主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

カテゴリ: 連絡方法など

ブログの醍醐味はコミュニティにもありますよね。特に読者からのコメントなどが嬉しい人も多いですよね。

そして、中には質問をしてくる方もいるのですが、いろんなケースがあります。そのとき、結果として求めているのは「一応」は「回答」なのですが、行間を読むと実は次のパターンであってりします。

気を使ったミスの指摘

質問の形をとって、ミスを指摘するケースです。これは、「あなたのこの話は違うんじゃない?」というと角が立ちますので、質問することでミスに気付いてもらおうという、考えてみれば親切な人です。たまに、こういう方がいます。

本当は非難

何らかの理由で、「私のブログを好ましく思っていない」という事が根底にあって質問するケースです。たとえば、たまたま私のブログで、その人が良いと思っている物や事と反対の辞令を推奨する話題を読み「自分が良いと思う物を非難された」と誤読するケース。全世界に向けて発信することは、誰がどんなふうに誤読するかわからないリスクを抱えています。

書いていない事を誤読で質問されるのが一番困る

Aの話題を書いた直後にAにかすってはいるけれど、全然関係ない質問をされて???だらけだったのですが、文字の見間違えで勘違いしているのか、半年以上前の過去記事についての言及なのか、よくわからない質問が来ることがあります。

質問の論理が破綻しているケース

一般の方

さらには、その文章自体の論理が破綻しているケース、これも困ります。まともに返答できないんですね。こういうときに、「Aという質問をしていますが、Aとは一言も書いていませんが?」みたいなことを書くと怒らせると思います。この手のコメントには相手の言い分を決して否定しないこと、新たな情報を出さない事が鉄則です。

学生さん

 

一般の人なら「まあ、しかたないなあ」で、適当にやんわりと返事を返します。ですが以前迷ったのは学生さんからの質問です。

本当にその大学に在籍しているか確認しようがないのですが、本当だとすれば偏差値65くらいの(もしかするともっと上?)大学の学生さんです。その方から質問が来たのですが、そもそも質問の論理が破綻しているんです。本当は、丁寧に返事したいと思いました。でも考えた末、スルーすることにしました。ちょっと心が痛んだのですが、その論理の破たん具合に私も少しだけ傷ついたから。大人げない・・か。

そして、こう言っては何ですが、仮にその質問がたとえ論理が破綻していても、偏差値中堅以下くらいの学生さんになら返事をしたかもしれません。けれどもスルーすることで「なぜ、スルーされたか考えてくれ」というメッセージのつもり・・。そのくらいのレベルの大学の学生なら、もっと文章をきちんと考えて書いて欲しいということ。当人はそんなこと気付いていないかもしれないけどね。

 

 

ときどき、問い合わせフォーム経由で業者さんから連絡が入ります。いろいろあるのですが、中には「?」と思うケースが割と多いのです。

というのは、メールアドレスがフリーメールであり、理由によってはGmailはまだいいんです。でも、いったい、何をどう考えれば、わざわざそのメールアドレスを使って連絡を取ろうとするのか?と思うのはyahooメールで連絡してくるケース。

もちろん、読者さんとか、個人のケースはいいんです。(といってもyahooメールはいろいろ問題あるからなるべく使わないに越したことないけど)業者さんが、yahooメールで連絡を取ろうとする意味が理解できません。

見ず知らずの人からのメールで、唯一、相手の信ぴょう性をはかる手がかりはメールアドレスだけです。通常は、その企業の人であれば@の後ろが所属企業のアカウントです。ところがそれがフリーメールで、しかもyahooだったりすると、ますます訳がわかりません。

ところがネット上で調べてみると、こういうケースは割と多いらしいんですね。そして、当事者はあんまり問題視していないようです。

例えば、飲食店がテレビの取材に入りたいという依頼のメールがフリーメールという事は珍しくないらしい。これって、取材当日、初対面の取材班を名乗る下請けの制作会社の人が飲み食いして撮影して放送されるかわからないということらしいですね。

それを不審に思わない人もいれば、断るケースいろいろだそうですが、案外、そんな感じで世の中が回っているんですね。

テレビで人気芸人が「取材拒否人気店にアポなし取材依頼」に行くと割とあっさりOKしてくれるのは、人気芸人が来た時点でウソではないと確信できるからなんだと思うんです。要は、相手の誠意と信ぴょう性を示すことができているかどうか、なんですよね。

実際、yahooメールで連絡を取ろうとされると(個人は別ですよ)「見くびられているな。」と思うし、テキトー度がわかります。連絡内容はしっかりしている場合もありますが、?な場合もあります。

コメント欄を非公開設定にしているのにもかかわらず、なぜかコメントが入る時がありました。なぜなのか良く未だにわかっていないけれど、とりあえず過去記事のコメント欄をまとめて非公開にする設定を実行しました。

方法は、投稿一覧でタイトル脇の四角いチェック欄に一括でチェックを入れます。そして隣のドロップ窓から「編集」を選択します。これで現在チェックを入れているタイトル分が一括で設定可能な状態になります。ここでコメントとトラックバックを「設定しない」を選んで更新ボタンを押します。

これを投稿一覧で一括ではできないので、5ページ分あればページを送り5回次のページで繰り返します。とりあえず、これで過去記事はコメント欄を非公開に設定できました。

 

 

あるブログには設置できたメールフォームのプラグイン。ところが別のブログにもそろそろ設置しようとしたけれど、うまく設置できないのです。設定できないのじゃなくて、そもそも正しいプラグインがヒットしていなかったという・・。調べてみたけれど、誰も書いていない。おかしいなあ。

しばらく間をおいて、ふと気付いたのは検索の文字の入れ方でした。

×ContactForm7

○Contact Form 7

単に原因はこれでしたよ!「×」の方で検索をかけると正しいプラグインではなくて似た名前の全然違うプラグインがヒットするのです。それでも気付かずにいったんインストールしてみたけれど、何かが違うと気付いて調べ直しました。そしたら・・

文字と文字の間にスペースを入れて検索しないといけないと判明。富士山のアイコンのプラグインが無事設定できました。

 

ワードプレスの場合、メールフォームはプラグインを利用できます。ところが無料ブログではパーツとしてメールフォームがないところもあります。読者その他の連絡用にコメント欄を公開してあれば必ずしも必要ではありません。けれども、コメント欄を開示していない場合は外部との連絡が不可能になります。そこで今回はfc2メールフォームという物があると知り、早速設置してみました。

fc2に、アカウントを持っていたので管理画面で「サービスの追加」をクリックして「メールフォーム」を選択すると入力画面が現れます。選択して最後にコードをコピペして無料ブログに設置してみました。

連絡用にメールアドレスを記載する手もあります。フリーメールであれば良いとか@を別の文字にして置いて」「○を@に置き換えてください。」等と書いておけばスパム対策になるらしいです。が、やはり捨てアドとはいえ、アドレスを無防備にさらさない方が良いかと思います。

やっぱりメールフォームですね。

もちろん、fc2ブログでなくても使えます。

無料プランの場合、5個まで設置できるので十分ではないでしょうか。

それから、確かアドセンスの規約にサイトのどこかに連絡先があること・・とあったと思います。

メールフォームの設置の目的はいろいろあると思います。今回設置したブログは、元々外部からのコンタクトが目的ではないのです。それは、アドセンスの規約違反対策です。だから、とりあえず「あればいい」みたいな感じ。あんまり目立たせたくないのです。

fc2メールフォームを使う事にしたのですが、割とわからなくて設置にてこずりました。ググっていたら丁寧に設置方法を掲載してくださる方がいて、それを参考にしました。ありがとうございます。

ところが次の難関は、そのままurlを貼ると画面にダイレクトにフォームが表示されます。これでは目立ちすぎ!というわけで、考えたのですが、リンクを貼れば良いのだと気づきました。

具体的には、「お問い合わせフォーム」とか適当に書いて、その文字にフォームのURLのリンクを貼ります。リンク表示させたい文字をなぞり、ブログの上の方にたいていリンクさせる記号があるので、それをクリック、メールフォームのURLをそのバーにコピペ設定ボタンなどを押して完了です。

これで、さりげないメールフォームをこっそり設置することができました。

 

↑このページのトップヘ