主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

カテゴリ: ブログ運営

情報商材を販売している専用のブログを読んでみました。情報商材って言っても価格や中身はピンキリだと思うのですが、その情報商材は低めの価格帯です。

それで読んでみたのですが・・感想・・

私はムリ!

いや、私が情報商材を買うとか販売しようと考えていたわけではないですよ。

アフィ商材の販売っていうのは、まず、それを製作して、販売しているメインの人、つまりは胴元さんがいるんですね。

で、たいていは、それを仲介する形で販売すると、一件当たり報酬がもらえるというシステムみたいです。

で、その報酬の割合だけ見れば結構大きい。

でも、こういうのって結局、儲かるのは胴元っていうのは原則中の原則。

宝クジもパチンコもコンビニチェーンも要は原則は一緒。


ただ、その方(製作しているんじゃなくて仲介する形で販売する人・つまりはこれもアフィリエイトなわけですね)のサポートブログを読むと、だいたい仲介で販売する人は複数いるので、他の仲介販売人と差をつけるために「特典」というのを付けるみたい。

その特典って、あちこち眺めてみると、千差万別みたいです。(見てないから評価はできないけど)で、今回、私が読んでみた方の特典は、かなり念を入れて作った模様。

その他、個別に購入者からの質問にも対応しているみたい。

その報酬が万単位というなら、それもありなんでしょうが、正直「割に合うのかなあ」と思った次第です。

まあ、購入者の質問が、その方からすれば、些細な質問であれば、どうということないのかもしれないけど、「うわっ、たいへんそ!」としか思えませんでした。

情報商材っていうと、詐欺とか、濡れ手に粟のイメージがありますよね。確かにそういうのもあるんだと思う。

けれども、そのブロガーさんのように、「割に合うのかな?」と心配になるほど、手間をかけて販売して、そもそもの販売価格がそんなに大きくないものを扱っている人もいるんだなと。

その方に限ってみれば、割に合わない作業をたくさんやっているので、濡れ手に粟ってことは全然ないことがわかります。

もっとも、数をこなせれば、割に合う仕事になるんでしょうけどね。

逆に言えば、その方はそれだけ時間とエネルギーを割けるなら、その商材を販売するんじゃなくて、別のところにエネルギーを使う方がもっと稼げるんじゃないかなとかなんとか思ったのです。



 

 

自分が楽しむために面白いブログを発見すると嬉しいですよね。最近、少しばかり面白いブログにはある法則があるのを発見しました。

まず、ワードプレス、独自ドメイン等で有料で運営されている物よりも無料ブログで独自ではないドメインで運営されている物が狙いめです。

有料で運営しているブログは少なからず収益化をもくろんでいるわけです。だからグーグルに怒られそうな記事を避けたりしてしまう傾向があるからでしょう。その点、無料ブログで欠いている人は、その辺、ある意味自由なんですよね。自由度が高いから面白い記事をかけるんです。

無料ブログは多数ありますが、時代によって小さい流行がありますね。その中でも確率的に面白いブログが見つかりやすいのは、FC2ブログ、seesaaブログあたりで書かれているものなんです。

無料でもアメブロは芸能人とか、若いお姉さんがキャッキャ言いながら書いている雰囲気があって、なんだかなあな印象。インテリア、ファッションなどのトレンド物には強いんでしょうけどね。

男性参加も多いはてなブログは、中には面白い物もあるけれど、ブクマというコミュニティサービスがあるので、良くも悪くもそれ狙いのような印象が否めない。内輪で盛り上がっている感じがどうも。

そして今だにFC2で運営し続けている人って、揺るがない人だなあとも思うのです。運営代表がいろいろありましたよね。その時に他のブログに移動した人はかなりいるはず。私もそう。

ところが今だ、そこで変わらず書き続けている人って結構いるのよね。seesaaブログは、はてなブログあたりが、強固なコミュニティのシステムで盛り上がりを見せていても、いまだにどこか地味な雰囲気です。そして相変わらず、そこで書き続けている人も変わらない。

だからこそ数年前からFC2,seesaaブログあたりで淡々と記事を更新し続けている人のブログは面白いものが多いのかなと。

 

 

 

ブロガーさんが書く書評を読んで本を買う事は時々あります。でも、書評に引用されている本文の引用文って、読みます?

私、読まないんですよね。

特に引用文が1~3行ならまだしも、10行くらいの長い長い引用文。これは絶対に読みません。面倒くさいから。自分でさえそうなんだから、他の人も似たようなものでしょう。

もし、10行を引用するなら、3行×3か所くらいに途中で短く区切った方がいいんじゃないでしょうかね。

本を読む習慣のある私でさえそうなのですから、そうじゃない人はなおさら読みたくなくなっちゃうんじゃないでしょうかね。

それでも書評のタイトルをクリックするのは、「それを書いているブロガーの主観を知りたいから」なんです。

もちろん、感激した本文を引用して「読者に共有してもらいたい。」その熱意だけは伝わるかな。でも、熱意だけ大きくてもせっかく書いた文章が読まれなきゃしょうがないんですよね。読まれない文章は存在しないも同じなんです。

自分が思う以上に、人は面倒くさがり屋です。ましてや、無名のブロガーの記事ならなおさら。

 

ブログの醍醐味はコミュニティにもありますよね。特に読者からのコメントなどが嬉しい人も多いですよね。

そして、中には質問をしてくる方もいるのですが、いろんなケースがあります。そのとき、結果として求めているのは「一応」は「回答」なのですが、行間を読むと実は次のパターンであってりします。

気を使ったミスの指摘

質問の形をとって、ミスを指摘するケースです。これは、「あなたのこの話は違うんじゃない?」というと角が立ちますので、質問することでミスに気付いてもらおうという、考えてみれば親切な人です。たまに、こういう方がいます。

本当は非難

何らかの理由で、「私のブログを好ましく思っていない」という事が根底にあって質問するケースです。たとえば、たまたま私のブログで、その人が良いと思っている物や事と反対の辞令を推奨する話題を読み「自分が良いと思う物を非難された」と誤読するケース。全世界に向けて発信することは、誰がどんなふうに誤読するかわからないリスクを抱えています。

書いていない事を誤読で質問されるのが一番困る

Aの話題を書いた直後にAにかすってはいるけれど、全然関係ない質問をされて???だらけだったのですが、文字の見間違えで勘違いしているのか、半年以上前の過去記事についての言及なのか、よくわからない質問が来ることがあります。

質問の論理が破綻しているケース

一般の方

さらには、その文章自体の論理が破綻しているケース、これも困ります。まともに返答できないんですね。こういうときに、「Aという質問をしていますが、Aとは一言も書いていませんが?」みたいなことを書くと怒らせると思います。この手のコメントには相手の言い分を決して否定しないこと、新たな情報を出さない事が鉄則です。

学生さん

 

一般の人なら「まあ、しかたないなあ」で、適当にやんわりと返事を返します。ですが以前迷ったのは学生さんからの質問です。

本当にその大学に在籍しているか確認しようがないのですが、本当だとすれば偏差値65くらいの(もしかするともっと上?)大学の学生さんです。その方から質問が来たのですが、そもそも質問の論理が破綻しているんです。本当は、丁寧に返事したいと思いました。でも考えた末、スルーすることにしました。ちょっと心が痛んだのですが、その論理の破たん具合に私も少しだけ傷ついたから。大人げない・・か。

そして、こう言っては何ですが、仮にその質問がたとえ論理が破綻していても、偏差値中堅以下くらいの学生さんになら返事をしたかもしれません。けれどもスルーすることで「なぜ、スルーされたか考えてくれ」というメッセージのつもり・・。そのくらいのレベルの大学の学生なら、もっと文章をきちんと考えて書いて欲しいということ。当人はそんなこと気付いていないかもしれないけどね。

 

 

ワードプレスの更新をしたら、ログイン画面がこれまでは「ユーザー名」だったのが「ユーザー名またはメールアドレス」に変わりました。

これ、まずいんじゃないの?って思うのです。

というのは、ユーザー名は極秘にすることで、不穏な事を企む輩から、ユーザー名とパスワードという2本立てのガードがあるために、不正ログインができにくいからです。

もっとも、私はその他に、認証文字を入れる3本立てにしてあるので3つのガードがある状態でした。

けれども、登録メールアドレスは、他にも使用しているので、どこからか、何らかのタイミングで、つながりを知られた場合、3本のガードは2本に、2本のガードは1本になってしまいます。

しいていえば、メリットがあるとすれば、何らかの事情でユーザー名がわからなくなったとき、メールアドレスでログインできるという保険代わりになるかなという気はします。

ただ、最近、世の中にはマネーフォワードのように、銀行などのログインパスワードでさえ自ら提供する場面は多くなっています。

ただ、ワードプレスがなぜ、こういう変更にしたのかよくわからないところ。

これ、はてなブログなんかは、IDが公開されているんですよね。部分的に消す方法はあるけれど、利用している人たちは積極的にIDを公開しあっている感じです。

これは成りすましを防ぐことで、匿名ではあるけれど、ある程度の信ぴょう性を出す効果がある・・みたいなことを意図しているんでしょうかね。

はてなブログはIDを公開して利用するのが基本なので、ログインまでのハードルはパスワードだけなんですよね。これって、今のところ、問題ないからそうしているんだろうし、ワードプレスは世界中の人が使っているのでハッカーも世界中に居て狙っているけれど、はてなの場合は、基本、日本の中で日本語を使う人だけに限定されているから、大丈夫・・みたいな感じなのかな?

最近、思うんですよ。

本当に独自ドメインで運営するのがベストなのだろうかと。

というのは、無料ブログならば、そのサイトが存続していてさえいれば放置していても作成したブログは延々と存続しいつづけるわけです。

ところが独自ドメイン、またはレンタルサーバーで運営しているブログは、自分がその更新の管理を怠ったらそこでパーになってしまいます。

万が一、自分に何らかの突発的な事情が起きて、更新がと絶えたとします。そしたらその時点でパーになってしまうわけ。

有名ブロガーのちきりんさんは、はてなのなかでも、さらに古いタイプの、はてなダイアリーで運営しているんですよね、確か。

しかも独自ドメインではない。

ちきりんさんは記事は全部ワードで書いて保存もしてあると、どこかで読んだと思うのですが、無料ブログで運営してても、そういう風にさえしてあれば、そのほうがいいんだろうかと思ったり。

サーバーやワードプレスのメンテも要らないしね。

独自ドメインを持っていれば、ブログサイト利用の場合、そのままグーグルの評価を引き継げるということなのよね。

 

ブログを長らく運営していると、しばしば通る道なのかもしれないけれど、正直、これが一番キツイ。それはパクられること。でも、そのブログサイトでは前々から何度も同じようなことがあったわけ。そのブログは、パクリ癖みたいなものがあるって察しているから、気のせいではないってことはわかるわけ。当然、あからさまなミラーサイトや記事のコピペではありません。さらりと書いた記事を詳しく書いてみるとか、他の話を織り交ぜるとか、順番を変えるとか、言い回しを変えるとか、そういう感じでパクリとは言えない風には出来上がっているわけ。一回くらいなら「まあ、たまたまだろう。」とか、音楽の世界でもたまに事件になっているけれど、「あまりにその曲が好きなので、知らず身についてしまい、オリジナルとパクリの区別がつかなくなってしまいました。」みたいな言い訳とか、年中、行動を共にしている親友同士の服装が似てくるように、「悪意なく似てしまう」ということは世の中ではあるかもしれない。それから、それらの該当しないけれど、「所詮、人の考えは似たような物」ということもあるでしょう。けれど、そのブログは、ちょっと違うんだなあ。本当に困ったなあ・・という感じ。著作物を書いているってことは、誰もが多かれ少なかれ通る道なのか?

↑このページのトップヘ