主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

カテゴリ: アフィリエイト

全くの趣味ブログ、検索順位が上がってきた。ただしあるキーワードで検索した場合だけど。少し前には、そのブログに初めてある問い合わせが入った。進歩だ。どうと言うことない問い合わせだけど。一応貼っているアフィ広告も発生だけでちょこっと収益の兆しが見えた。記事もたまってきたし、将来のサブブログになるといいな。こんな風に時間が必要なブログってあるからね。こつこつ地道な作業が必要。

予想外にブログの収益化が短期間で実現したらどうします?更新頻度を開けます?そのまま同じペースで続けます?

当然、答えは「同じペースで続ける」が正解です。そもそもブログは生ものなんです。更新をストップしても少しの間なら影響はないにしても。やっぱり読者はブロガーのエネルギー、関心が薄れたブログに魅力を感じないんです。

まあ、人の勝手なんですけどね。

ブログの収益化って、言ってみればどこか慈愛の精神(なんて書くと怪しげだけど)みたいなものが根底にあることが大事だと思うのよね。

もちろん、ブログをタダで読める事を提供していることと、広告をクリックしてもらえるかもしれない可能性でお互いの利害関係が一致している状態ではある。

でも、「広告クリックして~」という気持ちばかりが強すぎると、その対等な立場が崩れてしまうのよね。

または、記事の更新が滞りがちだったのに、何かアピールしたいことが起きた時だけ更新する・・みたいな状況も「自分さえ良ければいい。」という感じがするから感じよくはない。まあこれも「人の勝手」なんですけど。

気に入らなきゃそのブログに訪問しなければいいだけなので、そういう面では読者はいつでもブロガーと対等に立つことはできます。

ただ、「ブロガーにとって都合のよい時だけ更新するブログ」というのは、初めから読者とブロガーの対等な関係が傾いていることなんです。つまりブロガーには「愛」がないと見えるわけ。

結局人は「愛」を感じるところに集まってくる。ブロガーの利だけに比重があるブログには魅力がない。更新が滞ったブログの収益化が落ちてくるのはそういうことなんだろうな。

一方で、しようと思えば実行できる頭脳はあるはずなのに、あえてブログを一切収益化していない日記ブログとかあるよね。定期的に感心しながら訪問している主婦ブログがあるんだけど、その人はずっと淡々と日記ブログを更新しているわけ。おそらく読者への「愛」というのとは違うと思うけど、少なくとも「自分さえ儲かればいい」というにおいは一切感じないのよね。

いや、お金を欲しいと思う事が悪いわけじゃないんです。お金は堂々と稼いだらいい。ただ、ちょっと自分のブログを収益化できたからと言って「すごい」と勘違いしたり(自虐感よりはましだけど)油断してすぐ更新頻度を低くするのはもったいないと思うってことです。

 

最近知ったのですが、グーグルアドセンスの新規申請は独自ドメインだけになったようですね。私が申請したころはseesaa&独自ではないドメインで申請してアカウントを取得しました。

そこで、アドセンスの申請をハードルが高いとあきらめる人がいるようです。あるブログをたまたま読んだんですが「年間1万円稼ぐなんて99・9%無理」とか書いている人がいてびっくり。月一万円じゃなくて、年間一万円を無理とあきらめるなんて!年間一万円というのは、独自ドメインとレンタルサーバーで運営する費用分ということですね。

やってみなけりゃわからないじゃない!

とりあえず、やってみて、無理だと思ってからでもいいんじゃないの?あきらめるのは。

私の考えですが、もしその人なら、こうします!

①独自ドメインを取得する。(年間1,000円くらい。もっと安いのももちろんあり。ただ「.(ドットの後ろは普通にcomとかnetとか普通のにしたほうがいい。変なのにすると警戒されることもあります。)

②ライブドアブログで①で取得したドメインでブログを書く

 

 

・・これで完成です。

なんでライブドアブログかというと、独自ドメインでも無料で利用できるからです。そして何より初心者でも画面構成が使いやすいからです。

それから、ワードプレスと違い、ライブドアブログにはそれ自体、露出が高いですからアクセスアップのスピードが早いともいえます。

ただしその代り欠点があります。それはスマホの広告枠はライブドアブログのものだということです。最近の閲覧は6割くらいはスマホですから、アドセンスで月に1万円稼いでも自分に入るのは4千円くらいになってしまうということです。

ただ、いきなりレンタルサーバーを使って始めることが不安な人にとっては、準備も前知識もいらないので、独自ドメインで最初にやるにはちょうどいいでしょう。もし、アクセスが伸びたら他のサイトなり(はてな有料プランとか)、レンタルサーバー&ワードプレスを使う事を考えてもいいのです。

まずは、自分が出来る範囲で「できるんだ」という実感を得ることが大事ですね。

そして本気でアクセスを増やしたいなら、できるだけ更新頻度を増やすことです。毎日が理想です。アクセス数は更新頻度に比例します。そもそも記事がなければ訪問する意味がないですからね。

初めのうちは記事が少ないのでサイトのメリットも薄いのは当然です。だからこそ、更新頻度を上げてサイトのボリュームを早くアップする事が必要なんです。

そして納得のいく記事を少しより、少々粗削りでも良いから更新頻度を上げる方が良いです。そもそも、記事のクォリティなんて、自分が思う物と読者が望む物にはズレがあるんです。この辺は「わかったブログ」のかん吉さんもよく言っておられます。その他イケダハヤトさんのブログも「数をこなすほどにうまくなる」と言っておられます。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ということもあります。はじめのうちは、自分が記事の良しあしを判断できる力量などないのです。

そもそもアドセンスで収益を上げられるかどうか、なんていうのも「無理」と思えばその通りだし、「そんなことはない」と始めた人だけが収益を手にできるんです。

話しは戻りますが独自ドメインとなって、ビビる必要はありません。しいて言えば昔流行ったのかもしれないけど無料ブログで量産するような種類のやり方をやりにくくなったというだけのこと。

 

その日、アドセンスの収入が、たったこれだけ???なんで???

落ち着け!

きっと表示が遅れているだけなんだ!

そうだそうだ。きっとそうだ。

スマホのアプリからパソコンでアドセンスの画面にログイン。

スマホと同じだ。

え~っ!

いや、アドセンス側の表示がきっと遅れているだけだ。

きっとそうだ。

半日ほど様子を見る。

再びスマホを確認。

一円も増えていない。

パソコンを確認。

スマホと同じ。

 

「アドセンス・収入・突然激減」

で検索してみる。

 

すると

「スマートプライシング」という文字がずらずら~っとヒットしました。

何?

調べてみると、サイトごとに広告単価を変えるシステムのようです。同じ広告でもAさんのaサイトと、Bさんのbサイトで広告単価を変えているっていうシステムだそう。単価の増減の基準は非公開らしいです。が、普通に考えて広告主のためになっていないサイトは低く、広告主にとって成果があるサイトは高いということになるのは当然でしょうね。

「もしかして、私のサイトが突然、価値のないサイト扱いを受けたってこと???ええ~???どうして??」

本当に意味がわかりませんでした。

もしかして、その日書いた記事になにかNGワードでも含んでいるのかと何度も読み返したけど。いつもの様な普通の記事だし。

青くなったのですが、もう一度パソコンでアドセンスの画面を開いてみました。何かヒントになる表示があるかもしれないと思ったのです。で、何気にアドセンスの数字を見ると・・

「あれ?いつも通りになっている!」

スマホを見たらパソコン同様、普通の数字になっていました。

ホッ!!!

というわけで、何らかのタイミングなのか、たまたま数字の表示が遅れていただけのようです。

でも、アドセンス頼みというのは怖いと思った瞬間でした。

スマートプライシングというシステムを覚えたのは収穫だったけど。

私はサイト収益化に関する情報商材を見た事が一度もありません。だから、比較はしていません。それに、数千円~1万円を少し超える程度の物に関してはサポートや特典をトータルで総合的に見れば、作成や対応の労力を考えれば、価格相応、下手をすると赤字ってこともあるんじゃないかと思います。

ただ、数千円~1万円ちょっとという金額が、切羽詰まった人にとっては大金であることもあるでしょうね。その人が出す数千円~一万円ちょっとは清水の舞台から降りるくらいの気持ちで買う人もいることでしょう。

けれども、初心者にもかかわらず、そういうものに目を留めたということは、お金を稼ぐという様なキーワードで検索しまくった結果であるのは違いありません。そういうものはコンビニやスーパーや書店では売っていないからです。ネットを媒介しないと目にする機会がありません。つまり、相応の検索するだけの時間はあるという証拠です。

あちこちたまたま目に入るその手の商材は、たいてい「読む」事が基本になっているようですよね。当たり前です。だったら、現物を見て買えない商材を買うんじゃなくて、本屋さんに行ってWEB関連の本を探す方が安上がりだし、現物を見られるので、自分が理解できるレベルかどうか、を確認できますよね。

商材を売っている人にしたら「内容が違う!」と怒るかもしれませんが、どっちにしたって、初心者なんだったら、初めは書店で売られている本に書いてあることをマスターするのは一緒じゃないのかなと思うんです。商材だろうが本だろうが、どっちも読まなくちゃ始まらないんですから。

最近、ニーズがあるのか続々その手の本が発売されているみたいですし。だいたい一冊2千円くらいですよ。こういう物を買って、基本的な事をやってみることが先なんじゃないのかなあと思います。

「主婦がブログを収益化して稼ぐ」という事を検索したりすると、ヒットする情報の多くは情報商材の購入を促すサイトでしょう。そうした人たちはしっかりSEO対策をしているからです。

確かに、そういう方法は基本でしょうね。

でも、先日久しぶりに見たある主婦ブログ。この方のブログは、かつてかなりの人気ブログでした。(今もだと思う)ブログ村のあるカテゴリでは常にトップに位置していました。

当時、何も知らなかった私は、この方のアフィリエイトバナーを随分踏みました(;'∀')。その方は、多分結構なアクセスがあると思われますが、いまだに無料ブログを使っているし、グーグルアドセンスは使っていなくて、アマゾンアソシエイトも使っていなくてアフィバナーは楽天アフィリエイトのみ。

ところが、最近久しぶりにのぞいたら、自作の作品をあるサイトを経由して販売しているんですね。そして、それが売れている様子。

もちろん、量産できないから、ものすごい収益ってわけではないでしょう。けれども、自分でネット上に店を出す!ようなことをしなくても、今はそうやって趣味を気軽に収益化できる時代なんですね。

以前はヤフオクあたりでそういう物を売るのが定番だったと思いますが、ヤフオクもそれなりに面倒ですからね。

そのサイトはハンドメイドなどの個人の作品を売るためのサイトのようです。売れたら10%の手数料が引かれて入金になるというシンプルなシステムのよう。

これなら自分でサイトを作りこんだりSEOの事を考えなくて済みますよね。

必ずしも、頑張ってブログやサイトでSEO対策をしなくても、中身が素敵なブログは必ず主婦は発見するものです。ブログ村あたりに登録しておけば、多少時間がかかってもじわじわ人気は出てくるはず。

そうすると、後はリピーターが読みに来るので、SEOをがんばらなくても、そこそこ収益化できるってことですね。

世の中に出回るサイト作り系の情報商材のうち、初心者向けのものって、目標が月収3万円くらいの設定というものがありますよね。そのくらいなら、ハンドメイドが好きならサイト作りよりもそっちにエネルギーを注ぐという方法のほうがストレスがないという道もあるってこと。

人によってはサイト作りもハンドメイドも苦手だからコンビニバイトの方がいいと思うかもしれません。

情報商材を買う人は「本当に稼げますか?」としつこく質問するらしいですが、「稼げません」と答えがでるはずがありません。どんなことでも濡れ手に粟はないので、自分が苦痛に思わない方向性に合わせるってことも大事なんじゃないかと思います。

無料ブログでも、アドセンスを使わなくても、SEO対策をしなくても、多分それなりにブログを経由して稼いでいる主婦っていると思うのです。

稼ぐスタイルを1つに決めないことも大事なんじゃないかな~

タイトルの通りなのですが、そういうことです。

トラッキングコードとIDはデフォルトでは同じです。ところがIDと同じトラッキングコード以外に、個別にコードを作成できます。するとサイトごとの成果を確認できるというメリットがあるのです。

それからこれも最近気付いたのですがアマゾンアソシエイトの報酬ってキャッシュを銀行に振り込んでもらう事も出来たんですね。これって前から?

報酬額が500円以上ならアマゾンギフト券で受け取れます。振込入金は5000円になるまで保留にされます。確か手数料はいらないみたいなので振込に変更しちゃいました。

どうせアマゾンで買い物するから一緒かなあと思ったのですが、よく考えるとそうじゃないのです。

アマゾンギフト券チャージタイプで購入すると、支払った時にポイントが付くんですよね。だからいったん、キャッシュで受け取り改めてアマゾンギフト券をチャージタイプで買ったほうが得ってこと。

↑このページのトップヘ