主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

カテゴリ: Windows

ブログのやり取り用に独自ドメインのメール設定をしてみました。前々から、やろうやろうと思って放置。フリーメールアドレスを使っていたわけです。

ロリポップのライトプランではメールアドレスを無制限に作れるわけですが(確か)その送受信ってどうやるの?ってことを調べないまま放置してました。

何のことはない。設定した独自ドメインのアドレスは自動的に作られてあって、あとはそれををWEBメーラーに設定するだけというのが基本。

することは、パスワードの設定だけです。これでロリポップのWEBメーラーにログインすればいいだけ。

ただし、これだと、メールが来たことをリアルタイムで知ることができないわけです。なので、5つまでメールを好きなところに転送できます。ロリポップのWEBメーラーに転送したメールを残すか残さないかの設定はここでチェックを入れるか外すかだけです。

とりあえずGメールに転送を設定しました。

さらにGメールは無料なのに何でもありですごいのですが、Gメールでロリポップで作ったそのメールを送受信もできちゃいます。

ただ、ここでテスト送信をしてみると「本当にhttp://○○.comから送信された物か確認できません」という表示と、赤いカギマークの表示がでます。調べてみると赤いカギマークが出るのは暗号送信されていないということらしい。

暗号送信する方法は2種類あって、共有SSL送信と 独自SSL送信というのがあるんですね。共有SSL送信はロリポップのライトプランでそのまま使えるけど、ドメインが変わってしまうので受信者に不安を抱かせてしまう可能性があるらしい。

独自SSLは、銀行に口座申し込みフォームを入力して送信すると「https」という緑のバーになるあれ。これを設定するには月額1,500円必要なんだって。

で、共有SSLの設定はGメールは対象の項目になかったので、Windowsメールで設定してみようと思い立ったのです。

これがまあ、ちょっとこの前要らないアプリを消した時、消してしまっていたようで。

調べたら「システムの復旧」で復旧できたのですが、メールの設定「できた!」と思ったら、今度はchromeが開けないのですよ。(この前、設定しなおしたばっかり)

結局、アンインストールして、EPからインストールし直しました。(無事使えています。)

こんな風にちょっと「独自ドメインのメール設定しちゃおうかな~」と思ったら、いろいろ放置していた問題が続々ハードルとなって立ちはだかり気がつけば半日経過してました。

ただ、Windowsメールの設定をしたけれど、テスト送信してみると、相変わらず赤いカギマークは出るんですよね。

これは、近いうちじっくり調べてみようと思います。

Windowsメールって初めて使ってみたけれど、OutlookやGmailと比べて拍子抜けするくらい画面がシンプルでびっくりしました。

他の方のブログを見ていると、ときどきドキッとすることがありますね。それは画像です。お出かけ先でのスナップ写真とかなんですが、他人が映り込む事は当然あるわけです。そのとき、無関係の方の顔の処理をされていない物が多いですね。

私はあとで問題になるといけないので、画像をアップする前に必ずチェックして個人が特定できないように画像処理をしています。

具体的には顔を塗りつぶす、モザイクを掛ける、ぼかす、トリミングでカットする、モノクロ、モノクロに近い画像にする、光の加減を調整する、などですね。

顔を加工しても、状況では服装や場所、持ち物で「あれ?」って事もありそうなときには、その辺も適当に加工しちゃいます。

以前は、その加工も面倒だったんですが、(ペイントで加工するとか、ソフトで加工するとか)今はWindowsについているフォトで処理すれば、塗りつぶし以外はだいたい一気に加工できますから簡単です。

といっても、新聞とか雑誌とか見ると案外、その辺は適当だなあと思うことがあります。テレビもそう。結構、そのときたまたま近くにいて映り込んだ人って、何の処理もされずに公開されていますよね。

別にやましいことがないにしても、自分は無関係の人の写真や映像に映ったらいやだなあと思います。自分がされたくないから、他人のこともそうしています。

この辺の規制をあんまり厳しくするわけにはいかないんだろうけど、少なくとも自分のブログではその辺、気を遣っています。

 

 

 

Windows8.1の場合、パソコンを立ち上げると最初にアプリが並んでいる画面が現れます。これまでは、初めからデスクトップ画面が表示されたのですが、たいていはデスクトップ画面に移動しますよね。だから無駄に1クッション手間が必要になるんです。

ささいな手間といえばそれまでなのですが、ここは設定を変えておくことにしました。

設定方法は簡単です。

  1.  タスクバーの上で右クリックします。

  2. 「プロパティ」をクリックします。

  3. 「ナビゲーション」タブをクリックします。

  4. 「サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップに移動する」にチェックを入れます。

  5. 「OK」ボタンを押します。


これだけです。

これはパソコンに複数のアカウントを設定していれば、アカウントごとに設定が必要です。

ちょっとした手間を省くように設定しておけば、あとはずっと簡単になります。いろいろ工夫しておきたいですね。

 

今朝のニュースでインターネットエクスプローラーが最新版しかサポートをしないという話を見ました。実は以前に予告されていたようです。でも、私は数年前にブラウザをchromeに変更していました。だからインターネットエクスプローラーの話はあまり気にしていなかったんです。

使っていないと言っても完全にインターネットエクスプローラーを停止して使えなくしているわけではありません。それは、ごくまれにですがインターネットエクスプローラーしか使えないサイトとかがあったんです。詳しい理由はわかりませんが、とにかくそういうサイトがありました。

だからパソコンを使っている以上、完全に絶つわけにもいかず、一応残しておいたんです。そして現在はパソコンを昨年買い替えたのです。これは本当に良かったと思います。普段インターネットエクスプローラーを使わないけれども、たまに使うときがあるかもしれないし、間違って開いてしまうこともあるかもしれません。

新しいパソコンは当然最新版のインターネットエクスプローラー11になっていました。けれどもまだ古いパソコンではVISTAのままです。今さら新しいウインドウズをインストールすることはしません。

そしてこちらのバージョンを確認したらアップデートを自動でしているのにインターネットエクスプローラー9でした。理由は簡単で、それまでしか対応していないんですね。仕方ないから間違ってインターネットエクスプローラーを使わない事に注意して、どうしても必要な時は新しいパソコンを使うようにします。

ってほとんど古いパソコンは使っていないのですが。パソコン自体は行かれていないのに、ソフトが使えなかったり、データがいっぱいで重かったりするんですね。CドライブからDドライブに移すのは簡単そうなのでやってみようかと思ったのですが、動かなくなるソフトもあるそうなので、やめておきました。

とりあえず、さっさとパソコンを買い替えて置いてよかったです。XPばかりが注目されていたけれどVISTAだって実質危険なんですよね。インターネットエクスプローラーの最新版を入れられないんだから。VISTAはすでにサポートは20121年に終了していて現在は2017年4月11日までの延長サポート期間なんだそうです。あと1年ちょっとあると思ったら大間違いだったんですね。

そしてブラウザをchromeにしておいてよかった。

旧ブログを整理中です。その際に、いろいろ調べごとが出てきます。参考になるサイトを見ながら操作することがよくあります。メモを取ることもありますが、やっぱりサイトの説明を見ながら操作するのが一番。

そこで、スマホで説明を見ながら、パソコンで表示したりしますが、スマホの場合、コピーしたいコードなどをパソコンにペーストできませんよね。

ブラウザを2つ開けておいてタブで切り替えもできますが、そうすると「コピペ」は何とかなりますが、「見ながら操作」は隣に見えているわけではありません。

そこで「1つの画面に左右に表示する方法」を探してみました。

最初に見つけた方法は、クロームから無料のアプリかなにかをダウンロードする物です。この機能を使うと、比率や左右だけでなくて上下などいろいろ選べます。

でも、そこまでの機能は求めないんですよね。普通に左右に表示できればそれでいいの。

そこで、さらにググってみると何だ、あるじゃないですか。

 

思いっきり簡単です。ダウンロードも何もいらない。もっと早く気付いていれば。

方法はwindows8.1の場合です。

右側に表示したい画面をクリックして、パソコンのキーボードのWindowsのキーを押しながら、→キーを押します。すると右半分に洗濯した画面が表示されます。

次に、左側に表示したい画面をクリックします。次に同じようにパソコンのWindowsキーを押しながら←キーを押します。すると右側に選択した画面が表示されます。

いや~簡単簡単。

知っている人多いかもしれませんが、とりあえず記録。

 

新しいパソコンには、officeプレミアム付き(エクセル、ワード、アウトルック)でした。と言っても、元から入っているわけではなくて、購入時にプロダクトキーが書いてある紙が付属していて、それを入力するという方法です。これ自体は何の問題もなくスムーズに完了しました。

ところが、続いて予め通販で買っておいたPowerPoint2013(シリアルナンバーを使う物)のインストールが何度やってもうまくいきません。

結論として、解決しましたが、今回はその経緯を書いておきます。

まず、マイクロソフト社のサポートページでいろいろ調べてみました。それに書いてあることは一応、一通りやってみました。(既に入っているofficeソフトをアンインストールというもの以外)

けれども改善せず。このほか、ブラウザをchromeからインターネットエクスプローラでやってみたりもしました。

症状としては、シリアルナンバーがアカウントに登録されたことはアカウント画面に表示されています。なので、シリアルナンバーが間違っているなどの問題でもありません。

インストールのボタンを押すと、PowerPointのファイルのアイコンがパソコンの左下に表示されます。これを指示通りにクリック。そして次の画面で「変更してよろしいですか?」の問いに「はい」をクリック。そしてこのあとからインストールがスタートする画面に変わるはずが、そこで止まってしまいます。

初めは単に処理が遅いだけかとも思い、しばらく様子を見たり。何度かやり直してみたり。

「だめだ~わからん!」と思い、サポートに電話をしてみました。ところが「10数人のお客様がお待ちになっています。お急ぎの方はサイトのサポートのページを云々・・」と音声が流れます。

少し時間を置いて試しましたが変わりなし。「十数人待ち」はサポートする人一人当たりなのか全体なのかわからないけれど、とにかくつながる気配ゼロ。

2回目でも途中で電話を切って、もう一度ググってみました。すると有力な候補として挙がるのは「すでにパソコンに入っているofficeソフトをいったんアンインストールする」というもの。

え?でも古いバージョンのofficeが入っているわけでもないのに???たった今買ったばかりのパソコンに付いてきた新しいソフトを入れたばっかりなのに???そんなことあり???いったんアンインストールして再び使えるの???といろいろ疑問がありましたが、とりあえずそれしかない。

そこでサポートのページを探すと「既に入っているofficeソフトをアンインストールする」と一口に行っても、推測ですがおそらく3パターンあるのではないかと思われました。

  • 1 手動でコントロールパネルからアンインストールする。

  • 2 マイクロソフトのサイトのサポートページ中の工事人のイラストみたいなアイコンをクリックする。(修復ツールとかいううやつだったかも)

  • 3 マイクロソフトのサイトのサポートページ時の中の「質問の答え」に書いてある「修復ソフト」の青い「ダウンロード」と文字のアイコンをクリックする。


おそらく、2,3は同じようなものだと思うのですが、推測ですが1の場合は自分でコントロールパネルからアンインストールしてそれからインストールも手動で行うという方法ですね。

それに対して2,3はアンインストールとインストールを一気にやってくれるソフトっぽいです。多分、あとでわかったことですが、これを使えば認証もクリアされているっぽいです。(たぶん)

そこで、3を実行することにしました。

青いバナーの「ダウンロード」の文字を押すと修復のソフト?が現れます。このとき、パソコン左下に表示されるアイコンの小さい逆▼印をクリックして「フォルダを開く」にしたあと、「開く」はNGだそう。(説明に書いてあるので、よく読みましょう。)ダブルクリックが正解だそうです。

指示の通りに進みます。すると修復ツールを開始する表示が始まりそれを実行していきます。途中、少し時間がかかることがあります。ここでアクシデント発生。途中で一瞬、ネット回線が切れました。先日、ネット回線が良く切れるのでバッファローのルーターのアップデートをしてからは切れなくなっていたのです。

ところが多分、この時は少しルーターから遠い位置にいて、さらにその手前で別のパソコンが稼働中でした。

ほんの一瞬なのですがネット回線が切れてしまったのです。それでも修復ツールはいったん完了しました。(後で判明しますがこれが面倒くさい原因を作ってしまいました。)

この後、PowerPointを再びインストール実行すると、今度は完了しました。

ところがpersonalpremiumのソフトはアンインストールされたまま。

そこで、アカウント画面の「personalpremium」の右のバナー「再インストール」をクリックしました。無事にインストールは完了しました。

ところが!

念のためwordを開いてみると「認証」の項目があり、進んでみると、パソコンで認証完了できないらしいのです。画面には「電話で認証を行う」の項目があり、それをチェックすると次の画面で電話で認証するのに必要な画面になります。

画面の構成は上から

国の名前だったかな?「日本」のままに。

認証番号がずらずら並んでいます。

一番下に空欄の6か所の何か数字を入力するような場所

0120で始まるフリーダイヤルは認証の専用ダイヤルのようです。365日24時間受付とか。先日電話で苦い思いをたので、この時点で明け方の3時過ぎ。電話してみました。

すると音声で(サイトに質問項目も書いてあります。)

1,2,3別にソフトの種類を質問する項目

2、今、画面に表示されている6桁8種類の番号を電話で指示に従って押していく。

ところが私、途中、8種類のうち3種類を途中で一回ずつ押し間違えました。固定電話からかけていたので、一回だけ2を押すつもりが手が滑って22・・となったりで。

そのせいかどうか「認証が確認できませんでした。」とな!

でも、「サポートの『人』におつなぎしますか?」のような音声のあと、すぐに女性の方が電話に出ました。

質問されたのは

  • サ「さっき私が電話で入力した番号(パソコンの電話認証の画面に書いてあります。)の一番最初の6桁の番号を教えてください。」

  • 私 番号を伝える

  • サ「購入のパソコンに付いていたものですね?」

  • 私「はい。」

  • サ「それでは今から6桁の番号を6種類順に言いますのでパソコンの今の画面に入力してください。」

  • と、ここで言われた通りに番号を入力しました。(6桁を6種類)

  • 完了して「次へ」を押すと「認証が完了しました。」となりました。

  • サポートの方に伝えると

  • サ「お手数おかけしました。」


で完了。

もっといろいろ質問されるかと思いましたが、非常にあっさり余計なことは何も聞かれませんでした。(普通、本人確認とか、アンケートとかあったりしますね)

というわけで、無事に認証されて無事に使えることになりました。ちなみに、おそらくこの時点では認証完了していなくてもソフトは使えます。けれども放置すると16日後に抹消されるようなことが書いてあります。

ネット接続していると自動で認証されるらしいですが、一台のパソコン用のはずが2回以上インストールされたりするとストップがかかるのでしょう。

おそらく修復ツールで途中でネットが途切れなければ、認証もされたような気がします。途切れたので認証設定が必要になってしまったのでしょうね。

それにしてもマイクロソフト社のサイトは本当に感心するくらいにわっかりにくいです!普通、アカウントのページに入ったら、そこから自分が目指すページに移動できますよね。ところがこれは俯瞰できません。

サインインしても、うっかりすると商品購入ページに迷い込んでしまいます。サポートページより文字が一回り大きいページになったら、それは高い確率で「商品購入」のためのページです。

修復ツールの場所もわかりにくいし、本当に苦労しました。

真新しいまっさらのパソコンに初めからついてきたofficeソフトを入れて、真新しい別のofficeソフトを入れたいだけなのに、何でこんなに手間と時間と神経を使わせるの?電話はつながらないし・・。アマゾンの口コミで「すでに別のofficeソフトが入っていると新たに追加で入れるのは苦労する」という内容を見たことがあったのですが、まさにそれだったんですね。」

修復ツールが現段階で作られているということは、ソフトに不具合があったってことですよね。幸いに私は何とか解決しましたが、これは一般にパソコンに詳しい人でないと無理だと思います。私は詳しいわけではありませんが、「執念」で解決しただけです。(←パソコンの知識は無知だけど、パソコンの使い勝手の悪さなどを解決する執念だけは強い)

延べ2~3日は無駄にしたと思います。

 

同じ症状で困っている方、おそらくたくさんいると思われます。一応こんな感じで解決しました。できればネットは無線でなく有線で接続すれば途中で切れるアクシデントもなく、早く終わるみたいです。遠い部屋で使っているときは近くでやるといいみたい。

修復ツールのバナーを探すのがちょっと大変ですが見つかると思いますので頑張ってください。(リンク切れになるといけないので、あえて貼らずにおきます)

私のパソコンにはATOKが入っています。このソフトを入れたのは昨年あたりなのですが、最近困ったことに変換がめちゃくちゃ。しかも文字を入力しているところに、邪魔な場所に候補がふさいでしまいます。しかも「閉じる」印がないものも。

最近、あまりにひどいので調べてみました。するとやはり「ATOKは学習するほど馬鹿になる」という情報が多数。

誤変換をそのまま学習してしまうので、どんどん馬鹿になるらしい。

対策は、「学習しない」設定にすることだそう。早速設定しました。同時に、これまでの「学習」の記録も全部消してやりました。もういいや、って感じ。

で、この文章はATOKではなくマイクロソフトIMEで書いています。でも設定変えてもなぜかもどってしまうこともあったような。その時はまだ対策してみます。

本当はATOKをアンインストールしてしまえばよいのかもしれませんが、とりあえず考えがあってまだ残しています。

設定で簡単にマイクロソフトIMEに変更できるのですが、ATOKが復活します。しかも、文字を入力しているときに候補が並んで文字を邪魔します。手動でIMEに変更しますが、また復活するんだろうな。

 

↑このページのトップヘ