログを拡散させる方法にはランキングサイトではなく、SNSで拡散させることが基本と言われています。けれども、そもそもフォロワーの数が少ないと、即効性はありません。

運よく、影響力の高い人が、発見して拡散するなどがたまにあるかもしれませんが、確率は低いでしょう。

つまり、ごくごく普通の人が、特に取り立ててどうってことのないブログでも、ある程度アクセスに即効性があるのは、やはりブログ村です。

実際に、私も経験していますし、このブログでも軽く実験してみたことがあります。当初、ブログ村に登録していたのですが、一度退会したことがあります。(退会しなくても、ランキングに不参加する方法もあります。)

すると、もともとパッとしないアクセスが、いきなり落ちました。まれに検索で訪問する人もいますが、そこまでこのブログは育っていませんので、それはまれです。

備忘録目的ですから、アクセスは期待していないつもりでした。けれども「誰も読んでいない」と思うと、書く気が失せるものですね。

 

そこでもう一度、ブログ村に再登録することにしました。すると直後からいきなり増えました。もちろん、そのあとは更新のタイミングや、記事の内容でアクセスは前後します。けれどもブログ村の参加でアクセスが伸びることを改めて確信しました。

特にこのブログのように、ワードプレスの運営では、誰も知らない道端に広告なしで無名の店を出店するような状態です。

それでは訪問がないのは当然なのです。ある程度のアクセスのあるメインブログなどに、このブログのリンクを貼れば、簡単にアクセスを伸ばせるかもしれません。けれども、今のところ、それは行っていません。

というわけで、ブログ村に登録することで、ある程度、その分野に興味のある人が集まっているところに参加することになりますから、目に留まりやすくなるというわけです。

ちなみに、ブログ村にはINポイント、OUTポイント、PVポイントの3種類があります。実際のところ、このうちアクセスに効果があるのはINポイントだけです。PVポイントは、おそらくわざわざ見る人はあまりいないと推測しています。

PVポイントとはこのブログに「新着記事」を兼ねたブログ村のブログパーツを貼っています。それを貼ることで参加できます。普通の感覚ではPVポイント イコール アクセス数みたいに思うかもしれません。一般的にはそのブログの人気度を測るのはPV数です。だから例えば「PVランキングがカテゴリ1位です。」と書いてあると、すごいと思われそうですが、実はそれだけでは(PVランキングがカテゴリ1位というだけでは)何がどうすごいのか全く判断不可能なのです。

というのは、まずそのランキングが、総合ランキングなのか、カテゴリランキングなのか、仮にカテゴリランキングだとしても人気の激戦カテゴリと、不人気閑散カテゴリとでは「PVランキングカテゴリ1位」と言われても、どのくらいの人気度なのかがわからないのです。

こういうことは実際にブログ村を使ったことがある人でないとぴんと来ないかもしれません。

例えば人気の激戦区カテゴリでPVランキング1位であるというならば、それなりにそのブログの人気度(アクセス)があると推定できます。けれども不人気閑散カテゴリ(例えば、ここの「ノマドワーカー」とか)の1位とではその重みが天と地ほどに違ってくるのです。

もちろん、実際はかなりのアクセスがあるにもかかわらず、ブログ村での人気ランキングは下位のブログは存在します。それは、アクセスする人が多数いても、ブログ村のリンクをクリックしなければランキングがアップしないからです。

ブログ村のリンクをクリックするのは、ブログ村のシステムをある程度理解しており、そのブログのランキングアップに協力する目的でクリックしてくれる人と、単にそのリンクを見てみたいからクリックする人の2パターンあります。

どちらの目的でもクリックさえされればランキングに反映されます。そのため、多少は実際のアクセスとブログの人気度とにずれがあるケースもあります。

といっても、やはりブログ村での激戦カテゴリ上位のブログは、実際にアクセスそのものもある程度以上あります。そのブログによって、カテゴリ参加が1~3つまでありますので、分散させている場合は本当の人気度がわかりません。その際は総合ランキングを見ると、本当の人気度がわかります。

同時に、ランキング順位ではなく、INポイント、OUTポイントの数字(分散させたものではなく、トータルの)を見ても判断できます。

そして、INポイントが本来のランキングなのですが、中には不正をしていたり、ブログ村のリンクがされやすいような条件が重なっていてたまたま上位になっているブログもあります。PVランキングは、そもそもブログパーツを貼らないとランキングに参加できません。というわけで、実際のブログ村でのランキングというか人気度は、OUTポイントで見るのが正解なのです。

INポイントはまれに不正で得ているっぽいブログが存在しますが、OUTポイントはおそらくそういう事は無理なのではないかと思われます。

そして、何より重要なのは、ブログ村が効果があるかどうかと人の意見を読んで終わりにするだけではなく、実際に自分で使ってみることです。さらにただ使うだけではなく、時々自分で攻略(もちろん、正当な規約内で)を考えていろいろ試してみることです。

そうするうちに、相性の良いカテゴリとか、クリックしてくれる人が多いカテゴリとか、巷のネット情報では得られない実感がわかってきます。

ブログ村は月に3回まで登録内容を変更できます。ですから軌道に乗るまではその3回を利用して試行錯誤してみることです。

結論をもう一度言います。初心者で、まだブログに慣れていな方、そしてSNSのフォロワーなどもあまり持っていない方が手っ取り早く、安全にそこそこアクセスを伸ばすにはブログ村の効果はあります。

ある程度ブログのアクセスが伸びてくると、今度はブログ村のリンクを貼ることでブログに出口を作ってしまう事の葛藤に駆られるようになってきます。けれども、そこまで行く前に、まずはブログ村で集客を図り自分のブログのリピーターを獲得していくことが先決です。

そしてブログ村の人気カテゴリで上位になるほどに、よりアクセスが伸びやすくなります。行列のできるところにはさらに行列ができるのと同じ原理です。

また、直接のアクセスに関係なくても、様々な業界の人が、ブログ村をチェックしていることは間違いありません。何といってもカテゴリ別になっていますので、目的に合うブログを探しやすいのだと推測します。そして時にブログを通じて連絡が来ることもあります。もちろん、なかには自分にメリットがない内容や一方的な内容もあります。その辺は注意してスルーするなり連絡するなり確認を取るなりすればよい事です。

時にはそのような効果もありますので、直接のアクセス以外にもメリットはあると言えます。無名のブロガーほど、ブログ村に登録する意味があります。

 

 

 

ブログ村に参加している方は、INポイントをたくさん入れて欲しいって思っていますよね。それで通常のバナーを貼っていると思います。

でも、「なかなかINポイントが入らない」って残念に思っていませんか?

実はブログ村のランキングでINポイントが入るのはランキング用バナーだけではないのです。

「トラコミュ」・・最近は「テーマ」という名称に変わったようですが、このバナーを押してもらってもINポイントが入ります。

まだ知らない人がいたら、ぜひ試してみてくださいね。

そして、トラコミュ&テーマは、バナーをブログに貼らなくても記事単位で参加できます。それが最近、一日13記事まで可能になりました。

トラコミュに一日13記事自分の記事を貼れば、露出も増えて目に留まりやすくなります。ただ、実感ですが、あまり効果はないと感じています。

バナーの方はクリックする人が増えやすくなりますが、トラコミュの記事からこのブログに訪問する人は少ないです。これは私の場合はそうですが、みんなが同じとは限りませんので、まずは試してみてくださいね。

そして、アクセスを増やすには、できるだけ露出を増やすことです。そのうちブログ村の利用方法として効果的なのは

参加カテゴリの数が多いほど良いのです。理由は「新着記事」に自分のブログが表示されるからです。仮に参加カテゴリが1つの場合は記事を更新しても新着記事は1か所にしか表示されません。

けれども2か所であれば2か所に、3か所であれば3か所に表示されます。

そして、その場合、できるだけ多くの人の目に触れるために、参加者数が多いカテゴリに参加すると良いですね。

ただし、これにはデメリットもあります。それは、参加カテゴリが1つより3つになるとポイントも分散することです。その分、カテゴリのランキングは下になる可能性が高くなります。

そして、参加者数の多いカテゴリの登録は新着記事も多数なので、他のブログに埋もれやすいってこと。

その辺を天秤にかけて、

  • ランキング上位を目指すならば、参加者数が少ないカテゴリ&参加カテゴリを少なく、

  • アクセスそのものを増やす目的ならば、参加者数が多いカテゴリ&参加カテゴリを多くが基本です。


ただ、細かい方法は自分で工夫して考えて試してみて試行錯誤すると良いです。これはあくまで基本ですから、何が受けるかわかりません。

 

 

昨年、いろいろ検討したブログがあったのですが、年が明けてから開始しようと考えていました。

そうそう、ときどき読んでいるブログ主のかたが「リスク分散のために複数ブログ運営」に歩み出した話を書いていたんですけどね。「一日複数記事をアップしている人がいるけれど、1つのブログに集中するのはリスクが高い。」という話を書いていたんです。

それを読んで「あら、この人って1つのブログに一日複数記事を書いているブロガーは、それ以外に書いていないと思っているんだ。」とちょっと笑っちゃいましたよ。

確かにリスク分散のためにブログを複数に分けることは基本です。けれどもそれは1ブログに一日複数記事を書いていたら不可能なことではないんです。

メインブログに自分のサブブログのリンクを貼れば、簡単にアクセスを伸ばしやすいですよね。でも、メインとは別に書きたい内容ってないのかしら?

私はメインブログに自分のサブブログのリンクを一切貼っていません。そのうち1つくらいは貼ってもいいかなと思っているけれど。

それから、他のブログを見ていると「あら、この人、こういうサブブログを作ったのね。」というものを発見することが時々あります。たいてい、別人を装っています。うまく言えませんが、同一人物の運営だということはわかるものです。するとメインブログの設定も実は嘘があるのかなあなんていう目で見てしまうことも。

私は嘘がつけないたち・・と言うか、嘘はつじつま合わせが大変なのでそういう設定の新ブログは無理なんです。ブロガーは器用な人が多いんですね。

前回、グーグルアナリティクスの検索エンジン最適化を見られる設定を完了しました。それでスマホの簡易版と違い、改めてアクセスの多い記事やキーワードをチェックして驚いたことがあります。

メインブログについてですが、そのブログのアクセスが多いのは、私が意図しているメインの記事とは無縁の記事の割合がかなり多かったということ。

スマホ版で、そのブログはリピーターが8割、新規が2割くらいなので、てっきり意図している方向性の記事が人気なのだと勝手に思っていました。

いや、もしかすると、最初のきっかけはたまたまで、偶然訪れたブログを気に入ってリピーターになってくれているのかもしれない。

でも数字があらわす現実は私が思ったのとは全く違う物でした。ネタがないのでたまたま書いた私なりの主張などがほとんど入っていないような、単なるレポート的な記事。それプラスある共通点もある。

というわけで、全く気合の入っていないおまけのような存在のそれらの記事が実は私のブログへの流入に大きい存在があったとは。

 

こうしてみると、ブログの記事って、自分が思う「良い記事」と「世の中が求めている記事」にはブレがあることがあるのだなと。だからこそ、感覚にだけ頼らず、数字で見ることの重要性を改めて痛感したのでした。

 

自分がアップしようと思った記事を、とりあえず下書きして他のブログを読んでいると、全く同じ視点の記事を発見して、記事の更新がためらわれることがあります。実際、公開を見送ることがあります。

 

ランキングサイトで同じカテゴリに参加していると、「パクリじゃないか?」と思われそうってことです。後に公開したほうが当然不利です。

 

でも、「気にしすぎ&遠慮しすぎ&そんなこといちいち気にしていたらブログ更新できない」と考え直しました。そして少し間をおいて下書きのままにして保留にしていた記事を公開にしました。ところがです。わずかの差で先に類似内容の記事を書いたブログが、おそらく反撃に出られました。

 

多分、私がパクったと思ったのでしょう。その翌日、私が公開した記事タイトルとそっくりなキーワードで再び新しい記事を公開してきました。

 

だから・・・・そうじゃないのにっ。

 

さらに、そのブログ、私はライバル視しているつもりはないんでが、どうもヒシヒシとそういう気配を感じます。もっと穏やかに過ごしたいものです。

 

↑このページのトップヘ