主婦がブログアフィリエイトでネット収入!まらんの自宅で収入日記

普通の主婦が知識ゼロからブログ運営の試行錯誤を綴ります。

カテゴリ: ブログ運営・収益化考

ブログの収益化にアフィリエイトサイトの存在は欠かせない。でも、戸惑うことがひとつ。それは、自分が運営するサイト(ブログとか)を通して見えるかもしれないアカウントなりのIDとかの判別で同一運営が判明してしまうこと。

調べてみると、顔出し、名前出ししているようなブロガーをのぞき、アフィサイトは使い分けしているよう。

これが、サイト運営側にとっては、非常に面倒くさい。

つまり、率直に言えばアフィサイトのIDなどが外部に見えない様にして欲しいってこと。

そうすれば、もっと気軽に利用できるんだけどな。

 

「何をどうするか決めずに綴っているブログ」がある。いい加減、始動開始しようと思う。どう始動するかは自分のアイディア次第。

考えるとワクワクしてくるよね。ただし、何を最終目標にするのかを決めるところが難しいところ。

「あれもいい。」

「こんなのは、どう?」

アイディアだけはたくさんあるけれど、形にするのは簡単ではない。簡単ではないけれど、それが楽しくもある。

 

ブログを収益化。たくさんの人が目指す。

でも、収益化を目的にして構わないけど、誰にも経験があるはず。収益化を目指してるのがアリアリなブログって面白いとか、また読みたいって思うかな。

その記事が満足出来るボリュームや内容(ためになる、面白い、なんでもいいけど、心が何らかの形で動くこと)でなければ、ブログで金儲けしたいって一方的な気持ちじゃ読者は離れていっちゃう。

ブログの運営者の金儲けの気持ちばかりが全面に来ると対等じゃなくなっちゃうよね。

同時にそういうところにブロガーの人柄が自然、出てくる。そして独自の個性が出来ていくんだろうね。やっぱり人は人に吸い寄せられる。

始めることでブログの雰囲気が出来ていく。戦略的に個性を作りあげる人もいるんだろうけど、やっぱり自然がいいな。

肩書きは人が決めるんじゃない。「自称」○○でいいんじゃない?もちろん、持ってもいない資格や経歴を語ったらダメよ。

自分が表現してるのは「こういうこと」と言った「表現の自由」の範囲なら自由に表現していいんじゃないかな。

ところが、しばしば陥りがちなのは自由で自分を縛ってしまうこと。自由とか言うと 海外バックパッカーになることだけが自由じゃないのよね。いえ、バックパッカーが意味ないと言いたいいんじゃないのよ。

「じゃあ、お前はどうなんだ」と聞かれるよね。

私と言えば平凡も平凡。表面はどこにでもいる静かな主婦。でも、その決まり切ったような小さな狭間にも、自由はいくらでも生み出せるのよね。

自由と言うと何かめだった事をしなくちゃいけないなんて事は全くないの。そんで、小さくなってないといけないという事もない。

例えば、ブログを書くことも普段の自分の場所以外のところよね。こんな小さな事でも、ひとつ自由な場所をもてるわけ。あとはそれをどうしていくのかは、やりながら考えていけばいいと思うんだ。

自分のブログ運営は、自分で経営をして自分を雇っているようなもの。これを企業にあてはめればブラック企業だと思う。もちろん、これは労働という面においてのブラックであって、何かやましい事をやっているという意味では当然ない。全くない。

休日はあるかないかわからないし、一日何時間労働しているかわからない。場合によっては早朝から勤務して、終業時刻は夜中だったりもする。

多分、ここ最近は、休日なんてほとんどとっていない。もちろん、一日中、パソコンに貼り付いているわけじゃない。

初めは好きでスタートしたことでも、収益化を目指すとビジネスになり義務感も生じる。そうすると、単に楽しいとか好きとかばかりではない場面も当然出てくる。

そして一人でやっているから、いろんな喜怒哀楽を共有できる人もいない。その代り成果は運であったりもするが、良くも悪くも結果は自分に返ってくる。

ただし、どれだけ割に合わない労働時間であろうと、自分の意志でやっていることだからそこに不満も悲壮感も出てこない。

要はブラック企業と思うかどうかというのは、やらされているか、自分の意志でやっているかの違いなんだろうな。

もっとも、悪質な本当のブラック企業の場合、劣悪な労働環境でも「自分の意志でやっている」と思うように仕向けるんだろうけれど。

 

私はサイト収益化に関する情報商材を見た事が一度もありません。だから、比較はしていません。それに、数千円~1万円を少し超える程度の物に関してはサポートや特典をトータルで総合的に見れば、作成や対応の労力を考えれば、価格相応、下手をすると赤字ってこともあるんじゃないかと思います。

ただ、数千円~1万円ちょっとという金額が、切羽詰まった人にとっては大金であることもあるでしょうね。その人が出す数千円~一万円ちょっとは清水の舞台から降りるくらいの気持ちで買う人もいることでしょう。

けれども、初心者にもかかわらず、そういうものに目を留めたということは、お金を稼ぐという様なキーワードで検索しまくった結果であるのは違いありません。そういうものはコンビニやスーパーや書店では売っていないからです。ネットを媒介しないと目にする機会がありません。つまり、相応の検索するだけの時間はあるという証拠です。

あちこちたまたま目に入るその手の商材は、たいてい「読む」事が基本になっているようですよね。当たり前です。だったら、現物を見て買えない商材を買うんじゃなくて、本屋さんに行ってWEB関連の本を探す方が安上がりだし、現物を見られるので、自分が理解できるレベルかどうか、を確認できますよね。

商材を売っている人にしたら「内容が違う!」と怒るかもしれませんが、どっちにしたって、初心者なんだったら、初めは書店で売られている本に書いてあることをマスターするのは一緒じゃないのかなと思うんです。商材だろうが本だろうが、どっちも読まなくちゃ始まらないんですから。

最近、ニーズがあるのか続々その手の本が発売されているみたいですし。だいたい一冊2千円くらいですよ。こういう物を買って、基本的な事をやってみることが先なんじゃないのかなあと思います。

ご覧のとおり、このブログは全く持って気合いがはいっていません。そのくせ、気が付けば、記事がたまってきているではないですか。

そんで、一応は方向性もそれなりに決まっているし。(ブログ運営と収益化という)で、最近は、けっこう更新頻度もアップしているわけで。

それは、このブログの自由という心地よさにあるのだと思うのです。メインブログあたりは、広告貼っている以上、どこの誰が書いているかということは、一定の企業には開示しているわけですよね。だから書く内容には注意しなくてはいけない、みたいな感じがあるのです。

そして、ブログっていうのは、意識しない限り、文体にその人柄が出るんですよね。たまたま、ある一定の文体で書いていると、そのブログしか知らない人は「こういう人」というイメージが固定されます。

そして、ブログがある程度育ってしまうと、その「ブログとしての人となり、キャラ」を急に変えたら変になるわけです。別のブログを読み返してみると「あれ?私ってこんなんだっけ?」みたいなキャラがいつの間にかできあがっているわけ。

あ~ちょっと違うんだよなあ、と思っても、今さら、そのイメージを崩すような文体では書けないのです。

と言っても、私は不器用なので、自分のキャラを意図的に違う風に装って書くというのはまず無理だろうな。

で、何が言いたいかというと、つまりはブログを収益化しないってことは、キャラも何も無関係に好きに書けるから本当に自由だなってことです。

「あ~今日はブログネタが出てこないよ~」ネタらしきものはあるけれど、途中まで書いたら、「あ、これなんかだめだ」と中断したり。

いや、「収益化するつもりがないなら、無料ブログあたりで書けば?」とも思うんですよね。そもそも、なぜこのブログを独自ドメインとってワードプレスで運営しているんだっけ?

と言いつつも、実はこのブログには具体的な収益とかPVとか、こんなことがあった、あんなことがあった、ってことは初期の頃だけで全然書いていません。だからあまり参考にならないよね。

ただ、ブログを本気出して運営し始めたら、それなりに結果が出ているのは事実です。だから、ブログで収益化!とかどうしようかなと迷っている人はまず初めてみればいいと思いますよ。

 

 

↑このページのトップヘ