主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

カテゴリ: その他の広告案件

アフィリエイターの人は、Googleのキーワードプランナーって使ってますよね。私は、活用しきれていないんですが、それとは別に、こういう物を眺めていると「世の中のからくり」がうっすら見えるというところがありますね。

というのは、試しに「主婦」とか「アフィリエイト」とかでキーワードを調べたとします。すると「入札価格」が表示されます。この金額がけっこう、高めです。といっても、だいたい数百円単位だけど。でもゼロとか、数十円とかじゃなくて、数百円というのは、結構、これで儲けたい人が一定数、それなりにいるってことよね?高いほどに広告主は「高い広告料を支払ってでもサイトに誘導したい」という目的があるということよね?

なぜ、高い広告料を払うのか?それは利益が大きいから。つまり、アフィリエイトとか主婦とかそういうものを求める層からは「ぼったくることができる」・・という言い方は大袈裟ですが、極端な話、そういうことでしょーね。

ブログで収入を得る事を濡れ手に粟みたいに思っている人は、そういうものに引っかかってしまうんだろうな。

 

実際は「主婦」と言ってもいろんな人がいるはず。学歴、職歴、出身地、子供がいるかいないか・・。ところが「主婦」でひとくくりにされているってことは、多分、主婦→情弱→在宅でお金を稼げるみたいな話を出せば食いついてくると思われてるってことでしょうね。

特にただの「主婦」というキーワードより「専業主婦」になると、その傾向が強くなっているような。働く主婦の場合は、ある程度社会との接点がある分、情弱度が低いから、せっかくなら兼業主婦よりも専業主婦のほうがぼったくりやすいと思われてるんでしょーね。

いや、例えば情報商材にしても、自分が何も知らなくていろいろかき集めるよりも、最初からまとまった情報を買えば時間が短縮できます。だから、そういう意味で全てがぼったくり・・とはいえないし、有料テンプレートあたりは、数千円~せいぜい1万円前後のものが多いみたいなので、テンプレートなんかは妥当な金額だと思うんです。

そして、改めて気が付いたのは、そういう有料テンプレートを売るには、はてなとかじゃなくて、ワードプレスを使ってくれていないと、売る前提がないんだということ。

だから、こういう物を売りたい人は、当然、「絶対ワードプレスにするべき!」と言う流れになるはず。

いやいや、はてなあたりを使うリスク、メリット、ワードプレスを使うリスク、メリットはどっちもあるんです。どれが正解かはやってみないとわからないし、各自の方針や好み、力量などにも左右されますよね。

ただ、少なくとも、世の中には「主婦」が在宅で収入を得たいというニーズが常にあって、そのニーズと欲求を利用すべく、そこでまた商売が成り立ってしまうという事実があるってことです。

キーワードプランナーをチェックしていると、時々、こんな風に、どういう分野が儲かると思われているのかが見えるので、世の中の事情を知るきっかけになりますね。

 

普通、アフィリエイトって言ったら、アドセンスとかだけじゃなくてA8netとかを使うのが基本中の基本ですよね。

でも私、ずっと登録しようと思いつつ放置していたんです。アドセンスとアマゾンと楽天だけでも、ほどほどの収益が出たから。

もっともその金額は、ものすごく稼いでいるアフィリエイターさんからすれば、とっても少ない金額です。

でも、何もわからず無料ブログで、おそるおそるアドセンスを開始したころに比べたら、一応はそれなりに伸びてきているし、もっと早く始めていればと思いますね。

で、最近、ようやくA8netに申し込んでみたんです。

あれって、新規登録してすぐに即時申請許可が出る企業さんのものがいくつかありますよね。最初に、よくわからなくてチェックの入っているところをのまま申請にしてしまったら、その流れでなぜか申請した覚えのない事後承諾制の企業さんのところに一か所チェックが入っていたんです。

あれ?と思ったんですが、削除せずに放置してみました。

ま、いいかと。

ところが、先日その企業さんから不許可の通知が来たんです。

社名を見てもよくわからないので、何の会社かと調べてみたら、アフィリエイトの会社でした。で、私がとりあえず申請したサイトは、まったくそういうニオイがないサイトなんですよね。そりゃ不許可になって当然です。

でも、氏名を無意味に垂れ流してしまったことだし、無意味で無駄な事をしたなと思います。(A8neは申請した広告主に氏名が通達されます)

そのサイトは、まだ全然伸びていないんですが、A8netを使う練習にしようと思ったわけです。様子を見て他のサイトを申請するか検討します。

やっぱり「無意味だな」と気付いたらその時点で削除しておかないとダメですね。

しかし、どうして申請されてしまったのか。よくわからないです。

メインブログには、時々、広告の提案案件のメールが来ます。けれども、たいていは「希望の数字を申告してください。」のように、漠然とした物なので、いつも無視していました。

それに私にはよくわからない専門用語が羅列してあるのも珍しくないのです。わからないんですが。そりゃわからない用語は調べれば良いのですがそこまでして、面識のない企業にコンタクトを取るかどうかというと、難しいですね。「最初からこんなに専門用語並べて、これからもわからないことがあったとき、きちんと教えてもらえないのでは?」とか思いますから。

けれども、先日は珍しく具体的な案件、企業名と金額がはっきり書いてありました。正直、悪くない数字です。専門用語もほとんど使っていませんでした。

ただし、アドセンスと同居させるについて、これがどうなのかな?という問題があるわけです。運営会社もそれなりの会社でした。

はっきり金額を明示しないのは、アドセンスより低いからなんでしょう。でも、今回の様にはっきり金額を書いてあるといつもはスルーしてゴミ箱行きだったのですが、そのメールはとりあえず保存しました。

どうせ提案するなら低くても高くてもできるだけ具体的に書いてくれた方が印象が良いですね。確かに、今後アドセンス頼みというのは危なっかしすぎます。しかし、新しく事を始めるのはそれなりに面倒もあるので、その辺の兼ね合いですね。

 

↑このページのトップヘ