主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

カテゴリ: グーグルアドセンスについて

「ブログはオワコン」と言われて久しいけど、オワコンではない。この場合のオワコンとは収益化できるかどうかって視点のことね。

私は全然稼いでいないけど、なんだかんだでブログ経由の収益がずっと続いているよ。もちろん、波はある。けれどもブログ記事は、書いたら終わりじゃない。書いたら後は記事が働いて収益を生み出してくれる。

反面、パートに出るにしてもアルバイトにしても、正社員でも、自分の働きが自分がいなくても収益を生むことはないよね。あくまで自分という体が働いてその時間を過ごしていないとお金はもらえない。

でもブログなどの収益は、自分がいなくても自分の分身みたいなものが収益を生み出す。この金額は大小ではなくて、少なくても一度自分が生み出した収益の元が以後は勝手に働いてくれるという事実に気づくか気づかないかでお金や稼ぎ方の概念は変わるのよね。これが大きい。

いくらユーチューバーが注目されていても、文字を読む文化は消えない。だから全盛期のようなわけにはいかないとしても、ブログの収益化はゼロにはならないから、何らかの形で続けておいたほうがいいよね。

グーグルアドセンスの収益がガタ落ちです。
多分これはコロナの影響。

企業が広告にお金を出さなければ当然収益は下がる。
緊急化で広告は当然削られるよね。

こういう事態は日ごろから想定しないといけないわけで、
アドセンス頼みという状態は回避しないといけない。

私の場合、
たいした他の収益は現状はない。

けれども手軽な収益化として手っ取り早いのは
楽天とアマゾンのアフィリエイトだよね。

誰しも知らないところから買いたくないけど
楽天とAmazonなら安心だから割と気軽にクリックしてくれる。

Amazonは1日くらいしかリンクを踏んでもらった効果がない。
でも楽天は一か月ある。

もちろん、その間に効力が切れてしまうことはある。
だけど一か月効果が持続する可能性があるのは大きい。

だからいかにリンクを踏んでもらうかが大事。

リンクを踏んでもらったり広告収入を得ることに後ろめたいと思う人がいるかもしれない。
でもその考えはあらためた方がいい。

なぜなら、良い情報ならリンクを踏んでも知りたいと思うから。
少なくとも私はそう。


日本人はお金を稼ぐことを汚い、卑しいと勘違いしている人が多い。
アマゾンレビューなどでは「最近、ブログにアフィばかり貼ってる」というコメも見かける。

こういう人って、知らない誰かが自分のために時間を割いて、有益な情報をタダで無報酬で出さなければならないと思ってるんだろうね。理想の世界で生きているというか。


そもそも記事を書く背景には、膨大なコストと時間と手間がかかっている。
だからそれに対して相応の報酬を得ること、つまりアフィなどで収益を得ることに罪悪感を抱く必要は全くない。

しかもアフィ広告は、みたい人だけが進む種類のもので、興味がない人はスルー出来るし、ただで情報だけ吸い取ることも可能なわけだよね。



お金を稼ぐことに対して、罪悪感を持つのはやめよう。
アドセンスがダメなら、他の手段を考えればいいだけのこと。

さて、これからどうしようか。

最近、ガクッとアドセンスの収益が落ちた。だけどこれは思い当たる原因がいくつかあった。第一、大御所ブロガーでさえ「アフィの収益減」と言っている。確かにそれも原因だとは思う。だけど何かがおかしいと勘が働いた。

それで最近、勘の具体的な理由が見えた。もちろんそれは、収益減の全ての理由ではない。あくまで可能性だ。それはアドセンスのあるサイトの広告だ。つまり、このサイト(アドセンスの広告)から収益を横取りという言い方は何だが、極端な言い方をすればそういう状況になっていたのだと思う。

本来、広告のクリックが増えることは望ましいと思うよね。だけど、その広告は違った。自分のブログと競合するから、訪問者はわたしのブログを回遊せずにそのサイトに流れる。離脱も増え、さらには収益につながったかもしれない、別の広告を見てもらう機会もなくなるということ。

それに気づいて、早速アドセンスの設定画面を開いた。個別にその広告主の広告を外すことができる設定がある。これで二度とURLなどが変わらなければ当分はわたしのブログには現れないだろう。

なんてことだ。これまで一体何日の間、私は自分のブログにライバルサイトを何か所にも掲載していたわけだ。何でもかんでも、クリックしてもらえばいいってもんではない。

とりあえず気付いたのは、ある1つのサイトなのだが、ここ数か月収益が激減した現象がどう変わるか変わらないか、興味があるよね。

2015年の9月にこんな記事を書いていました。
アドセンス審査用に作ったブログをワードプレスに引っ越したいが・・

審査用ブログとはアドセンスの審査を通過させるために作ったブログのこと。ただ、現在はアドセンス審査は独自ドメインのサイトのみに変わってるのよね。当時はブログサービスの非独自ドメインでも審査できたんです。だから商用OKのブログサービスを使って審査用ブログを気軽に作ることができたってわけ。で、当時の疑問は審査用に作ったブログを通過後に削除してもいいのかという疑問。

今にして思えば、問題ないと私は判断してますよ。ただし自己責任でお願いしますね~。

結論から言うと、審査用に作ったブログ、まだ削除してないの。月に1~2回気が向いたら更新してる。以前は、いつのまにか記事がたまってきたから、何かに使おうかと考えたこともある。

結局は保留中。・・放置しても非独自ドメイン&無料ブログだからリスクはいっさいない。

無料ブログで非独自ドメインなので、放置しても問題があるわけでもない。これが独自ドメインの場合、お金を支払う以外に少々のメンテナンスも必要になるのよね。

ブログを運営するなら絶対独自ドメイン!という声が多い中、私は最近疑問を持ち始めている。というのも、例えば「クレジットカードのよみもの」さんとか非独自ドメインでもうまく運営されていますね。そしてほら、あのfc2ブログでさえ存続しているし。

ましてや、他のブログサービスなら、どこかが引き継ぐのではと。いきなりなくなるなんてことは、ほぼ考えられないと思う。

確かに本気で運営するなら独自ドメインが有利だろうし、現在はアドセンスの審査を通過できなくなっている。けれどもそれは、内容がイマイチのサイトの場合であって、内容が充実しているならグーグルは実際の人気度(便宜上そう言います)を優先するのでは?

変な話、自分に何かあったとき、独自ドメインと有料プランとかワードプレスではメンテナンスや支払いが滞る可能性がある。家族がそこまで代わりにできるかと言えば難しい。その点、無料ブログ&非独自ドメインなら基本、放置しても存続できる。(一定期間更新しないと削除とかの規約ができたら別だが)

ブログは全盛期の時「このブログは一生運営する」と思うけどどんなことも絶対はない。だからどんなに今が順調でも、リスク分散で将来の種まきが必要だろうね。そもそもアドセンス自体、いつまであるかわからないし、ネット広告と言う概念が変わる可能性だってある。

逆に広告に頼らない収益作りも必要ってことだろうね。このあたりはイケダハヤトさんが意識しておられるようですが。






最近知ったのですが、グーグルアドセンスの新規申請は独自ドメインだけになったようですね。私が申請したころはseesaa&独自ではないドメインで申請してアカウントを取得しました。

そこで、アドセンスの申請をハードルが高いとあきらめる人がいるようです。あるブログをたまたま読んだんですが「年間1万円稼ぐなんて99・9%無理」とか書いている人がいてびっくり。月一万円じゃなくて、年間一万円を無理とあきらめるなんて!年間一万円というのは、独自ドメインとレンタルサーバーで運営する費用分ということですね。

やってみなけりゃわからないじゃない!

とりあえず、やってみて、無理だと思ってからでもいいんじゃないの?あきらめるのは。

私の考えですが、もしその人なら、こうします!

①独自ドメインを取得する。(年間1,000円くらい。もっと安いのももちろんあり。ただ「.(ドットの後ろは普通にcomとかnetとか普通のにしたほうがいい。変なのにすると警戒されることもあります。)

②ライブドアブログで①で取得したドメインでブログを書く

 

 

・・これで完成です。

なんでライブドアブログかというと、独自ドメインでも無料で利用できるからです。そして何より初心者でも画面構成が使いやすいからです。

それから、ワードプレスと違い、ライブドアブログにはそれ自体、露出が高いですからアクセスアップのスピードが早いともいえます。

ただしその代り欠点があります。それはスマホの広告枠はライブドアブログのものだということです。最近の閲覧は6割くらいはスマホですから、アドセンスで月に1万円稼いでも自分に入るのは4千円くらいになってしまうということです。

ただ、いきなりレンタルサーバーを使って始めることが不安な人にとっては、準備も前知識もいらないので、独自ドメインで最初にやるにはちょうどいいでしょう。もし、アクセスが伸びたら他のサイトなり(はてな有料プランとか)、レンタルサーバー&ワードプレスを使う事を考えてもいいのです。

まずは、自分が出来る範囲で「できるんだ」という実感を得ることが大事ですね。

そして本気でアクセスを増やしたいなら、できるだけ更新頻度を増やすことです。毎日が理想です。アクセス数は更新頻度に比例します。そもそも記事がなければ訪問する意味がないですからね。

初めのうちは記事が少ないのでサイトのメリットも薄いのは当然です。だからこそ、更新頻度を上げてサイトのボリュームを早くアップする事が必要なんです。

そして納得のいく記事を少しより、少々粗削りでも良いから更新頻度を上げる方が良いです。そもそも、記事のクォリティなんて、自分が思う物と読者が望む物にはズレがあるんです。この辺は「わかったブログ」のかん吉さんもよく言っておられます。その他イケダハヤトさんのブログも「数をこなすほどにうまくなる」と言っておられます。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ということもあります。はじめのうちは、自分が記事の良しあしを判断できる力量などないのです。

そもそもアドセンスで収益を上げられるかどうか、なんていうのも「無理」と思えばその通りだし、「そんなことはない」と始めた人だけが収益を手にできるんです。

話しは戻りますが独自ドメインとなって、ビビる必要はありません。しいて言えば昔流行ったのかもしれないけど無料ブログで量産するような種類のやり方をやりにくくなったというだけのこと。

 

その日、アドセンスの収入が、たったこれだけ???なんで???

落ち着け!

きっと表示が遅れているだけなんだ!

そうだそうだ。きっとそうだ。

スマホのアプリからパソコンでアドセンスの画面にログイン。

スマホと同じだ。

え~っ!

いや、アドセンス側の表示がきっと遅れているだけだ。

きっとそうだ。

半日ほど様子を見る。

再びスマホを確認。

一円も増えていない。

パソコンを確認。

スマホと同じ。

 

「アドセンス・収入・突然激減」

で検索してみる。

 

すると

「スマートプライシング」という文字がずらずら~っとヒットしました。

何?

調べてみると、サイトごとに広告単価を変えるシステムのようです。同じ広告でもAさんのaサイトと、Bさんのbサイトで広告単価を変えているっていうシステムだそう。単価の増減の基準は非公開らしいです。が、普通に考えて広告主のためになっていないサイトは低く、広告主にとって成果があるサイトは高いということになるのは当然でしょうね。

「もしかして、私のサイトが突然、価値のないサイト扱いを受けたってこと???ええ~???どうして??」

本当に意味がわかりませんでした。

もしかして、その日書いた記事になにかNGワードでも含んでいるのかと何度も読み返したけど。いつもの様な普通の記事だし。

青くなったのですが、もう一度パソコンでアドセンスの画面を開いてみました。何かヒントになる表示があるかもしれないと思ったのです。で、何気にアドセンスの数字を見ると・・

「あれ?いつも通りになっている!」

スマホを見たらパソコン同様、普通の数字になっていました。

ホッ!!!

というわけで、何らかのタイミングなのか、たまたま数字の表示が遅れていただけのようです。

でも、アドセンス頼みというのは怖いと思った瞬間でした。

スマートプライシングというシステムを覚えたのは収穫だったけど。

いやですよね。

マンガ広告。

自分のブログに出たらイメージダウンですよ。

なのでブロックしてやりました。

ただし、それなりに手間がかかりました。

まずはマンガ系広告のURL一覧を公開して下さっている方がいたので、それを貼り付けました。が、アドセンスの広告をチェックすると出ているんです。

そういう広告を外すと収入が低下するかも。と思いましたが、そういう広告はやっぱりいらないんです。

ひとつチェックすると同じ広告主の広告を表示ブロックを一気にできるので時間が許す限りですが一応ブロックしておきました。

もしかするとそれ以外にまた出てくるかもしれませんが、少しは効果があるでしょう。

 

↑このページのトップヘ