主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

カテゴリ: ブログ運営

初期の頃の記事を読んでみた。ああ、こんな時代もあったなと懐かしい。何にも知らなかったんだね。けれども面倒くさいな。という気持ちを吹っ切って調べて1つ1つ形にしていった。で、それなりの形になった。と言っても今はちょっとダウンしているから新たな方向性を模索中だが。ユニクロの社長の本に「成功は一日で捨て去れ」という本がある。私は成功というたいそうな成功をしてはいないが、ブログ運営自体は開始当初は考えられなかった夢だったことも実現した。ただし、こう言ってはなんだが、実はその大いなるタイミングを全て受け入れたわけではない。せっかくの様々なチャンスに恵まれながら私は前に出ることを恐れ過ぎた。今にしてみればなぜ、私はあんなに臆病だったのだろうと思う。同時にそのチャンス自体を手放しで喜んだわけではない。というのも、そのチャンスは自分の中では想定内だったからだ。喜びはしたがどこか冷めた目で自分の様子を見ていた。全てが想定内であり降ってわいた幸運だとは思わなかった。一方で現在はまたペースダウンもしている。そういう波があるのも想定内だ。メインブログをどこまで育てるのか。放置するのか、方向転換するのか。よくわからないが、何か思いついたらまずはやってみようと思う。

FC2ブログからワードプレスに引っ越して、そのあとライブドアブログに引っ越したブログがある。FC2ブログはずっと残していた。だけどこの間「もう、いいかな。」と思ってFC2ブログを削除した。ところがだ、この間気付いたんだけど、FC2ブログで作った記事の画像が消えていた。やっちゃった。「でも、バックアップを取っていたはず。」確かCDロムにバックアップしていた気がする。パソコンにはなかった。いやもしかしたら、バックアップしていたつもりが、していなかったりしてね。ワードプレスから引っ越した記事はワードプレスのデータベースを消しても消えていなかった。FC2ブログの方は、どうやらブログを引っ越しても(ライブドアの場合ね)あくまでFC2から引っ張っていただけっぽい。これはブログサイトによって違うと思うので。何か私が勘違いしているだけかもしれないので、この記事は参考にしないで下さい。あくまで自分の備忘録です。

当たり前なんだけどブログで稼ぐには検索流入が大事なのよね。でも、私のメインブログ、運営はかなりいい加減なので検索流入は少ない。

でも、ここだけの話、ある記事が私のメインブログの検索流入の2割を保っている。いや、2割ってすごいよね。いかに検索流入が大事かってことがよくわかる。

そんで検索で来た人が他の記事を読んでくれてついでにリピーターになってくれるのが理想。

さらに私のメインブログはリピーターが多い。でも表立ってはわからないと思う。多分パソコンとかスマホに主導のお気に入り登録している人が多いからだろうね。

ということはITリテラシーとやらが高い人ではない、ごく普通の人。みんな声高に言わないけど、実はそういう人も世の中には多数いるってことで。

普段、ブログを運営しているとそういう事を忘れがちだよね。たった1つの記事が流入を支えていることもあるということ。そして思った以上に世の中は普通の人が多いという事。例えばブログでイケダハヤトさんは有名人。でも友人はみんな「知らない」と言う。

どんなに有名でも、テレビに映らない人のことは全く知らないという人もかなりいるということ。ここにブログ運営のいろんなヒントとアイディアが詰まってるという事だな。

ブログを「稼ぐ」に特化した場合、結局は続けられるかどうか、それにつきるよね。盛り上がっているときには更新したりオフ会したりと盛り上がる。でも、ある時期が過ぎると「あれは何だったの?」というように遠い過去になる。

飽きっぽいことは悪いことではないけどね。普通の人は飽きてやめていくから。そこが分岐点何だと思う。

人は3日後に受け取る1万円と1年後に受け取る3万円では前者を選ぶ傾向にあるって言われている。

盛り上がっているときには3日後に受け取る1万円のために必死。でも1年後に受け取る3万円の事は考えない。そこが違いだろうな。

ブログの収益化にアフィリエイトサイトの存在は欠かせない。でも、戸惑うことがひとつ。それは、自分が運営するサイト(ブログとか)を通して見えるかもしれないアカウントなりのIDとかの判別で同一運営が判明してしまうこと。

調べてみると、顔出し、名前出ししているようなブロガーをのぞき、アフィサイトは使い分けしているよう。

これが、サイト運営側にとっては、非常に面倒くさい。

つまり、率直に言えばアフィサイトのIDなどが外部に見えない様にして欲しいってこと。

そうすれば、もっと気軽に利用できるんだけどな。

 

「あるある」とはいえ、ワードプレスでプラグインサイトガードの関係で自分のブログにログインできなくなるという経験を最近しました。

それ以降、毎度自分のブログにログインするときには、いつもちょっと緊張します。ログイン画面がブルブルと横に震えるとドキッとします。単に入力間違いなのか、何かやらかしたのかと。

少し前には「もしかすると、あえて独自ドメイン&ワードプレスにこだわらなくていいんじゃないか?」なんて記事を書いたことがあります。

でも、今年の夏ごろからグーグルアドセンスの申請の審査は独自ドメインでなければ不可になっていたんですね。

少なくともアドセンスからみれば無料ブログの価値を低く置く予定だという意味ですね。

グーグルから検索順位を下げられることは、この世に存在しないも同じこと。となれば、無料ブログで独自ではないドメインは、今後容赦なく下位にさせられていくのかも。

ただ、現実には独自ドメインでも検索順位が上とは限らず、また、ちきりんさんのブログのように、無料ブログ&非独自ドメインでも、しっかりアクセスを稼いでいる方もいます。

要はどちらでも中身が大事ってことですね。

 

自分のブログ運営は、自分で経営をして自分を雇っているようなもの。これを企業にあてはめればブラック企業だと思う。もちろん、これは労働という面においてのブラックであって、何かやましい事をやっているという意味では当然ない。全くない。

休日はあるかないかわからないし、一日何時間労働しているかわからない。場合によっては早朝から勤務して、終業時刻は夜中だったりもする。

多分、ここ最近は、休日なんてほとんどとっていない。もちろん、一日中、パソコンに貼り付いているわけじゃない。

初めは好きでスタートしたことでも、収益化を目指すとビジネスになり義務感も生じる。そうすると、単に楽しいとか好きとかばかりではない場面も当然出てくる。

そして一人でやっているから、いろんな喜怒哀楽を共有できる人もいない。その代り成果は運であったりもするが、良くも悪くも結果は自分に返ってくる。

ただし、どれだけ割に合わない労働時間であろうと、自分の意志でやっていることだからそこに不満も悲壮感も出てこない。

要はブラック企業と思うかどうかというのは、やらされているか、自分の意志でやっているかの違いなんだろうな。

もっとも、悪質な本当のブラック企業の場合、劣悪な労働環境でも「自分の意志でやっている」と思うように仕向けるんだろうけれど。

 

↑このページのトップヘ